ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ペルー事情( 71 )

コナンとかケーキとか

e0086273_13302279.jpg

やっとちょっとは可愛い写真が撮れました。
2週間ほどたってものすごく成長して大きくなりました。
以前は私たちが寝ているベッドには這い上がれなくてベッドの下で寝ていたのですが、昨日はな~んか気配がすると思って起きてみたらベッドの上で子供達の寝顔を見ているコナンを発見、驚きました!!

そうそう、名前は「コナン」になりました。
旦那はみたビデオとか映画とかに影響されやすいので、「華麗なる一族」をみた後は”てっぺいサン”てどうよ?で、「男たちの大和」をみた後は「やまと」ってどうよ?とか未だに候補がいろいろあがっているので仮名ってかんじですがもうコナンでいいんじゃないかと。

e0086273_13304080.jpg

動物ってこういう「ブス可愛い」系が絶対にいいと思うんだよね~。
たまにこういうブス可愛い顔もするけどコナンは基本的には正統派の可愛いだと思います。

わりかし熱心にいろいろ教えているわりにはあんまり覚えてくれなくて、やっと「お座り」が80%くらいの割合でできるようになって、おしっこは60%くらいトイレでできて、でもうんちはぜんぜんダメ。お手もなかなかしてくれなくて、ラブラドールってすごく頭がいい犬って言われてるので早くも雑種疑惑が持ち上がってます・・・。

でもやっぱりすごく可愛くて、中でも一番かわいいなぁと思うのは、コナンは朝は私より先に起きているみたいなんだけど私が起きるまではベッドの下で静かにしていて、私が寝室から出ると同時に自分もベッドの下から出てくるの。待ってたのねって思うと無性に可愛い!!て思うんだけどその後廊下に垂れ流したウンチを発見してやっぱり嫌いかもと思ったりして・・・・。
まぁ、でも本当に家族が一人増えたようなかんじで楽しいです!!








先日発見したアメリカンチェリーは「セルバ・ネグラ」(ブラック・フォレスト)というチョコレートのケーキにしてみました。
e0086273_1352654.jpg

キルシュワッサーというさくらんぼのリキュールがなかったのでいまいちパンチに欠ける味ではありましたがお子様向けにはよかったかもです。



注文のケーキの残りで作った子供達のおやつ「トライフル」。
こういう何気ないお菓子がものすごく美味しいんだよね。
生クリームのピンクって私的にはありえないけどそういうリクエストだったので。
クリームの原色使いがものすごく好きです、ペルー人は。
e0086273_13572595.jpg

そろそろイチゴの季節も終わりのようです。
イチゴのタルトは自分も大好きだし、リクエストも多いケーキなので残念です。
今週中にイチゴジャムを大量に作り置きをしないといけないな。



子供達は夏休みで、長男はギターと店番、単発で野球、長女はマリネーラと絵画に通ってます。
その送り迎えや、習い事が無いときは子供達の友達がほぼ毎日のように遊びに来ていたりするし、新しい店の管理もしているのでとにかく騒がしく忙しく落ち着かない日々です。
そんな夏休みも1ヶ月をきりました。
早く静かな時間を取り戻してヨガに集中したいですな。
[PR]
by apple142 | 2011-02-05 14:14 | ペルー事情
我が家に新たに家族が増えました!







































この年で3人目ってちょっと厳しいので、子犬を飼うことになりました。
e0086273_1325499.jpg

生後1ヶ月半のラブラドールです。
名前はまだ決まってません。
e0086273_13291722.jpg
e0086273_13293626.jpg
e0086273_13294985.jpg


リマの家で旦那の妹が飼っている犬、
e0086273_13311322.jpg

子供達がすごく好きで、もうずっと前から犬が欲しい欲しい言われ続けていたのですが、
私はあまり動物が好きではないしお世話もしたくなかったので無視してました。


が、ペットショップに行ってしまったが最後、キュートな子犬たちに完全ノックアウトされてしまいました!!

