ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ところ変われば

今日はレオの七五三のお祝いをした。

といってもスタジオに写真を撮りにいってケーキを食べただけだけど。

神社でお参りができないし、レオはカトリックなので「教会行っとく?」って旦那に行ったら、「行くわけないじゃん」って言われた。予約してないから牧師もいないしね。

今日は自分のデジカメは持っていかなかったので写真は後日掲載の予定。



ところで、先日若い男女がうちを訪ねてきた。

日本で働いている彼らの父親が警察に捕まったらしくて出生証明書などの書類を送ってほしいと電話がかかってきたという。

その電話は弁護士がつきそっていたらしく余分なことは話せなくて詳しい事情や今後の見通しについては何も話してくれなかったそう。

で、二人はとても心配になってバランカでただ一人完璧な日本語を話す私のところにやってきたのだ。

父親の日本での身元引受人となっている勤め先の社長宅に電話をかけて事情を聞いてみることにした。

社長さんは留守だったけど奥さんが少し事情を知っていていろいろ話してくれた。

家族や友達とは時々電話で話すけど、「敬語」での会話はすごい久しぶり。

ちょっと緊張。でも忘れてなくてよかった。

で、どうして彼は捕まってしまったのかというと、もう秋に入ったあるすごく暑い日、彼は裸で川で泳いでいたそう。

読んだだけではそんなに変なことに思えないけど、よく考えると変。

大体、日本人は町に流れてる川ではまず泳がない。

で、夏が過ぎればどんなに暑くても泳がない。

しかも45,46歳のおじさんは子供じゃないんだし川ではあんまり泳がない。

で、近所の人に通報されて警察に職務質問されたらパスポートだかビザだかにちょっと不具合があったらしい。

でも、彼にとっては「えっ?何で?」って感じだったと思う。

ここの人たちは冬でも暑い日があればけっこう海で泳いでる人いるし、ここには川がないのでよくわからないけどもっと田舎の方とかいくとお風呂代わり川につかってるひとけっこういるし。

彼もバランカの人だから「暑ければ水に入る」が普通なんだろうなー。

気持ちよく水遊びをしていたらいきなり・・・・、そして捕らわれの身・・。

なんかすごくかわいそうですー(パスポートに不具合ってのがもともと悪いんですけどね)。

ペルーでは普通でも日本では警察沙汰。

外国で暮らすってやっぱりいろいろ大変。

私も実はすごい変なことしてるのかなあ??



ところで、以前「日本語の翻訳します」って店に張り紙をしていたらけっこう人が来た。

電化製品の取り扱い説明書の「こんなエラーがでたら」ってとこの翻訳がすごく多かった。

でも「・・・・・・・・。それでも駄目ならお買い上げの店に持っていってください」ってのばっかりでとてもお金をとれない翻訳ばかり。

最近は日本語翻訳や通訳はボランティアにしてる。


そうそう、友人が本をたくさん送ってきてくれた。

もう3年間新しい本は読んでいないのでうれしくて読みあさっている。

更新がなかったら本読んでると思ってください。
[PR]
by apple142 | 2005-11-20 12:34 | ペルー事情