ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

日本ではみなさん楽しくすごしていることと思います。

私は祖母の影響か子供のころから福袋フリークなので福袋が恋しいです。

私の祖母はお年玉が福袋ってこともあるくらい福袋が好きで買いたい人でした。

今でこそ何百万、何千万という福袋があって買う人もたくさんいるけれど、もう何十年もまえから万単位のけっこう値の張る福袋を買っていた人なのです。



こちらはあまりお正月気分がないのでただの休日という感じ。

義父たちも今日(2日)から普段どおり店を開けてますし、旦那も畑に行きました。

とにかく毎日毎日「海」「海」「海」というかんじ。

砂だらけの衣類やサンダルやタオルの洗濯に明け暮れています(お手伝いさんが)。




私たちはクリスマスにリマに出かけて2泊ほどしてバランカに帰ってきたのだけど、31日にリマで「年末餅つき大会」があったので再度リマへ。

私はここ3年、本当に日本人に接していないので旦那にとっては本当に「わざわざ」という気分だったでしょうが付き合ってもらいました。

久しぶりに食べた煮物やお餅がとってもおいしかったことに感激!

そして、ペルーに住んでいる日本人の方々が皆楽しく暮らしていてとても生き生きとしているのを見てたくさんの元気をもらいました。

旦那様の仕事の都合などで自分が望んだことでもないのにペルーに住んでいらっしゃる方も多いと思うのですが、いやいや暮らしている人は大体雰囲気で分かるもの。会に参加されていた人たちは本当に皆前向きで生活をエンジョイしている感じがしました。

もう日本語よりスペイン語で話すほうが楽になってる方がいたり、お互いの挨拶が「hola」といいながらキスしたりとすっかりペルーに馴染んでいる方も多くて面白かった。

そんな人たちに出会えただけでも「わざわざ」出かけたかいがあったなーと。

会を主催し運営された方々、ありがとうございました。そして本当にご苦労様でした。



30日にバランカを出発。普段はあまり運転を変わらない私だけど、今回は私の用事のために出かけるのでちょっと謙虚な気分で結構運転した。


私はペルーではバランカでしか運転したことがなかったので2車線道路での運転はしたことがなかった。

で、ずっと右車線が追い越し車線でゆっくり行きたい私は左を走ってればいいな、って思いながら運転してた。

途中、すごいバッシングとかされたけど「黙って追い越していけよー」とか思いながら無視してマイペースで運転。旦那は熟睡。

で、ずいぶん運転したころやっと気がついた。バスとかトラックとかすごい怒ってただろーなー。ごめんね。

あと、日本ほどいろいろな表示が親切ではないので時速何キロで走ればいいのかがよく分からなかった。

旦那がたまにもっとスピード上げて、って言うからスピード上げてそのまま走ってると「もう町に入ったんだから速度落として、40キロくらいに」って言う。

で、また少し行くと「スピード上げて60キロくらいに」っていうから「えーだってまだ町じゃん」っていうと「さっきより家が少ないだろ。だから60でいいんだよ」「ふーーん、じゃ今はけっこう家があるから40キロだね」っていうと「それは家じゃなくて車の修理とかの店だから60でいいの」。

旦那の「40キロの町」「60キロの町」の基準が最後までどうしても理解できなかった。

というか、旦那の基準じゃなくて法廷速度が知りたかった。

でもまあ無事にリマの入り口まで着いてよかった。

リマ市内の運転は私には無理。絶対無理。

リマにお住まいで、車を運転して子供さんたちを送り迎えしている日本人の女性の方がいらっしゃるのでそういう方は本当に尊敬してしまう。



31日は餅つき大会を4時ごろにおいとましてバランカへ。

8時ごろに家に着いたら旦那の兄の家族や妹などみんなが揃っていた。

子供達には軽く食事をさせたが、私たちはまたも12時を過ぎるまで食べれない。

クリスマスもそうだったけど私はあまり遅い時間に物を食べるとあとから絶対胃が痛くなるので本当は7時くらいに食べたいのだ。しかも「肉」だよ。

12時になると旦那や子供たちは外で爆竹や花火を。

私たちはシャンパンを開けて「ぶどう」を食べた。

そして手持ちの「お金を数える」。

これがペルーでの新年の儀式。

2時過ぎまで食べたり飲んだりして、2時半頃に踊りに行く。

これもお決まり。

大体みんなビーチ沿いのクラブへ出かける。

私たちもビーチ沿いのやや落ち着いた雰囲気の店に。

去年は若者の店に行ってしまったので音楽はラテンロックが中心ですごい混みようだったから。

今年はそんな店に行ったら音楽は流行りの「レゲトン」、踊りは過激な「ペレオ」でしょう。

ちょっと年齢的に厳しいです。

朝の6時まで踊って私を家に送って、旦那はもう一度戻って別の店で飲んで朝の9時ごろ帰ってきた。すげーなー、元気。

で、しばし寝て午後は子供達とビーチへ。

すごいハードな日程だけどみんなこんな感じで行動してると思う。

明け方のビーチには人がたくさんで車も渋滞するほどだけど、ご来光を拝む人は一人もいなかった。ここではそういう習慣はないみたい。




1日はお店もお休みのところが多いけど2日はもう普通に営業してるところが多い。

もう今日は買い物してご飯も作って私も普段の生活。

今年の目標は、もう何年もずっといっしょなんだけど、「10キロやせる」「お金をためる」のふたつ。なかなか目標が達成できないのでもうずっと持ち越しです。

そういえば、日本に年賀状出したんだけど届いたかしら?
[PR]
by apple142 | 2006-01-03 13:41 | その他