私はテリア系とか小さな犬が良かったのですが旦那は大型犬のマッチョ(オス)を希望だったのでまぁ、あなたの犬ってことでよろしくという意味も込めてこの子を購入したのですが、実際は私の方がはまってるかも・・・・。

あまりにも突然この子が我が家にきたので子犬を迎える心の準備ができてないかも・・・と、自分では不安だったのですが、3人目の子供と思えば簡単で、やることもかわらないし今日はさっそく長女の使っていたクーナとか防水加工のマットとかを出してきました。

トイレトレーニングもはじめているし、予防接種も打ちました。

夜もキャンキャンと泣いたりして昨夜は3時間ぐらいしか眠れなかったしなかなか熟睡できないですよね・・。
長男の赤ちゃん時代を思い出しましたよ。


私は子供達の3歳までの子育てがすごく楽しくて大好きだったので、またこういう機会が持ててうれしい053.gif

すぐに大きくなってしまうみたいなのでこの3,4ヶ月の間を十分に楽しみたいと思ってます!!

大きくなったら旦那に渡すつつもりです。

このブログも犬ブログになっちゃうかもなぁ。・・・。
[PR]
by apple142 | 2011-01-18 13:56 | ペルー事情

一気に

ご無沙汰しています・・・・。

1ヶ月以上も日記を放置してしまいました。

昨年の12月26日に旦那が4店舗目のロクトリオを開業したのですが、といってもそこはたいしたお店ではなくて自宅の前に遊んでいる土地があったので何もしないで放っておくのがもったいないかと思いごくごく小さなお店を開けました。

そのお店に自宅のインターネット回線を持って行かれてしまったのでしばらくの間は自宅にインターネットがなかったのです。

そして更に悪いことに日本に帰国した際にデジカメとパソコンを繋ぐUSBを実家に置き忘れてきてしまったのです。

最初のうちは義妹がソニーのデジカメを使っているのでそれを借りてメモリーチップを入れ替えてブログをアップしていたのですがさすがに面倒くさくってねぇ・・・。

インターネットは数日前に使えるようになって、USBは日本に帰国中だったMIYAKOちゃんが母から預かりそれを今日届けてくれてやっとブログ環境が整いました!



クリスマスからの出来事を簡単に一気にお知らせします。


miamo,ちゃんにお届けしたいちごのショートケーキです。
お子さんもまだ小さいのでキュートにいちごサンタにしてみました。
e0086273_1318276.jpg



自宅用にはクラシックな「keke navideno」にしました。
日本に帰る前に洋酒に漬け込んだドライフルーツと胡桃、アーモンド、チョコチップをたっぷり入れてラム風味のアイシングをかけました。
デコレーションはあるものをごちゃごちゃと乗っけてみましたよ。
私と子供達は生菓子の方が好きだけど旦那や旦那の家族はあんがいこういうケーキが好きなんですよね~。
e0086273_13212712.jpg


e0086273_13271761.jpg

ずっと前から一度は作ってみたいと思っていたパネトンを作ってみました。
といっても、なんちゃってパネトンなので超簡単。
ペルーのパネトンが嫌いな私と子供には大好評でしたが、パネトン大好き人間の旦那とかには不評の一品でした。
でも、パネトンって言わないで「ドライフルーツ入りのちょっとリッチなパン」って思えばそれなりにいけるってことでした。
やっぱりあーゆうかんじのパネトンが好きなんだなぁ~、と改めて思いました。


今年は七面鳥ではなくて豚肉のローストでした。
子供達へのプレゼントは長男が自転車、長女にはローラースルーゴーゴっていうの?すごい懐かしい響きだけど。ペルーではスクーターっていってますけど、あれって最近は何て呼んでるのかしら?

e0086273_1339672.jpg

お母さん、約束した写真です。
母が長女に送ってくれたドレスなのですが、このシック色合いとかロングなところがラテンでは絶対に無くって非常に珍しかったのでしょうか?いたく気に入りましてね、23日と24日はずっとこのスタイルで過ごしました。
ネックに巻いたファーが暑苦しいので取ったら?といってもなかなか外しません。
これに母のお手製のビーズのバッグを斜めがけにして「完璧」だそうです。
私の思った以上に喜んでましたよ。
今、気がつきましたが足元がいただけませんね・・・。


大晦日はMIYAKOちゃんたちとカラオケに行きました。
新しくできたお店に行ってみたのですが3時間もいたのにたったの1曲しか歌えなかったし、いつも行くお店のお客さんの方が断然うたが上手だったと思うのでまたいつものお店でいつもの歌を歌うということになりそうです。


今年は冷夏ですか?
例年に比べるとぜんぜん暑くないですけど、日曜とかはビーチに行ったりもします。
が、水に入るというよりは砂浜でサッカーやバレーやテニスして遊ぶってかんじです。
e0086273_13545747.jpg
e0086273_13551531.jpg
e0086273_13553086.jpg


