ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

またまたチャスキ

毎年冬になると私たちは日差しを求めて一年中暖かい(暑い)チャスキへよく出かける。

でも今年は本当に暖冬で毎日の気温が大体20℃前後。

日差しもまああるのであえてチャスキに出かけるまでもないのだけど、他に娯楽もないので先週の日曜に義母たちもいっしょにみんなで出かけた。

チャスキ、チャスキと地名のように言っているけど(実際に地名なんだけど)、チャスキってのは本当は「飛脚」って意味。
e0086273_13361520.jpg

e0086273_13363615.jpg


要するにインカ時代の走る郵便システム。

5キロを全速力で一気に走ると「タンボ」と呼ばれる宿場みたいな物があるので、そこに待機している4人の飛脚にうちの一人に手紙を引き継いで・・・・、何人ものチャスキがリレー式で情報を運んだそう。

すっごく走るの早かったらしい。

私たちがよく行くチャスキは正確には「チャスキタンボ」という地名でチャスキたちの休憩する宿場だったところ。

e0086273_13365566.jpg



この日もバランカは曇り空だったけどチャスキは快晴、川遊びも楽しくつりなんかもした。
e0086273_13371382.jpg
e0086273_13374476.jpg



義父に言わせると、ここ2,3年の冬の寒さはペルーにしては異常で、今年みたいな20℃前後ってのが本来のペルーの冬なんだって。

だとしたらペルー生活も悪くないな・・。
[PR]
by apple142 | 2006-07-29 14:00 | ペルーでの休日

最近のこと

久々の更新。

ちょっと忙しく仕事してた。

先月は2週間も旅行にいっていたし行く前はその準備、帰ってからはたまった家事・・・などなどで仕事をサボりまくってしまった。

ペルーでも1ヶ月も遊びまくるとやっぱり家計は厳しいだろうけど大きな痛手にはならないはず。

日本は経費や税金がめちゃくちゃ高いからちょっとでもさぼるとすぐに赤字になってしまう!!

走り始めたら走り続けないといけないというか・・・、こっちの生活に慣れるとけっこう大変だな~。




エリカの誕生日以降、最近は大きな出来事やイベントはないけれど日々「あー!」というようなことがあったのでお知らせしときます。

まず、
「今年のペルーはかなり暖冬」。

私は夜は半袖で寝てるし、子供たちも病気知らずで毎日元気!

レオの1,2歳の頃と比べるとエリカは本当に丈夫。1,2歳の頃って何かほとんど毎月病院に行っていたような気がするけどな・・・・。

そして、
少し遅れたけど「エリカの2歳検診」に行った。

今までは旦那についてきてもらっていたけど、今回は予防接種がないこととエリカに関してはあまり心配事がなかったので一人で行ってみた。

思ったとおり身長・体重・言葉などなど、順調。

ただペルーでは(バランかでは?)歯科検診はクリニックに自分で行かなければいけないので虫歯とか歯並びとかはもしかして???って気もするので近日中に歯医者に行かなくては。

エリカはすごく書くことが好き。

e0086273_141684.jpg


正しい持ち方できれいな丸が書ける。
e0086273_14165464.jpg


エリカは絶対にグジャグジャーって殴り書いたりはしないで、ゆっくりしっかり上手に書ける。

ただの丸は人の顔で、丸の下に線を引くと風船なんだそう。

私の家系は絵の才能ゼロなのだけど、姉のところの兄弟は絵がとっても上手。

レオも私に似たのか絵はあまり好きではないみたい。

すらすら~って絵が書けるってちょっとかっこいいじゃない?エリカに期待しよう!


あとは・・・、
「ハチ騒動」があった。

腰痛のきつい義父の代わりに旦那が畑に行った時、ハチの巣を持ち帰ってきた。
e0086273_14262038.jpg


旦那ってハチミツ好きだからすごいはしゃいでたんだけど、その後これを廊下に置いたままにして出かけてしまった。

1時間後くらいに私が外に出ようとしたらもう廊下中にハチ、ハチ、ハチ
ヒッチコックの映画の主人公になったような気分。

ブ~ン、ブ~ンって音を聞きながらすべてのドアと窓を閉め切って非難。

電話で旦那を呼んで退治してもらった。

私は前日が徹夜だったのでエリカの昼寝と一緒に眠ってしまっておきたらすっかりかたずいていた。

レオもいっしょに退治したんだと自慢していた。エリカは「ハチ怖いよ~」って泣いてたから、やっぱり男の子なんだなー。

この板3枚で約5リットルくらいのハチミツがとれた。

しかも旦那のハチミツ、めちゃくちゃ美味しい!!

