ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

あんがい無いもの

私は寝る時以外のほとんどの時間をキッチンで過ごすことが多いのでエプロンは必需品です。

日本にいる時は子供も1,2歳とかでキッチンにいるよりはリビングでいっしょに遊んだりすることの方が多かったし、約束した人以外の来客ってのも少なかったのでどうでもいいTシャツとかで家事をして出かけたり人が来る時に着替えるってかんじ、エプロンなんてほとんど使った記憶がないんです。


でもこの家っていろんな人が突然に現われたりすることがしょっちゅうなので家にいるときでも取り合えづ人前に出れる格好にしてるのでやっぱりエプロンが必要。




e0086273_1222564.jpg

これは長女のエプロンなので小さいのだけど、ペルーでよく見かけるエプロンのタイプです。
裏地にビニールが貼ってあって表生地も撥水加工した布でできてます。
大人用はもうちょとポケットが大きくて使いやすいです。
撥水加工がしてあると洋服は濡れないけど手とか拭いたりできないのが難点(手はタオルで拭けよ~)。


e0086273_1224241.jpg

これは大手のスーパーで買った薄型で超軽いタイプのエプロン。
ポケットが無いのが難点だけど薄いので冬場でもすぐ乾くのが便利。


e0086273_123163.jpg

これは日本から持ってきた数少ないエプロンの一つです。
縫製もしっかりしていて丈夫だし使いやすいです。
しっかりしてる分洗濯時の乾きが悪いのが難点です




まぁ、どんなエプロンにもいい所と足りない所があるんだけど、ペルーで買うエプロンと日本から持ってきたエプロンの大きな違いは首にかけるか、肩にかけるかです。


サングラスを長時間かけていられない、カチューシャやクリップなどの髪留め類も短時間ならOKだけど長時間になると首の後ろからきて頭が痛くなったりする私、この首にかけるタイプのエプロンが最近はけっこう厳しくなってきました。年のせいでしょうか・・・。

2番目のエプロンなんて本当に軽くてどれだけの重みが首にかかっているかってたいしたことないと思うのですが駄目なんです。

煮込み中とかオーブンで焼いてる中とかは必ず脱ぎ捨ててます。

3番目のエプロンは先の物に比べると断然重たいんですが一日中着けたままでも全く平気、そのまま寝ちゃっても大丈夫(寝るなよ~)。


それで、もうずっと前からこういうタイプのエプロンを探してるんだけど無いのよね~。

日本から持ってきた5枚ほどのエプロンの中にもこのタイプは2枚しかなくて後の3枚は首かけのタイプだったのでデザイン的にもこのタイプって日本でももう少なくなってるのかな~なんて思うのですがどうですか?

確かにデザインはちょっと古臭いかな?カフェエプロンとかなんやかんやとおしゃれになってる世の中なのでね~。




ペルーにはもう絶対に売っていないことが分かったので日本で見かけたら買っておいて下さい(身内に向けての言葉です)。

姉さん、なんか最近バザーや骨董市とかに凝ってるみたいじゃない。
こういうエプロンってバザーの定番でしょ?
それにある意味「骨董」だから骨董市にもあるかもね(無いよ)。

あ~、kaeruちゃんも近々バザーに出るんだよね。
エプロンあったら買っておいてくれる?




今使ってる最後の肩つりのエプロンがさすがに疲れてきたので、主に母と姉への連絡の意味も込めて美しくない写真も公開してみました。
[PR]
by apple142 | 2009-11-19 12:51 | ペルー事情