ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

初仕事

e0086273_14123880.jpg


お誕生日ケーキ2.5キロの注文があったのでお受けしました。

2.5キロってちょっと半端な量じゃなかったですよ・・・・。

卵37個つかいました。


お誕生日ケーキみたいなバリバリのデコレーションは私の最も苦手なタイプなのでちょっと自信がなかったのですが、駄目だ駄目だといっていても何も始められないのでまずは挑戦してみることにしました。


お誕生日の子はエリカのお友達で旦那のお店はその子のお母さんの家の1階を借りていることもあってこれまでも何回かケーキをおすそ分けしていたのですが彼女たちは去年まで日本に住んでいたこともあって私のケーキをすごく気に入ってくれていたんですね。


チョコレートケーキを希望していたのでベースは決まっていたのですが問題はデコレーションです。

ペルーの場合お誕生日ケーキは常温で長時間飾って飾っておくのが普通なので生クリームのデコレーションは絶対に無理です。

シュガーアイシングという卵白に粉砂糖を混ぜたものを使うのがわりと一般的みたいなんですが試作品を作ってみたところ私のチョコレートケーキとの相性が非常に悪かったのでそれも却下になりました。

ところでコスト計算のためにも試作品を作る必要があったのですが35センチ×45センチの長方形のケーキの消費が非常に困難でした・・・・・。最後には近所の貧しい人たちに振舞ってしまいました。


で、結局シンプルにホワイトチョコレートを削ってのっけてみました。


バービーのドレス部分だけはシュガーアイシングを使いましたがデコレーション、本当にひどいものでした・・・・。

e0086273_14425136.jpg


ふわふわのスポンジを3段に分けて間にはチョコガナッシュにアーモンドを混ぜ込んだものがぬってあります。

自分でいうのもなんですが味は非常に美味しかったです。

会場に来ていた人もみんな美味しいといってくれていてクリスマスケーキの予約を1件もらうこともできました!


コストが60ソルで120ソルで売りましたがちょっと安かったみたいです。


180ソルから200ソルで販売の予定です。


組み立て、試作、コスト計算、買物、などなど1週間前から相当てんぱってましたからコメントのお返事もしてなくってごめんなさいね。


明日は子供たちの学校の終業式で小さなパーティーがあります。

長男のほうはグミ37個とコスト高ではありますが簡単でよかったんですがエリカのほうがサンドイッチ29個ってちょっとめんどくさくない?

今せっせとパン焼いてます。

ケーキを注文してくれた友達ですが本当に私のケーキを気に入ってくれていて彼女が私のケーキのプロモーションをしてくれるというのです。まだお店は開いていないけど銀行とかお店を回って知り合いに売り歩いて宣伝してくれるそうなんです。

なので今日はマンゴーのチーズタルトをとりあえづ1台作りました。


明日はクリスマスケーキの注文をとるためにサンプルを作って試食してもらったらいいかなとおもうのでロールケーキのブッシュドノエルと1ヶ月ラム酒に漬けたドライフルーツケーキの2種類を作る予定です。

もし予約の注文が入ればまたちょっとばたばたと忙しくなるかもな・・・・。


家事も普通にやっているのでけっこう大変ですがやはり楽しいです。

バランカの人に「ブッシュドノエル」とか「シュルロットポワール」とか「ガトーショコラ」とか言っても何なのか分かってもらえそうにないので写真付のサンプルブックみたいなものも必要かなと思って作り始めました。

師走は毎年忙しいものですが今年は特に忙しい気がします。

それなのに旦那がプリゾンブレイクのシーズン4を借りてきてくれたのでほとんど寝る暇なしってかんじです・・・・。
[PR]
by apple142 | 2008-12-19 15:11 | dulce