最後の一枚は、旦那の表情が年々険しくなってく・・・と心配してくれたRちゃんへ。
笑ったりすることもたまにありますよぉ~。
e0086273_13554547.jpg


っていうか、旦那の笑顔ショットとか狙ってないからなかなか旦那のちゃんとした写真がないんだよね。


そうそう、今年の目標は「ヨガをはじめる」です。
さっそくmiamoちゃんからヨガ本を借りてやる気満々なのですが、独学だとけっこうむずかしぃ~・・・。


もう10日も過ぎちゃったけど、
皆さん、今年もどうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by apple142 | 2011-01-11 14:11 | ペルー事情

お友達のバウティッソ

昨日の土曜日は子供たちのお友達のバウティッソ(洗礼式)でした。

ガロ君は義理の妹の親友の子供で、お母さんは子供たちが通う学校の秘書をしています。

学年は違いますが学校が同じこともあって子供たちとはとても仲がよく、彼のお母さんは、ほぼ毎週末には義理の妹と過ごすために我が家に訪れるので必然的に子供たちもほぼ毎週末ガロ君と遊んでいます。

そんなんで、当然というべき人選でしょうか、パドリーノ(ゴッドファーザーみたいなものです)がうちの旦那でマドリーナが義理の妹ということになりました。

e0086273_104635100.jpg
e0086273_10465559.jpg
e0086273_10471279.jpg



私もここ数年でようやく他人の子供も心から可愛いと思えるようになりました・・・・。遅すぎますか?
ガロは小学生らしいやんちゃぶりはあるもののきちんとした家庭で大切に育てられた子供ですからしつけの行き届いた良い子です。
第3の子として自分の子供たちと同じように大切に見守りたいと心から思っています(私はマドリーナではないですが)。



教会での式の後は身内だけのごく小さなパーティーがありました。

バウティッソでは主役の子供の洋服と参列者に贈るメモリーグッズとケーキをマドリーナが、パーティー会場を用意して、お酒や食物やバンドなどをパドリーノが用意するというのが通常みたいなのですが、今回はパーティーが自宅でバンドも必要なかったのでケーキと食べ物とお酒を旦那が用意することになりました。


ガロ君希望のチョコレートケーキ、卵20個分のケーキです。
なんというか、すごく何気ないケーキに見えると思うのですが、日本に帰国中にデコレーションのお教室で学んだ技を随所に使っています。
というかね、たったのこんな程度のデコレーションでもやっぱり教えてもらわないとできないものなのです(私の場合は)。
e0086273_10472647.jpg

お教室で習ったようにケーキのカバーもやってみたかったのですがチョコレートケーキだったので今回はガナッシュで仕上げました。
お花などもやる気満々だったのですが、金曜にも大きな注文が入っていたことと、ケーキだけではなくて、
e0086273_10474056.jpg

軽食も用意しないといけなかったので時間がと体力がなくシンプルな感じになりました。

今回のように販売料金が発生しない時にいろいろと試してみたいと思っていたのですが、思っていたことの半分くらいができて(出来栄えは半分以下ですが)初めてやってみたにしてはまぁまぁ満足です。

チョコレートケーキは全体が暗い雰囲気になってしまいがちなのでこういう時はどういうデコレーションをしたら効果的なのかとか、とにかく短時間で豪華に見える演出法とか(こういうイベント用のケーキだと軽食とセットの注文も多いので)、まだまだ習いたいことがたくさんあって困ります・・・。

私が通ったデコレーショのお教室です。
エコールシュクレ

10月15日の日記に私のレッスンのことが書いてありました(つい最近発見しました)。







帰国後、ず~~~っと忙しかったのですが、今日の日曜日は久しぶりに家でゆっくり過ごしました。
この1週間は私も久々に熱を出して38度以上の中、黙々と作業をしたりしていたのでした。
再来週にまた大きな注文があるので今週はウダウダするぞ~!!
[PR]
by apple142 | 2010-12-06 11:49 | ペルー事情

帰ってきました。

e0086273_13111142.jpg


ペルーに帰ってきました、先週。

実家でのんびりし過ぎたためにすごく怠け者になってる気がします。

38日間も一人で日本にいたなんてほんとにロングバケーションでした。

でも、私日本に帰ったの7年ぶりですからね・・・。


何も知らないままにペルーの生活に飛び込んで、最初の2,3年はここで長男を育てなければという思いで無我夢中、その後長女が産まれて育児にかかりっきり、そしてお店を立ち上げることになってまたひとがんばり、正直日本に帰りたいと思う気持ちの余裕がなかったように思います。

