ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

義父の誕生日

5月5日は義父の誕生日だった。

義母は義父のことをとても大切にしているので必ず毎年パーティーが開かれてたくさんの人がやってくる。

去年区切りの70歳でけっこう大きなパーティーをしたので今年は小規模といっていたのにけっきょく30人前後がお祝いにかけつけた。

e0086273_182578.jpg


義母がケーキを買うといったら旦那が「CHIKAKOが作るから買わなくていい」って言っちゃって、少人数用の小さな21センチ丸型でささやかに作ろうと思っていた計画が30センチ×40センチ長方形を2つ作ることになってさすがに疲れた・・・。

でもペルーのお祝い事のケーキはけっこう簡単なことが分かったので今回は近所の人の借り物だったケーキ型と同じものを買えば子供の誕生日以外はケーキは買わなくてもいいかも。

ペルーではケーキを冷蔵庫で保存するという習慣がないのでデコレーションに生クリームをつかうことがなくて卵白に粉砂糖を混ぜたメレンゲがデコレーションの主流。

4キロ分のケーキに8個の卵白を使ったら8個の卵黄があまるので卵黄のみで作る「アルファフォーレ」が前回すごくおいしかったのでまた作ることにしたのだけど、さすがに作る量が半端じゃなくて出来上がったアルファフォーレを数えたら250個あったのでクッキーそのものは500個も焼いたということだ。

午前3時に全てができあがった。



当日の料理は
「ユンガ」という大麦の入ったスープ。
ペルー人でも知らない人がけっこういるのでワラスの郷土料理だと思う。
けっこうヘビーだけど美味しい。
e0086273_18156100.jpg


メインは「クイ」。
義母はクイが大好物なだけあって彼女の作るクイは絶品だ。
レストランで食べるクイを美味しいと思ったことは一度もなくて肉の部分が少なくて皮と骨ばっかりって思ってたけど、義母はクイの見立てがいい。
肉付きがよくてちょっと辛目の味付けも本当に美味しい。
ペルーに来たばかりのころ食べられなかったクイなのに「義母の作るクイ」なら好物のうちにはいるかも。
e0086273_1831896.jpg



義母の姉妹達がはるばるワラスから大勢やってきたので音楽は山岳地帯の「ワイノ」がメイン。

私も「ワイノ」がまずまず踊れるようになった今日この頃。

日本でいえば阿波踊りなんかが踊れる外国人ってかんじかな。

子供達を寝かせるために私は12時頃に引き上げたけど朝の4時ごろまで踊っていたらしい。


本当に元気、でもいつまでも元気で長生きしてくださいね。
[PR]
by apple142 | 2007-05-12 18:40 | ペルー事情