ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

セマナ・サンタ②

金曜はキリストが十字架にかけられて亡くなった日。
セマナ・サンタ中は肉食はしないとされているけど結構みんな食べてると思う。
でもこの日だけは特に肉を食べないとしている人は案外いるかも。



私達はワラスの旦那の従姉妹の家に泊まったのだけど、義父・義母と義姉はワラスから車で40分くらい下ったところの「カルワス」という町の義母の生家に寝泊りした。

義父は本当に人の家でお世話になるのが嫌いな人なので義母の兄弟たちの家に泊まるのは嫌なのだそう。

かといってホテルに泊まるとしても、旦那の従姉妹達はホテルも経営したりしているので親戚のホテルを差し置いて他人のホテルに泊まるってのも何だか失礼だし・・・・、といつも宿泊に関しては義母と義父の間でもめている。

私達も最初はその義母の生家に泊まることになっていたのだけど従姉妹が「家に泊まって」って言ってくれたので本当にほっとした。

彼女の家はお湯でシャワーもできるし、土足厳禁だし、ペルー人の9割が飲んでると思われる変な味のミルク「レーチェ・グロリア」も飲まされないし、寒くないし、変な動物も飼ってないし(去年はいなかった子犬が今年はいたけど、外飼いの犬くらいなら我慢できる範疇)、旦那さんがフランスのアルザス地方の人なのでインテリアもフランスの田舎風で素敵、二人の女の子がエリカの面倒を見たがるので私は楽チン・・。

でも、朝食までご馳走になってはダメ、カルワスまで来て一緒に朝食を食べるようにと義母に言われているので朝早くから40分もかけて朝食を食べに義母の生家へ。

朝食も一緒に食べないでただ寝るだけに帰るようなのは逆に失礼なように私は思うのだけど、まあ私には口出しできる問題ではないので・・・・。

義母の生家は本当に山の中の田舎屋。
e0086273_135529.jpg

七面鳥や鶏などたくさんの鳥をかっている。
e0086273_13552947.jpg

七面鳥をいじめる遊びに熱中する義父、叔父、義姉、こわがるレオ。
e0086273_13562073.jpg

庭続きで大きな畑。
e0086273_13555749.jpg


中庭にはいろいろな花や果物がたくさん。
中でも今はリマという柑橘系の果物が収穫期。
瑞々しくって美味しい。
e0086273_13565229.jpg

レオも収穫に夢中。
e0086273_13571512.jpg

自分で摘んだのは美味しいね。
e0086273_13573946.jpg


その後、義父がこれ以上高い所にはいけないというので私達だけで標高3850メートルの高地にあるヤンガヌコに行くことに。

ワラスは観光地だけど、私達がワラスに来ても義母の親戚の家を巡って話し込んだり、飲んだり食べたり踊ったり・・・、ということが多くてあまり観光するひまがないので今回は久々の観光。

ヤンガヌコの様子はまた次回。
[PR]
by apple142 | 2006-04-20 14:34 | ペルーでの休日