日本にいるときはハチミツってけっこう高かったし日常的に食べるって感じではなかったけどペルーではけっこう安く手に入るのですごくよくハチミツを食べる。

で、知ったんだけどすっごくいろんな味があるのね。

言われてみれば当たり前なんだけど、蜜を吸う花の種類によって味がかわるんだよねー。

旦那は「マラクヤの花の蜜」って言ってたような気がするけど、くせがなくってそれでいて味が濃くて本当に美味しかった。

でも一日たった今日もまだ数匹ハチが家の中に残っていて案外しつこいな。

旦那の掃除は中途半端だからいろんなところにハチの死骸も転がってるし、自分の仕事が忙しいときなだけにすごく頭にきてしまって美味しいハチミツもあまり喜べなかったのが事実。


さて、今日はエリカと「お揃い」をしてみた。

e0086273_14431844.jpg



クスコで買ったポンチョ。

レオの時のママ友には男の子でもお揃いの洋服を着てるって人もいたけど私は全然そんな気がなかったな。

でもやっぱり女の子だと「ちょっとお揃い」ってのしたくなるかも。



最後に、
今月の28日はペルーの独立記念日。

もうすでにいろいろと盛り上がってるかんじ。

園でもちょっとしたイベントがあって、私は「マサモーラ・モラーダ」を25個作っていく係りになった。

マサモーラは以前も何回か私の日記に登場しているペルーの代表的なデザートなのだけど、いざ作れとなると作れるけど結構いやだなー(ってどうせ義母に作ってもらう気でいるくせに)。

日本でいうと「お汁粉25杯」ってかんじ。

でも簡単に「お汁粉」って言われてもいろいろじゃない?

あんはこしあん派、粒あん派?

餅?それとも白玉?

しっかり甘い派?さっぱり派?

結構奥が深いじゃない?それを日本に来て3年目の外国人に25杯だからね、って言ってもね・・・・。

だいたい自分がマサモーラを美味しいと思ってないのに「美味しいマサモーラ」作れるわけないと思うのね。

とにかく、最近リマの病院に通いづめの義母なので来週はバランカにいるかどうかが心配。

でもいざとなれば買うこともできるのでいいや。



こんな近況ですが、
レオのことが全然書いてないじゃんー。

これじゃあ、また旦那からクレームがくるよー。


最近のレオ、
髪を切るのを嫌がって山崎まさよしみたいな頭になってる(最近の山崎は知らないけど)。

明日引っ張ってでも床屋に連れてきます!
[PR]
by apple142 | 2006-07-22 15:17 | 日々のつぶやき

エリカ2歳の誕生日

7月8日はエリカの2歳の誕生日だった。
e0086273_12581714.jpg


夜にアスレッチクのあるレストランにでも行ってその後ケーキ食べて・・・・、と考えていたのだけど。

数日前まであったはずの発電モーターが盗まれていることが朝分かって旦那はすごーーーーくショック。

もう今日は何もしたくない、といって早々に店に行ってしまった。

あー、もう旦那は期待できないなと思ったので夜は近所の友達を数人呼んで小さなパーティーをした。

「人が集まれば騒ぐ」体質な人々なので結局12時過ぎまで楽しく過ごした。

エリカもずっと起きてたからすごいよねー。


e0086273_1259234.jpg
e0086273_12592151.jpg
e0086273_12593928.jpg

エリカは最近キティにはまっているのだ。
キティのクッキーを作ってみた。
型から自作だったのでほんと「苦心の作」ってかんじだった。
ケーキは今回はオーダー物。
定番のヘラティーナ、お菓子も少し。
e0086273_12595711.jpg

小さいけどピニャータも。


最近の踊りのブームは何といってもシャキーラの「hips dont lie」
踊りは難しいけど小さな子が一生懸命腰を振る姿はなんとも可愛いものですね。

きっとすごく楽しかったんだと思う。
みんなが帰るとき大泣きしちゃった。

来年は幼稚園の友達もできるし大きなパーティーをするつもり。

せっせと小銭ためとこ。
[PR]
by apple142 | 2006-07-13 13:01 | 子育て

ロケーションフリー

自宅のNHKが見れなくなって久しい。

そんなに見る時間もなかったけど、見れないとなるとやっぱり寂しい。

そんなわけで、昨年当たりにSONYが発売した「ロケーションフリー」がとっても気になっている今日この頃。

ロケフリがあれば今まで見れなかった民法の連ドラも見れるしね、私は買う気満々なんだけど。

調べてみたら一応環境は整っているみたいだし、ベースは実家があるし。

うーん、でもやっぱり本当のところどうなのかな?

