ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

抗インフルエンザ剤の家庭内備蓄について

ペルーでも新型インフルエンザが流行しています。

長男の学校では独立記念日の28日前の日曜からその後2週間がバカンスになるのが通常ですが今年は来週から月末までの2週間に前倒しになりました。


うちの子供たちも先週は風邪をひいて学校をお休みしていたのですが病院ではたくさんのお友達に会いました。

バランカにはまだインフルエンザ感染者はいないと思いますが、旦那いわく「ちゃんと検査してないからわからないだけ」ということです。


こういうときには先進国に住んでいないととっても不安になります。


特にうちの場合は旦那が「健康おたく」ということもあって、健康問題については非常にナーバスです。

ペルーには抗インフルエンザ薬はたったの2万人分しかないそうです。

もちろんどこの国も十分な量を保有しているとは思いませんがやっぱりお金持ちの国ほどたくさんの蓄えを持っていてペルーのような貧しい国は本当に本当に少ししか買うことができません。


それを心配している旦那はさっそく「日本にて購入しろ」命令を私に出しました。

日本ではそういう薬を個人的に入手するのは違法でしょ?

なんかね・・・・、って戸惑ってると「死にたいか?」とかいうしね・・・・・。

バランカではインフルエンザかどうかの検査はしないと旦那は言って検査キットも欲しいというので、旦那の要求するものをすべて買うと送料なども含めて8万円くらいするので、買ったはいいけどそれは無事にペルーまで届くのかも不安です・・・・。

ペルー在住のみなさんはどう対応していますか?

そして私はやっぱり買うべきなのでしょうか・・・・・?


よきアドバイスをお願いします。
[PR]
by apple142 | 2009-07-12 13:27 | ペルー事情