今年は長女も小学生になり、子供たち二人がとりあえづ一人で着替えられる、食べられる、お風呂に入れるという衣食住の基本ができるようになったのでちょっと出かけてもいかな、とやっと思えるようになったのでした。



なので日本滞在中は私はあまりペルーにいる家族のことを心配せずに満喫の日々を堪能していたのですが子供たちは大変だったみたいです・・・・。

長男は私が出かけた翌日に40度の高熱を出して寝込んだそうです。

そしてほぼ毎日のように日本に電話かけてきてましたし、私の写真を眺めては号泣していたようです・・・・。

学校でも元気がなく、先生やお友達のママたちからもいろいろ励ましてもらっていたようです。

近所の人たちからは、いつもカレンダーを持っていて私が帰る日まであと何日かと数えながら過ぎた日にバツ印を付けていたのだと聞きました・・・。


これは全部長男の行動で長女はわりとクールに長男を叱咤激励していたようです。

さすがペルー男子、マザコンの真髄を見た気がしました。



こんなことを聞いてはさすがにもう一人での里帰りはできませんね、次回からは家族で行こうと思います。






日本滞在の最後の週、叔母がドライブに誘ってくれ、仙石原のすすきが見頃の箱根に連れて行ってもらいました。


e0086273_13351041.jpg


紅葉には早かったのですが所々色づいているとこともありました。
e0086273_13323542.jpg

なんという名前のお寺だったか忘れたのですが、もみじの木が多いお庭でした。
紅葉したらさぞ見ごたえがあるでしょうね・・・・。
e0086273_1333046.jpg



ランチは美術館の中にあるフレンチレストランで。
e0086273_13372815.jpg

お庭が広く雰囲気は素敵でした。



そして、箱根に「とらや」さんができていました。
e0086273_13402727.jpg


「ペルーのお土産に「とらや」の羊羹を持たせてやるけど何本いる?」って父にいつも必ず聞かれて、「ペルー人、お豆の甘いの嫌いだから有難いけど別のものにしてくれる」という会話を繰り返す「とらや」好きの我が家です。

e0086273_1345170.jpg

お昼前だったのでこの抹茶あんみつを姉と二人で半分づつにしようということになりお店の方にそう伝えたところ器とスプーンをひとつづつ持ってくるのではなくてこのトレーのセットをもう一人前持ってきてくれました。

お菓子も美味しく、接客も素晴らしい、ますますとらやファンになってしまった我が家でした!

おばちゃんが食べた抹茶汁粉が美味しかったのでペルーでこっそり食べようとひとつ購入。

e0086273_13522629.jpg
いつ食べようかな・・・・、楽しみです。
[PR]
by apple142 | 2010-11-08 13:58 | ペルー事情

「mejor cafe del mund」など

いつも、というわけではないのですがたまに夜のニュース番組をみます。

最近、自分の中で「ハハァ~ン」と思ったニュースがあったので紹介します。

「mejor cafe del mund 2010」(=The best coffee of the world 2010)
「2010年度、世界のベストコーヒー」にペルーの「TUNKI コーヒー」が選ばれました。

TUNKIコーヒーはプーノでつくられているコーヒーでバニラ、シナモンの香りがするオーガニックなコーヒーとのことでした。


きっとすごく美味しいと思うのだけど、残念ながらペルー国内での消費はものすごく少なくてほとんどが高値で売れる外国に輸出されるんだろうな~。

だいたいペルー人、コーヒー飲まないしね。

先日、バランカに遊びに来たmiamoちゃんとMIYAちゃんとErnest君でROKYSに行った時にmiamoちゃんがメニューにのってるコーヒーを頼んだけどなかったしね~。ないなら消しときなっ!