実際ペルーで(他の国でもOK)ロケフリ使ってる人とか知っていますか??

ちょっと聞いてみたいです。
[PR]
by apple142 | 2006-07-06 15:25 | 日々のつぶやき

レオ6歳の誕生日

先週はレオの6歳の誕生日だった。

先日旅行に出かけたばかりだし、母が来たときに友達を呼んでウェルカムパーティーをやったりしたので今年の誕生日は地味に家族だけで祝った。

幼稚園にケーキを持っていってクラスのみんなに祝ってもらうというのはここの人たちの定番なので当然レオからも催促されていたのでこれはしかたなく。
e0086273_727446.jpg


お昼は義父がレストランでご馳走してくれた。
義母の頼んだ鶏肉のミラネーゼが異常に大きかったのでつい写真を撮ってしまった。
e0086273_7281446.jpg


今までの誕生会で使った飾りなどを使い回したりしてなんとかそれらしくなったかな。
e0086273_729132.jpg


幼稚園のケーキと同じ味ではと思い、チーズタルトを作ってみた。
e0086273_7302320.jpg


子供達がすごく喜んだ星型のクッキー。
e0086273_7311799.jpg


二人だけだけどピニャータも用意したし、まあ楽しんでいたみたい。
当然ながら、エリカが自分のプレゼントが少ないことに(みんな気を使ってエリカにも何かしら用意してくれていたのだけどやっぱり主役には勝てないもんね)激怒してすごくよく泣いた。

そういえば、幼稚園にケーキを持っていった時にエリカはちゃっかりレオの隣の席に座っていっしょにケーキを食べてすっかり園児の気分。
帰りたくなくて椅子にしがみついて「No quiero ir」と絶叫。
普段レオを送り迎えする時も自分のリュック持参ですごい幼稚園に行きたがっているのを先生達も知っているので、2歳の誕生日が過ぎた8月から幼稚園に入園することになった。

2歳クラスの中でもエリカは一番小さい子になるけど、まあ子のこのことだから大丈夫かなとあまり心配はしていない。

2歳前にもうすでに簡単な文字も読めるみたいだし早めに幼稚園に行っていろいろ教えてもらったほうがいいのかもとも思う・・・・。

そうそう、今週はエリカの2歳の誕生日。

家計、苦しいですわ・・・。
[PR]
by apple142 | 2006-07-06 07:45 | 子育て

ペルー旅行<最終日>

楽しかった旅も最終日に。

本当はワラスにもう1泊してワラスから直接リマの空港に向かう予定をたてていたのだけど、この日にレオの幼稚園で父の日イベントがありレオがとっても楽しみにしていて参加したいというので一日早くバランカに帰ってきた。

e0086273_1430790.jpg
e0086273_14302424.jpg


セルバ(ジャングルの方)地方とシエラ(山岳)地方の踊りを踊ったのだが、先週はリマへ出かけて3日間休み、ワラスに行って3日、合計で6日も休んでいるので明らかに練習不足。
人の踊りばっかり見ていた。

もうエリカが自分も踊りに参加したくて衣装を着させろとか人が踊ってる中に入っていこうとしたりしてうるさくてたまらなかった・・・。

先生達にも母とペルさんを紹介して、そんなわけでいっぱい休んでしまいました、とお詫び。
「家族の方が一番大切」と園長先生が言ってくれたので一安心。


お昼は義父がご馳走してくれ、海岸沿いのレストランへ。

レオ、マナーが悪いと母に叱られっぱなし。

うーん、何とかしないとな・・・・・。

飛行機が夜中の12時頃なので4時ごろにバランカを出発して無事に飛行機乗って帰国の途に。


24時間の飛行機ってのもけっこうきつかったらしくて「申し訳ないけど、もう来れない」って母は言っていたのでちょっと寂しいけれど、私達が行けばすむことでもう会えないわけではないので・・・。

3年後に私が子供達といっしょに里帰り、ってのを目標にまた日常をがんばっていこう!!
[PR]
by apple142 | 2006-07-03 14:44 | ペルーでの休日

ペルー旅行<ワラス>

バランカに帰ってきて1週間ぶりに会った子供達も元気で一安心。

翌日からは旦那と子供達も一緒にワラスへ。

なるべくレオの幼稚園を休ませたくなかったので午後からの出発に。

午前中はメルカードへ。
いろいろと珍しかったみたい。
e0086273_12583133.jpg
e0086273_12584846.jpg
e0086273_1259161.jpg


