ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

RIEさん家族が来秘

少し前の話になりますが、バランカ出身の旦那さんと奥さんのRIEさん、可愛い二人のお嬢さんがバランカにお里帰りに来ていました。

長女の幼稚園のお友達の親戚とういうことで、同じクラスのお友達の誕生日パーティーでお会いしました。

その時に大体のお家の場所を聞いていたので、2日後の日曜日に突然押し掛け訪問しちゃいました。

このアポなし訪問はペルー人にとってはけっこう普通だと思うんですがね、旦那はけっこう嫌がるんですよ。

いろいろな経験を経て、最近では私の方がアポなし訪問を得意としてるかもしれません。

以前のTOMOEさん家族がお里帰りの時には「もっと早くに・・」という心残りがあったし、ペルー人の場合は約束しても守れないんだったら駄目もとで押し掛けても同じこと、・・・ということも学びました。


その後、いろいろと遊びに行ったりしたかったんですが学校がバカンスに入り私たちがリマに行くことになったり、RIEさんのお嬢さんが体調を崩したり会う機会がなくて残念でした。


滞在中にRIEさんのお誕生日があると聞いていたのでバースデーケーキを作りプレゼントしました。

私のオーブンがとうとう壊れてしまったので義母の大きなガスオーブンを借りることにしたので久しぶりに28センチの大型(ペルーでは中型くらいです)使いました。

e0086273_13564165.jpg


さて、どうやって持っていくか?
いろいろな袋をためしてみましたがさすがに大きくて収まりません。

こんな時、「風呂敷」って本当に便利ですね~。
風呂敷を持っていなかったのでテーブルクロスで代用しました。
e0086273_13565675.jpg


日本に行ったらちょっとこじゃれた風呂敷を大人買いしたいです!
[PR]
by apple142 | 2008-05-13 13:59 | ペルー事情