コーヒーの栽培はウイリアムさんという男性とその奥さんの二人で全ての工程を手作業にて行ってました。


番組の最後には機械を導入するための援助と道路の舗装を訴えていましたが、そうやって手作業で丁寧に作っているからこそ美味しいんであって機械化で大量生産するようになるとまた別物になるんだよね、普通は・・・。

TUNKIコーヒー、一度飲んでみたいです。

バランカには絶対に売ってないのでリマで見かけた人は教えてくださいね。



もう一つのニュースは少し前に見たものですが、「un vaso de leche」(一杯のミルク)というものです。


ペルーには「貧しい人」にミルクを無料提供するという国家政策があります。

すっごくいい政策だと思うのですが「貧しい人」というのがあまりにも抽象的過ぎて良い結果をうんでいないということでした。

例えば日本ならば「年収○○円以下の人」とか具体的な数字があってその数字は源泉徴収票とかちゃんとした書類から導き出されていますよね。

それがペルーの場合は本当になんの根拠もなく「Pobre」(poor)な人に牛乳をあげるってことになっているので牛乳を分けてる人の近所の人とかがもらいに来ててその人たちはわりかし普通の感じの人で、本当に本当に貧しい人に牛乳はぜんぜん渡っていないぞ!というニュースでした。

国家政策なので国民の血税から捻出されている牛乳がらこんなことでいいのか?そんなにいい加減なのか?ほんとに?と疑ってみたくもなりますが、私自身もこんなことがあったので「ありえる、ありえる」と思いました。



子供たちの学校なんですけどね、年に何回かビンゴ大会をします。

1枚5ソルのビンゴを何枚か買わされるんですけど、押し付けられる枚数が人によってぜんぜん違うんです!!

うちは15枚押し付けられて75ソル、ダントツですよ。

子供から聞いて初めて知って驚いたのですが25ソルの人もいるとかで、ビンゴの当日は机の上に並びきらないほどビンゴを持ってる人なんてそうそういなかったですから。


その枚数はいったいどういう根拠で決めているのでしょうか??謎です。

銀行口座の写しを提出しているわけでも源泉徴収票を提出しているわけでもないのでまったくの雰囲気としかいいようがないでしょう。

「なんとなくお金がありそう」「大きな車に乗っている」「母親が日本人」などなど・・・・でしょうか。



いやぁ~、本当に適当ですわ・・・。



関係ないですけど、今月末に「親たちのフィエスタ」っていうのがあって親たちがダンスや歌や劇などを披露するみたいなんですけどね、長男のクラスは「huaylas」というワンカイヨ地方の踊りを踊ることになったみたいなんです。


で、踊る11人のメンバーに私が入ってました・・・・050.gif


普通さぁ、ペルーの田舎の方の民族舞踊を外国人に踊らせる?

っていうか、日本のお祭りにも白人とか黒人とかいかにも「外国人」って人が踊ってると何となくうけるからそんな感じ?

「彼女大丈夫かしら?やっぱ大変だよな、かわいそうかも」とか思わないかなぁ・・・?


先生は去年も同じクラスの担任だったそうで、「去年も同じようにダンスをやったので誰が踊れて誰が駄目なのかがだいたい分かったのでそれをもとに選びました」と説明しましたが、あなた私の何を知っているっていうの?今年初めて会ったくせに・・・。


これもきっと先生の勝手な基準で、「暇そうな人」「衣装代、レッスン代、それに伴う交通費を出せる人」「お金を出す際にしつこく文句をいわない人」を選んだと思います。



興味がある人は「huaylas」の動画を検索してみてください。

とても私に踊れるとは思わないし、そんな感じの衣装を着て人前で踊ると思うと激凹みです・・・・・・・・・・。


専門の先生を付けて週に2回、3週間レッスンをするということで、まぁそんなチャンスもなかなかないと思うしいい機会なのでがんばってみようとは思っていますが、それを踊れるようになったからって何?って気もしないでもありません・・・・、微妙です。



やっぱり私はお菓子を作っているときと食べてるときが一番幸せなのかもしれません・・・・・。
e0086273_1352578.jpg

[PR]
by apple142 | 2010-08-05 13:55 | ペルー事情

寒くなりましたね~。

ペルー、寒くなりました。

毎晩、寝る前には長女の争奪戦が。

彼女、とってもとっても暖かいんですぅ。

私も旦那も長男もみんな彼女と眠りたいのよね~、ほんと気持ちいいんだから。

たまに「熱ある?」とか思って体温計ったりするくらいあったかいんです!!

