ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:ペルーでの休日( 63 )

再びチャスキ

プチ手術などしてすっかり忘れていたけど先々週の日曜はお弁当を持ってチャスキにピクニックに行った。

e0086273_12505738.jpg


ご飯を食べていたら牛の群れが川の水を飲みにやってきた。

その後もロバや馬、羊やなどもやってきて、どうやら私たちが座った場所は動物達のお散歩コースだったよう。

日差しは強かったけど風が強くてちょっと寒かった。


関係ないけど、幼稚園の運動会のことを書いたら姉が私は昔から尻相撲と椅子取りゲームが得意だったとコメントしてきた。

すっかり忘れていたけど、そうだった。

大学時代のダンパ(懐かしい響き、ダンスパーティーの略)で尻相撲大会で優勝してサイパン旅行をゲットしたことがあった。

そのすぐ後に姉が私たちの住む市のミスに選ばれてパリ旅行をゲット。

私は昔からどちらかというと肉体派。
[PR]
by apple142 | 2005-10-26 13:22 | ペルーでの休日

隣の町まで

日曜はワッチョという隣の町まで食事に出かけた。

ワッチョはバランカから車で40分くらいのところで義父の生まれた町。

バランカよりも大きくて古い町。リマほどではないけどちょっとだけ都会。

さて、どこで食事をしようかと入ったホテルのレストラン。

プールや、奥には子供の遊べる公園みたいな場所もあえるし、きれいでよさそう。

子供たちはすっかり遊びモードでプールの周りでかけっこするし、写真もいっぱい撮った。

e0086273_12352977.jpg

e0086273_12362929.jpg


で、注文。

「アロス コン パト」っていうアヒルの炊き込みご飯しかないっていうじゃないですか。

すごい恥ずかしかったけど、退散。


次に行った「ランチョ」というレストランで食事をした。

関係ないけどペルーって「チャ」「チュ」「チョ」の発音がすごい多いと思う。

最初はなんか違和感があった。

たとえば「パンチョ」っていう名前の人を呼ぶのになんかそんな風に呼んでいいのかな、って思ったりして。いいに決まってるんだけどね、名前だから。
でも、なんかちょっと笑っちゃうっていうか、まじめな感じがしなくない?
「チャ」「チュ」「チョ」て日本じゃ、赤ちゃん言葉だもんね。


ここのレストランも広くて子供たちは大喜び。

e0086273_12533025.jpg


e0086273_12542919.jpg


e0086273_12553597.jpg



食事もまずまず。

私は、地面に穴を掘って鍋を入れて焼いた石の熱で肉を蒸して調理する「パチャマンカ」(また登場「チャ」)という料理を食べた。

パチャマンカは私は結構好きな料理。
今日食べたのはちゃんと土の中で料理していたようでおいしかった。
たまに普通のガスで作ったものもあるから注意。
それは全然おいしくないから。

レストランの前で乗馬の体験をやっていたので挑戦。

土曜に牧場に行ったとき、通りすがりの子供たちが簡単そうに馬に乗って移動してるのをみて気持ちよさそうだし、牧場には馬もいることだし乗馬でもやろうかなーなんて思っていたところ。

私は乗馬は初体験。

慣れてないからかもしれないけど、内腿に力を入れて踏ん張らないと落ちそうな感じがして、思いっきり力んでたから腿がめちゃくちゃ疲れた。

10分くらい乗って2ソル、70円くらい。

前に乗馬を習っていた友達が馬事公苑で2時間6000円とかって行ってたのを思いだす。

e0086273_1375284.jpg

[PR]
by apple142 | 2005-10-13 13:13 | ペルーでの休日

楽しい週末

先々週は風邪、先週は仕事とここのところ週末もあまり楽しめないでいたけれど今週は久々に楽しい週末を過ごした。

催しもてんこ盛り。

e0086273_1192030.jpg

土曜の夜に「セニョール ロス ミラグロス」が家の前を通った。
これはキリスト教の宗教行事だけど、なんかついこの前もやってたような気が・・・?

厳かな雰囲気(と、さっと流す。だって私キリスト教徒じゃないし)。

セニョール ロス ミラグロスに十字を切った後、サーカスへ。

バランカにサーカスが来るなんて、ほんとにめったにないこと。
レオもサーカス初体験(もちろんエリカも)。

場所が家のすぐそばのグランドだったので、私たちの住む通りの人たちには割引券が渡され、なんと大人も子供も一律3ソル、約100円。これはペルーにしてもかなり安い部類。

まあ、規模が小さいといえばそれまでだけど、子供相手にそんな高度な技とかは必要ないし、リマの一律80ソル(2500円くらい)のサーカスなんて家族4人で行く気にもならない。


そんなわけで、会場は町内の人ばっか。

期待してなかったわりに内容は充実、すごく得した気分。

ちゃんとライオンとかもいたし、空中ブランコ、綱渡り、一輪車などもやって見ごたえもあった。

そして、会場が狭いのでよく見えて臨場感もすごくあった。

e0086273_11281025.jpg

近いでしょ、ステージと観客席。
っていうか、近すぎ。
ライオンとかの時怖かったし。

バランカで行われる催しでこのレベルだと、すごい高いほうだし(もう日本の木の○サーカスとか、ディズニーランドとかそういうのは別世界なのでもう忘れたものとして私の中では新しい基準が作られてます。)、安い値段で2時間以上も楽しめたのであまり言いたくないが、とにかく設営がチンケで怖い。


女の人が輪を使った曲芸で空中にビヨーーンって上がっていったんだけど、ふと見ると脇で男の人4人が「よいしょ、よいしょ」ってロープひっぱてた。
しかもその男の人はさっき他の芸をやって人だったりする。

その後も手作りの風合いいっぱいで、別の意味でハラハラ、ドキドキだった。

レオも終わりの11時過ぎまでちゃんと起きていて楽しかった様子。
エリカも10時半くらいまで起きていてすごく喜んで見ていた。
相変わらず、こういう場でも手のかからないエリカ。
普通、長い時間外にいるとなんだかんだと大変なもんだが、一時もぐずることなく私もじっくり見ることができた。


そして今日は「闘牛」へ。
e0086273_11584056.jpg

やっぱり客席との間が狭いのと設営がちんけなのが特徴。

スペインの闘牛は燐とした雰囲気があるけど、今日見たのはおちゃらけ90%、まじめ10%くらい。

でもすごく面白かった。

お笑い3人組は私的には○。
けっこう好きな雰囲気で日本とかにいたとしてもファンになってたと思う。

e0086273_12171954.jpg

あえてコメントはしないけど、日本ではできない類の笑いネタ。
e0086273_12165494.jpg

この人たちは全く牛を怖がっていないのがすごいなーと思った。


まじめ10%を担当は女騎士。
一度やられちゃって危なかったけどその後も果敢に牛に向かっていってえらかったねー、って褒めてあげたいくらい若い女の子なのでした。
e0086273_1213265.jpg


夕方寒くなってきたので終わりを待たずに帰宅。
でも十分楽しかったので途中でも満足。
義母、ものすごーーーい寒がりですから。
[PR]
by apple142 | 2005-10-03 12:36 | ペルーでの休日