ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ペルーお手伝いさん事情

日系ペルー人の旦那様とペルーに越してきてまだ数ヶ月というSAORIさんのお宅のことがちょっと心配になったので今日はペルーのお手伝いさん事情について書いてみたいと思います。

先日の美容院事件でも皆さんは楽しんでくれたようですが、お手伝いさんに関しては本当に本当にいろいろなエピソードがあります。

うちの旦那もペルー人なので国民性と言っちゃぁみもふたもありませんが、すごく簡単に日常的にうそをつきます。しかもすぐばれそうなうそを。


お手伝いさん事情からはちょっとはずれますが、皆さんもそうだと思うんですが「うそをつく」っていう発想があんまりないんです。その必要もないし。

先日も旦那に怒られたのですが、水道局の人が家にいくつバス・トイレがあるか聞きに来たんですね。

私はもう普通に何も考えないで家中にあるお風呂の数を数えて7つだと答えたんです。

後でそのことを旦那に話したら激怒でした。

お風呂やトイレの数によって水道の基本料金が変わってくるのだから一つと言わなければいけなかったそうです・・・・・。「もう何もしゃべらないで」って言われましたよ。


母たちとクスコに旅行に行った時のことですが、旦那が探したホテルは外国人の宿泊客には20%の割引があったんです。
私は現地に住んでいるのでその対象にならないんですけどね旦那は何とか20%OFFにしたくていろいろ小細工したんですよ、書類に。

でもどう小細工してもパスポートの入国・出国はごまかしようがないので私がペルーに4年以上住んでいることはきっとばれると思うんですよね・・・。

旦那は「大丈夫、駄目なら駄目で払えばいいんだから」っていうんですが、バレた時の恥ずかしさを思えば最初からちゃんとお金払ったほうが絶対いいんですけど・・・。たいした金額でもないんだしね・・・。

そのホテルにチェックインする日は朝からもうドキドキしていて観光にも身が入りません。こんな気持ちになるなら本当に正規料金ですっきりしたいというのが本音です。

旦那の「駄目なら駄目でいい」という言葉からも分かるようにばれた時の恥ずかしさが日本人の(日本人にもいろいろいますがね)それとは格段に違うという気がするんですね・・・。

ばれてもケロッとしているというか、ぜんぜん恥ずかしくないみたいなんですよね・・・・。


まぁ、ちょっと身内の恥もさらしてしまいましたが、言い訳すればうちの旦那の場合は、どちらかといえば正直な私が不快にならずに長年暮らしていける範囲のものであまり悪気がないのでよしとしています。

わー、前置きがすごく長くなって疲れたのでお手伝いさんについては明日書きます。


久々のヒット、アップルリング。
28センチの型で焼きました。大きいですよ~。

明日はバレンタインですがペルーではdia,de la amistadといって皆で楽しむ日でもあるので、旦那用のチョコレートケーキとは別に子供たちが喜ぶようにと朝食用に作ったのですがもうすでに4分の1しか残っていません。

たぶんコンビニのアップルリングのことだと思いますが旦那が「なつかし~~~」といってほおばっていましたー。
e0086273_15475445.jpg

アイシング、もうちょっと丁寧にかければよかったかもねー。
[PR]
by apple142 | 2008-02-14 15:58 | ペルー事情