おまけにフワフワっていうかプクプクで超癒し系053.gif


先日テレビのニュースでプーノの最低気温が-22度だといっていました。

これは異常な寒さですよ。

だって暖房器具とかぜんぜんない上に着るものとか毛布だって十分にないんだから。

8月、9月はもっともっと寒くなるので心配です。


私、この毛布プーノに送りたいんですよ。
e0086273_9252524.jpg


ペルーでよくよく見かける毛布なんですけどね、この毛布で寝ると必ず溺れる夢みるんです。

要するにものすごく重いんです。窒息しそうなくらいに重いんです。

義母が去年も一昨年も「今年は寒いから」といって毛布を買い足してくれるのです。

といっても買ってきてくれるだけで支払いは私たちですが。


私が窒息しそうな毛布をまさか子供たちに使うわけにもいかないし、旦那も嫌な夢見るとかいって使いたがらないのです。

旦那に関しては、この毛布のおかげで凍えることもなくここまで育っておきながらそんなことが言えるのか、とも思いますが嫌なものは仕方がないですしね。


皆さんも、もしホテルや親戚の家に行ってこんな色合い&風合いの毛布があったら気をつけてくださいね。




寒い夜はなんといっても「お風呂」でしょう!!

3,4年前に買ったバスタブをようやく取り付けました!!

母がペルーに来ることになっていたので、母が来る前にバスタブを付けようと決めていました。

結局、母は骨折をしてしまい来れなくなってしまったのですがいい機会なので工事をすることにしました。

こういう工事って費用もそうですが工事期間中はトイレもお風呂も使えないっていうのが非常に痛くてなにかきっかけがないとなかなか腰があがらないものですよね。

約1週間の工事中は外出もできないしトイレもすごく離れた所まで行ったし、お風呂に関しては1週間も義父たちにもらい湯で大変でしたがそのかいあって今はすごい満足度です。


バスタブは中くらいの大きさで大人は足を伸ばして入れないけど足をたためば首までつかることができます。

子供たちにちょうどいいサイズなので気をつけないと眠ってることが多々あります。

かなり熱いお湯がガーッっと出るしバスタブいっぱいに熱いお湯をまんぱんにはれるくらいの容量もあります。

ペルーのお湯って無限大に放出できるわけじゃなくってある一定量のお湯を使い切ると終わっちゃうんですよね。

義父の所はバスタブが大きいせいでバスタブいっぱいにお湯をはれない上にタブにつかった後のシャワーのお湯は出ないってかんじです。

バスタブとお湯をためるタンクのバランスがあきらかに悪いって例です。


そして入りたいときにはいつでも熱いお湯が出てくるのも気に入っています。

普通は入る1時間前くらいにスイッチを入れて暖めないといけないんですよ。


蛇口のハンドルの回す方向がお湯の出口は右回りなのに水の出口は左回りなのはなぜ?とか細かいところに文句はいろいろあるけれど総合的にかなり日本の入浴事情に近い満足度です!!

お母さん、いつ来てもらっても大丈夫ですから早く治してね~。
[PR]
by apple142 | 2010-07-17 09:52 | ペルー事情
長男と長女の誕生日の間に義理の妹のお店の開店パーティーがありました。

e0086273_2401721.jpg


義父は高齢なこともありお店を娘に譲り隠居生活に入っています。

お店を引退した際に「娘が店舗の賃貸料をを払いながらお店をやるのはきっと大変だろう」という気持ちからでしょうか、新しい土地を購入しそこに新しいお店を建てました。

2階は賃貸用のお部屋が6室あります。

お店の中はこんな感じ。
主に農業用機器を扱うお店です。
e0086273_244023.jpg


山の方からはるばる出てきてくれたお客さんたち。
けっこうたくさん来ましたよ。
バランカってこういう雰囲気人がたくさんいる街です。
e0086273_2452162.jpg




畑の人はよく食べるからといって、サンドイッチやエンパナーダとか腹持ちの良いものをたくさん注文してくれました。
e0086273_247896.jpg




「ソルテオ」というくじ引き大会もしました。
もう一人の妹がTシャツやカップやボールペンとかいろんな物に印刷してオリジナルグッズを作る会社をやっているのでお店の名前「CHIMU」のロゴ入りTシャツも大量にふるまわれました。
e0086273_2485936.jpg




私は始めて見たのですが、シャンパンを吊るしてかなづちで割るってのが開店式でのお決まりの儀式のようです。床が汚れるよね~。
e0086273_2523554.jpg





挨拶をする妹。
素人でもこういうときにわりかし長く話をするのがペルー人だと私は思います。
とりあえづ言いたいことはみんな言う、みたいな。
e0086273_2541052.jpg


