ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はやいもので

早いもので今年もこんな季節になりました。
e0086273_13433987.jpg

パネトン大好きな旦那が早速買ってきました。
これから先1,2ヶ月の間にいったいいくつのパネトンを食べることになるのかな~。
箱入りよりもかなり値段が高い化粧缶入りは毎年ひとつずつ買い足して缶のコレクションをしています。
「DANAFRIO」というメーカーの物は柄が可愛くてパネトンも美味しいので私はDANAFRIO派です。
お菓子材料とかいろいろ入れたい物はあるんだけど子供たちがおもちゃをしまったりしてなかなか私の番までまわってきません・・・・。


先日たくさんの蕾をつけていたバラは満開になりました。
その数日後にこの花はけっこう短い寿命で散ってしまったのですが次から次へと新しい蕾が出てきてまた今満開になっています。
花の鉢は最初の頃いくつか失敗した経験があったのでなかなか育てる気持ちになれずにずっとグリーン系に逃げていたのですが、旦那が買ってきてくれて私が育てたこのバラのお陰で少し自信がつきました。
花の鉢もこれから少しずつ増やしていこうかと思っています。
e0086273_13441024.jpg



午前中はいろいろな事をお手伝いさん任せにして体力を温存し、午後からお菓子を1種類か2種類、パン1種類、そしてランチメニューの検討を兼ねた夕飯を作るというのが私の最近の過ごし方です。
e0086273_13443851.jpg


ここ数日はマフィンの研究をしています。
一日目、バナナチョコマフィン
二日目、オレンジチョコマフィン
三日目、クリームチーズナッツマフィン
四日目、ダブルオレンジマフィン
さすがに明日は作りたくないです。

そして私の作る物にはすごく大きな欠点があることが発覚しました。
とっても原価が高いんです。
バランカでマフィンは1個1ソル程度で売られているのですが、私のマフィンは原価が60%くらいいっちゃってるんです~。
チョコチップ、クルミ、バターも高いものを使ってるし・・・。
旦那いわく、10%くらいの原価で90%の儲けにならないといけないとか・・・。
絶対無理です。
逆にそんな安く売ってるケーキとかの材料っていったい何?という疑問とともに買って食べるのがおそろしくなりました。
バランカの人も材料が新鮮で美味しいものにはお金を出すと言うことに慣れたほうがいいと思うので私は自分のスタイルはあまり変えないで売価を上げるつもりでいます。
が、商売人の旦那がなんていうか・・・・。
チーズマフィンはとっても美味しかったんですがクリームチーズがバランカでは高級品なのでそこにナッツやベリー系を入れるとまるでボランティアみたいになってしまうのでこれは私もさすがにあきらめました。
今日作ったダブルオレンジはオレンジの果汁と手作りのオレンジピールを沢山入れた風味豊かな仕上がりになりました。果物は比較的安くて新鮮な物がいつでも手に入るのでこれからは果物を中心にしたレシピを考案することにしました。

南国なだけあってトロピカル系のフルーツは本当に美味しいです。
私はオレンジとプラムが特に美味しいと思っています。

逆に、りんご、桃などの秋の果物は断然日本の物が美味しいです。
最近はバランカでも「ふじ」りんごが手に入るようになったのでよく食べるようになりましたがやはり日本のりんごにはかないません。
以前姉から送ってもらった○○会社役員室御用達りんご園の青森産のりんごの味が忘れられません。
そして桃、ペルーの桃は黄桃なのでやはりあの瑞々しく熟れた白桃を食べたことがある人間にとってはやはり物足りないでしょう。
あ~、白桃食べたいな~。
[PR]
by apple142 | 2007-11-22 14:39 | ペルー事情