ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セマナ・サンタ⑤ 最終回

長々と書いてきたけど今回が最終回。

この日記を見て、うちの母親がぜひワラスでいっしょにトレッキングをしてみたいといって6月か7月頃にペルーに来るかもしれないことになった。

わーい、一生懸命書いてよかった!!

ワラスで買ったアンデスの高山植物の本を今日から少しずつ翻訳していこう。うちの母親は山に登りながら花の写真を撮るのが趣味でデジカメもすごくいいやつ使ってるし。


さて、日曜は本来ならば帰省の日だったのだけど、義母の両親の残した土地を兄弟達で相続する手続きがまだ終わってないので月曜まで帰れないことになった。

だいたい木曜から日曜までが祭日って分かっているのだから弁護士だって仕事は休み。一日早く出発するか、最初から月曜までの予定と言ってくれればいいのに・・・。
もう荷物も全部つめて帰るばっかりで待ってたら「明日になった」って義母から電話がかかってきた。

もともと予定になかった日なので従姉妹の家で朝からのんびりと。

e0086273_1319528.jpg
e0086273_13202356.jpg


その後叔父さんの家に。

この家でも七面鳥飼ってた。
ペルーで七面鳥を家で飼うのって一般的なのかしら??
e0086273_13215994.jpg


小鳥はまあ普通だからいいとしても、
e0086273_13221786.jpg


ふくろうは普通家では飼わないよね・・・・。怖かったし。
e0086273_1339132.jpg



その後、別の従姉妹がやっているイタリア料理のお店に行ってお茶を飲んで、叔母さんの家でのんびりと過ごした。
e0086273_13265267.jpg


イタリア料理のお店は「ピッコロ」といって日本のガイドブックにも載っている有名なお店。
お店の雰囲気もいいし料理もすごくおいしい。

ここは私達がお世話になった従姉妹のお店「le bistro」。
ここは窓から見える景色がすごくきれい。
e0086273_13311294.jpg
e0086273_13312957.jpg




月曜は帰る前に町の中心の広場の展望台で写真を撮って、
e0086273_13335047.jpg

e0086273_13375138.jpg



その後、従姉妹の子供が学校の昼食時間にお腹がすいていないのでカフェテリアに行かないといって教室に残っていたら先生が強引に洋服を引っ張って連れて行こうとした事件が休み前にあったということで学校まで文句をいいに行くのに付き合った。

彼女達が通う学校はカナダ資本の金の採掘会社の人たちが住む町の中にある。
ここはペルーの中の外国ってかんじでちょっと雰囲気が他とは違う。
この金の採れる山はフジモリ前大統領がカナダの会社に50年契約で採掘権を売ってしまったので、この件についてはペルー人からはすごい批判されているらしい。
社宅はもちちろんこの会社の人たちしか住めないけど学校は誰でも入学できる。
e0086273_1348747.jpg


家から40分くらいかかるしけっこう高い所にあるもで通学は大変かもしれないけど景色はすごくいい。

子供達の写真を撮るのに一生懸命で後から見たら自分がきれいな景色のところで撮った写真なんてこれくらいしかなかった。
右後ろが学校。
e0086273_13492751.jpg



午後3時半くらいにワラスを出発して7時半についた。

私がレオの宿題のノートを持っていくのを忘れたので眠い、疲れたと言っているのに宿題をやらせてちょっとかわいそうなことをしてしまった。
[PR]
by apple142 | 2006-04-24 14:02 | ペルーでの休日