ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プチ手術

昨日プチ手術をした。

ペルーには「ピケ」という小さいけど非常に恐ろしい虫がいるそう。

そのピケにやられてしまったのだ。

2週間前に行った畑でくわれたと思う。

ピケは人の肉の中に入って肉を食べてどんどん中まで進入していって、中で子供を産んで繁殖させるそう。

って旦那が説明してくれたんだけど、すっごく怖くない?

私はピケの存在を知らなかったのでただの「痒い」だと思ってほっといた。

3日前くらいに「魚の目」かな?って思うような感じになっていたのでちょっと押さえたら中から白い液体が出てきて(たぶんこれが卵だったと思う)これはただ事ではないと旦那に報告。

義母と旦那で素人手術を行うも、ずいぶん日にちがたっているのですごく奥深くまで侵入してしまって取れないとのこと(散々ほじくった後に言うな!すごく痛かったぞよ!)。

普通は刺されてすぐにとれば自宅でもとれるそう。

病院に行って麻酔をして取ってもらった。

その麻酔がまた痛くてねー。

だってね、義母と旦那に散々ほじくられた所がもうすでに相当痛かったわけ。

そこに麻酔の針4本、地獄のような苦しみにかなり絶叫してしまった。

治療が終わり待合室に行くと、ジムの友達がいて「すごい叫んでたね」って言われてかっこ悪かった。

私は痛みにはかなり弱い。

以前、虫歯の治療をしていたとき、先生が看護婦さんに「CHIKAKOさんの次回の診療日、初診の人とバッティングしないようにね」って言ってた。

初めての人がヤブ医者と思ってびびるとかわいそうと思ったんだね。
[PR]
by apple142 | 2005-10-23 12:59 | ペルー事情