ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Semana Santa

e0086273_12114182.jpg


セマナ・サンタ(聖週間、復活際)の休日も今日でおしまい。

11年間使用した車を売却し(なんと100万円以上で売却!!)、新車の納車待ちの我が家は遠くへ出かけることもなく近場の公園やビーチ、そして子供たちはミサなど教会巡りをしたりしてのんびり過ごしました。

休日の様子は後日写真入でアップします(USBがみつからないので・・・・)。


私はそうではないのですが、旦那、旦那の家族は皆カトリック教徒です。

そんな家族の強い希望もあって子供たちは数年前に洗礼式をしてカトリック教徒になりました。

そして今年は長男がプリメラ・コムニオン(初聖体拝領式)を行います。


カトリック教会では洗礼式と並んで重要な意味をもつこの儀式を経て信者として大人の仲間入りをします。


よく司祭が丸くて白い薄っぺらなお菓子みたいなものを信者の口の中に入れたりしているのを見たことがあると思うのですがあれはキリストの体を意味し、食べることでキリストと一体になるということらしいです。プリメラ・コムニオンでは初めてあの白丸のお菓子を司祭からもらえる日なのです。


大人の仲間入りをするのは、そう簡単なことではないのです、長男も私も。

今年1年間は土曜に2時間学校で宗教学の勉強を、日曜に教会で1時間のミサを受けなければなりません。

毎週ですよ~。

そして月に1回は父母の面談とか会合などがあります。

これまではキリスト教学の試験の勉強やたまに行くミサなどの宗教関係は敬虔な信者である義母がすべて担当してくれていたのですが毎週末となるとさすがにお願いできません。


宗派は違いますが、高校・大学とキリスト教系の学校で学び、高校では毎朝礼拝があったし、大学ではキリスト教学が必須科目でしたから、賛美歌を歌うとか、説教を聞くとか聖書を読むというのには抵抗がないのですが、十字を切るのにはちょっと抵抗があります。

そして、「天にまします我らが父よ、願わくばみ名をあがめさせたまえ・・・・・」のスペイン語版を声を出して言わないと子供に怒られるのです・・・・。
このフレーズはテストでは必ず出るところなので日本語でなら今でも最後のアーメンまで言えるかもしれないけど(?)スペイン語ではまず無理です。


十字を切るのと同じくらい抵抗があるのがペルーの国家斉唱の時に胸に手を当てることです。

今までは国歌斉唱も十字も適当に流していましたが、今年は長男のクラスで役員をやっているので何かと人前に出ることが多くてどうしたものかとちょっと考えています。


子供たちは他のお母さんたちと同じように十字を切って胸に手を当てて国家を斉唱して欲しいわけですよ。

もう、あんまり自分のアイデンティティとか云々とかいう難しいことは考えないでどっぷりひたっちゃうか、とも思います。性格的にはできないこともないので。
もうめんどくさいからカトリックにもなっちゃおうかな。。とか(笑)。










先週はプリメラ・コムニオンをする子供の親たちの初めての懇談会がありました。

自己紹介を兼ねて自分がプリメラ・コムニオンについてどう考えているか何を希望しているかなどを発言することになりました。

こういう自己紹介のときは私は簡単に名前を言って終わりにすることが多いのですが、他のお母さんたちがあまりにも熱く語り、先生もそれに熱く応えていたのでこりゃぁ名前だけですますと、一気に場がしらけるなと思い盛下がらない程度の発言をしました。

たいした事を言えるわけでもなく、自分はカトリックではないけれど今年は子供と一緒に自分もカトリックについて学ぶよいチャンスであるので積極的に取り組みたい、というようなことをいったのですが、先生やお母さん方からはすごく良い心がけだと大喝采、大拍手を受けました。


ペルーに来てからというもの、家族以外の場では自分のオピニオンを発言することがほとんどなかった私。

日本人だからということで黙っていても許されることが多くてそれに甘えて口を閉じていた私。

スペイン語で議論したりするのは本当に疲れるし難しいから。


そうやって声に出さないで人の後に従っているとそれが普通になっていつしかマイ・オピニオンって自然に消滅していくんだなって気がつきました。

今回の場合はオピニオンって程のものではないけれど、自分の思いを声に出す、マイオピニオンをぶつけてみる、スペイン語での日常会話はほぼ問題なくなった今、私のスペイン語生活は第2ステップに入って行く時期かもしれません。

勇気を持って自分の考えをぶつけて大いに議論してみたいと思います!!







e0086273_13285111.jpg

「クレマ・ボルテアーダ」として売っているけれど、レシピは日本のプリント同じです。
ペルーのクレマボルテアーダは生クリーム、コンデンスミルクなどを配合して甘くてリッチなかんじです。
色々な配合で何度か試してみたのですがちょっと重たいというか硬いというか、やっぱり「プリン」の配合が一番美味しいとおもったのでクレマボルテアーダ用の型でプリンを作って売っています。
やっぱり牛乳と卵で作るシンプルな味が一番好き。
[PR]
by apple142 | 2011-04-25 13:40 | ペルーでの休日