妹、ご覧のように背が高くスタイルもよく綺麗だし、いい大学も出ている上に小さいながらもお店のオーナーになんかなっちゃって益々婚期が遠のいたな~なんて心配する私です。

とてもバランカなんかには彼女に釣り合うような人がいないんじゃないかとね・・。
[PR]
by apple142 | 2010-07-16 03:03 | ペルー事情

女子力アップ週間

ちょっと最近、仕事をさぼってます・・・。

なんか、すっごくすっごく疲れちゃったというか、お菓子を作る以外のことがな~~んにも出来なくて。

自分の時間がないことは別にいいとしても子供たちのこともぜんぜんほったらかしだったし・・・。

5月の中旬まではカジノの仕事もびっちりで更にいろんなイベントがあったりして普段よりも数が増えて、お店の方も母の日イベントとかお誕生日とかもいっぱいあったし。

カジノの方はイベントの後に予算の調整をしないといけなかったようで3日ほど注文はないといわれたんだけどその後そのままずっと休んじゃってるのです。

旦那も普通ならガンガン営業に行くタイプなんだけど、自分にくるしわ寄せが予想以上に大きかったのが苦痛だったと思うのですが、静かに見守ってくれています。

買い物、学校の行事や懇談会、子供たちの宿題とお風呂、これが彼の仕事になった上に夕飯がちょっとジャンクっぽくなっていてたぶん彼はこれが気に入らなかったんだと思う。

ペルーではメインの食事はランチなので夕飯は軽いものですます人が多いと思うのですが、うちも簡単なものしか作らないけれど旦那は野菜と鳥のささみをさっと煮たようなものとか簡単だけどちゃんとした食事をしたい人。

冷凍食品とか加工食品は嫌いなのでそういうものが多く登場したのも嫌だったんでしょうね~。



そして、
ペルーも季節は晩秋、昼でもちょっと肌寒い日もあります。

こうなると冷たいケーキを食べる人も減ってきてお店のほうもじゃんじゃん作らなくてもいいような日が何日かあって。


今週からは冷蔵庫を使わないケーキのみに変更したので、アップルパイとかチョコレートケーキとか焼き菓子系を充実させようとまたがんばってますが。




そんなこんなんで先週は久しぶりに暇な時間があったので、まずは眉の調整に。

3週間後にまた来てくださいと言われていて、隙間があったところとか薄いところとかを綺麗に調整してくれました。こんなケアまでついて150ソルだからね~。


眉を書いて1週間は眉を濡らしてはいけないと前回言われたのですが、眉を濡らさないで髪を洗うのがすごく難しかったので今回は眉が終わったあとにシャンプーをしてもらいました。

シャンプー、マッサージ&ブロウ(すごい適当なブロウだけど、っていうか乾かしただけ?)で5ソルでした!






そして翌日はフットケアを。


もう足の裏がカサカサ&ボロボロだったのでずっと行くべきだと思っていたので。

独身時代はエステが好きでよく通っていたけど、「痩身」と「美顔」をやると時間的にも金銭的にも足にかける余裕がなかったので実はフットケアは初めてだったのです。

なので他との比較が出来ないのですが私的には大大満足でした!!

1時間半強、みっちりやってもらって20ソルです。

これもまた激安のうちに入ると思います。

使ったクリームも嫌いな匂いじゃなかったし、なんといっても仕上がりが良かったですよ。

MIYAちゃん、これは試してみる価値ありですよ!!


旦那は1時間20ソルのマッサージに週1回通っているので、気分的に私も行きやすいかなぁ~と思って2,3週間おきに行くみたいに習慣化しようと思います。


などなど、いろいろやって先週はちょっと女子力がアップした気がします!!



ここ10年は女子力も低下の一途を辿りすぎてこんなにちょっとアップしただけじゃ何?ってかんじですがまぁ気分の問題ですからね。

よかった、よかった。




e0086273_15384659.jpg
e0086273_1539374.jpg


写真は子供たちの学習発表会みたいなもの。

長女の方は「筋肉」という題で、長男は「足算・引算・掛算・割算」でした。

これも発表までの間に何回もグループで集まったりしたし、なんやかんやで学校に足を運ぶことがやたらと多い所だな~と思っています。

ところで、
長女の方ですが、相棒の男の子は苗字が「WU」で中国人系です。

エリカと彼みたいなコンビってペルーでは絶大な人気ですよ。

白い肌(ペルー人に比べると)&切れ長の目ってのは日本人が思うところの金髪&青い目ってかんじですか?

