ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2006年 12月 30日 ( 2 )

クリスマス2006

今年は義母たちがリマに行ったままバランかには戻ってこれなかったので、私たち家族とリマからやってきた旦那のお兄さんの家族とクリスマスを祝った。


旦那が「pavo」(七面鳥)ではなくて「chancho」(豚肉)を食べたいといったので、豚の足8キロ72ソル(約2500円)を買って、オーブンで4時間ロースト。
e0086273_171614.jpg


ケーキはブッシュドノエル。
e0086273_17152714.jpg


クッキーで作ったお菓子の家。
エリカがくっついて一日中離れなかった。
e0086273_17154244.jpg



普段、いろいろな祝い事の時にはファミリー12人が揃って食事をするので「12人が座れて12人分の料理がテーブルに乗ること」が重要であってテーブルセッティングとかそういうことはあまり関係ないのだけど、今回は大人4人に子供は別テーブルにしたので久しぶりに旦那のコレクションのお皿とクリスタルのワイングラスを出してみた。

e0086273_17143831.jpg

e0086273_17145526.jpg


ブッシュドノエルで使ったカスダートクリームと生クリームがたくさんあまってしまったので急いで作ったイチゴのカスタードタルトが意外に好評だった。



子供はたった3人なのにこのプレゼントの量。
プレゼントは子供たちだけではなく大人同士でも交換し合うので莫大な(大げさ)数になってしまうのだ。
e0086273_1715145.jpg


私も旦那からブラウスとタンクトップ、レオがためたお金でブラウスを、義父たちからお菓子などの詰め合わせを、旦那の姉妹やお兄さんからもプレゼントをもらったのでやっぱりうれしかったよ。


8キロの豚肉も今日(29日)にやっと完食できた。
[PR]
by apple142 | 2006-12-30 17:37 | ペルーでの休日

クリスマスの劇

毎年園ではクリスマスを前にイエスキリストの誕生の様子を表した劇を行う。

今年はレオはクリスマスソングを歌い、
e0086273_16495673.jpg


エリカはキリストが産まれる際に立ち会った羊飼いらしき人になった。
e0086273_16555786.jpg


e0086273_16545740.jpg


あまり体調が良くなかったので参加するかどうか直前まで分からなかったので前日にあわてて衣装を調達。

先生には「pastrusito」だからって言われて家の近くの貸衣装店も教えてもらったり親切にしてもらったけどいまいちパストルシートって何?ってかんじだったので髪型が全然マッチしてなかったかも。

被り物が足りなかったのね・・・・。


要するに羊飼いなので丁寧に羊のぬいぐるみを抱えてばっちり決めてた子もいたけど、早々に泣き出してママの所に行ってしまったり、落ち着かないでウロウロする子もたくさんいたけどエリカは最後までおとなしく座ってたのでレオの写真もいっぱい撮れて、本当にこの子は助かる。



私もキリスト教の幼稚園に通っていたのでこんな劇を良くやったことを思い出した。

「今日、ダビデの町で・・・・・」ってここまでかい、覚えてるの。短かすぎ。
[PR]
by apple142 | 2006-12-30 17:08 | 子育て