ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

grupo5

e0086273_13134873.jpg


先日ついに「grupo5」のCDを買ってしまった。

旦那、「あんたもおばさんになったね~」と。


今ペルーでは人気絶頂のグループで最近はどこのフィエスタにいってもこのグループの曲がかかっているしサビの部分が妙に耳に残って離れなかったりするんだな~。
「adios adios amor adios ~~」


日本でいうところの「どさ周りの演歌歌手」っていうすみわけでしょうか?

そして私は氷川きよしに夢中のおばちゃんって感じでしょうか?
氷川きよしは地方周りの演歌歌手ではないですし、私は別に「grupo5」に夢中なわけでもないです、念のため。

リッキーマーティンとかシャキーラとかエンリケイグレシアスなんかのラテン系のアーチストは日本人でも知っていて英語でも歌う人たち。

その他にスペイン語圏全般で活躍するスペイン語で歌う人たち。
「sin bandera」の歌とかけっこう好きだったりする。

あとはペルーのみで活躍するドメスティックな歌手ね。
ここに分類される歌手には私にはまだまだよさが分からない歌が多くて未知のジャンルだったんですけどね。
あ~、またひとつペルー人化してしまったな、という出来事でした。
[PR]
by apple142 | 2008-03-17 13:44 | ペルー事情