この日も色々な学年の主に女子達がひっきりなしに二人の所を訪問して写真を撮ったりしてましたよ。

この男の子がまた愛嬌があって可愛いんだけどね~。


あっ、あとひとつ。

男の子の後ろにいる後姿の女性ですけどね、タンクトップからブラの紐が丸出しになっているでしょ。

そういうの、案外気にしない人がすっごくたくさんいるんですよ。バランカだけ?それとも見せブラ?それにしては普通の紐に見えるけどね。ファッション?

ちょっと不思議に思っちゃいますよね。
[PR]
by apple142 | 2010-06-06 15:31 | ペルー事情
e0086273_222208.jpg

いやぁ~、しょっぱなからお見苦しい写真ですみませんねぇ。

1週間前に眉毛のアートメークをしました!!

けっこう勇気がいたけど今はやってよかったなぁとしみじみ思えるくらい気にっています。


若い頃に眉をいろいろいじって抜いたり剃ったりしていたのでもともと貧弱な眉だったので前からやりたなぁとは思っていたのですがきっかけがないとそうそう積極的にもなれなかったのですが、私が行っている美容院にフェイシャルやフットケア、マッサージなどをやる専門の女の子がいてアートメークもやるということを知ったのです。

髪を切ってもらってるおばさんも眉、アイライン、リップラインを入れたそうなのですがそれがナチュラルな仕上がりでなかなか良いのです。バランカなのに上出来なのです。

しかも、両眉で150ソルって激安じゃないいですか!

以前、日本でやったことがある友人から片眉8万円と聞いていたのでその安さにつられてもうやるしかない!と思っちゃったんですね。

こういうことは旦那に相談すると必ず反対されるのが常だと思うので内緒で。後でばれるんだけどね。

いや~仕事しててよかったよ。
アートメークとしては安いけど150ソルって言う金額は意味なく頂戴っていってももらえる額ではないから。



痛いだろうな~とは思っていましたが思っていた以上の痛さで泣きました!!

日本ではどうなのかな?泣くほど痛くない?としたら痛い分で安いのかなぁ、と思ったりもして・・・・・・。


「duele!duele!!」を連発する私におばさんが「貴方の美しさのためにがんばるのよ!!」と何度も声をかけてくれました。

おばさんいわく、眉はたいして痛くない、アイラインはちょっと痛い、リップラインは相当痛くて泣けたけど美しくなるためにがんばるのよと自分に言い聞かせてやり遂げたということなのです。


で、そのおばさんがそんなに美しいかといえばそうでもなくて割と普通のおばさんで、しかもおばさんの追求する美が顔のみに限定されていて体とかはかなりボーンとかしててもどうでもいいみたいなんです。


私はといえば、昔ほど美に対して貪欲でない今日この頃なのでおばさんの必死の応援もあまり心に響かず泣き続けました。



でもがんばったおかげで1週間たった今は新しい顔(大袈裟?)にも慣れていいかんじです。

これだと朝もノーメークで子供たちの学校にいっても大丈夫だし、メークが崩れる夕方に来客があっても眉だけどキッリ!としてるはずだしかなり気持ち的に余裕です。
やっぱり濃ゆい顔の人たちに囲まれて暮らしてるからねぇ~。


眉を書いてから2,3日はかさぶたみたいのとインクが合体したようなものが眉にこびり付いているので眉がすっごく濃いかんじになってます。

なので2,3日はちょっと外出できないなって感じでした。

その後、少しずつかさぶたがとれて(というか私は無理やりむしってたけど。子供の頃の日焼け後の皮をむく感覚と似ていてけっこう楽しかったので)自然な感じになってきます。
最初は変だ変だといっていった旦那も昨日は「俺もやろうかな」って言ってました。


上の写真、全くのノーメークでこんなかんじです。
数日後には写真削除する予定です。


もしバランカでやりたい人がいたら紹介します。
そして付き添いもします。
やっぱり一人でじっと耐えるより誰かとしゃべっていたほうが気が紛れていいと思ったので。

私もMIYAちゃんが居るときに付き添ってもらってやったらよかったかも、とも思ったので。



長女も他の子に比べると眉薄いかもですよ。

この子は、顔、目、鼻、すべてが丸でできてますね。
体もまん丸です!
でもめちゃくちゃ癒し系なのよ~。
e0086273_22212569.jpg

[PR]
by apple142 | 2010-05-20 23:21 | ペルー事情