レオを迎えに行って、急いで食事をして3時過ぎに出発。
e0086273_12591483.jpg

ワラスに着いたのは7時半ごろですっかり暗くなっていた。
夕焼けのアンデスが見れなくて残念、なんて思ったけど。
途中でトイレ休憩した山道、空中が星だらけで驚いた。
空の黒い部分より、星の部分の方が確実に多くて星が降ってるって感じ。


当初、例によって「トレッキング」を希望していた二人だけど、旅も後半だしどれくらい体力が残っているかも心配だったのでワラスでの予定は何も立てていなかった。
私としては、
①チュールップ岬・・・・途中まで車で行って少しだけ歩くとすごくきれいな湖に着く。標高4800メートル。歩く距離は短いけど、ロッククライミング級にハードな道とのこと。
②パウトルーリ・・・・・・氷河を少しだけ歩ける。標高5200メートル。車から降りないで見るだけなら頭が爆発しないかな、と思ったけど旦那が車を運転できないかも、と。

二人とも、あまり高いところはもう無理そうなので、無難なところでヤンガヌコ湖へ。
e0086273_1259319.jpg

4月に来たときよりも空気が澄んでいて更に美しかったし、観光客も少なく自然を満喫できた。
湖の色がエメラルドグリーンですごくきれいだった。
ヤンガヌコは本当に何度でも訪れたい素敵なところ!!
e0086273_12594431.jpg



翌日は旦那の従姉妹たちといっしょに、山の上にある景色の良いホテルに行った。
旦那の車では途中までしか行けずに歩き?と心配していたところにホテルのオーナーが偶然通りかかたので、トラックの荷台に乗せてもらうことに。
荷台から見るアンデスはなかなか迫力があった。
e0086273_12595998.jpg

ホテルはまだ建設途中だけど、とっても景色が良くてのんびり過ごしたら本当に気分がよいだろうなー。
e0086273_1258065.jpg
e0086273_12581880.jpg


母達もワラスの美しさに感激、満足してバランカのへの帰途へ。

楽しかった旅もとうとう終わりに・・・・。
明日は日本へ帰る日・・。
[PR]
by apple142 | 2006-07-02 13:29 | ペルーでの休日
プーノ最終日はリマまでの移動日で、飛行機は午後の3時なので午前中はホテルやホテルの近くを散歩したりしてのんびりと過ごした。

私はプーノでは「ホテル エステベス」という5つ星のホテルを強く希望していたのだけど当然のごとく旦那からダメ出しが出た。http://www.libertador.com.pe/eng/puno_habitaciones.htm

ここのホテルは全室レイクビューで寝ながらにしてチチカカ湖の朝日を見ることができるそう。
まあ、こんなロマンチックなホテルは次回(あると思いたい)旦那と行ったときに是非泊まってみたい(旦那は私が一人で行くから5つ星に泊まらせたくないんであって自分も行くならきっと高いお金を出してもエステベスに泊まると思う)。

少しでも眺めの良いレイクビューのホテルをネットで探してみた。
値段も手頃で旦那一押し!
http://www.taypikala.com/

なんかとっても個性的なデザインのホテルだった。
e0086273_11452271.jpg

屋根にはプーマやコンドルなどのオブジェがいっぱい。
e0086273_1146312.jpg

湖の臨めるレストラン。
e0086273_114631.jpg

プーノやチチカカ湖の島を意識したインテリアもすごく素敵。
e0086273_11461799.jpg

「あるまじろ」も飼っていた。
e0086273_1146451.jpg



ホテルの周りは湖を臨める静かな住宅街。
e0086273_11472180.jpg
e0086273_11473724.jpg


道路を1本挟んで更に湖側に降りていくと、できてまだ数ヶ月と言う別館がある。
ここは湖に近い分、更に素敵さアップ。
e0086273_11441086.jpg
e0086273_1144204.jpg
e0086273_11443535.jpg
e0086273_1144502.jpg
e0086273_1145514.jpg

e0086273_11453390.jpg


ホテルはプーノ市外から車で25分。
周りにはお店やレストランなども何もなくて不便といえば不便だけど、街中に比べればかなり静かで落ち着ける。

エステベスの他にレイクビューのホテルはここくらいしか見つけられなかったのだけど結構気に入った。
プーノ色が濃いところも良い。
ペルさんは前回エステベスに泊まったそうだけど、もちろんホテルからの眺めは最高だそうだけど、いわゆるどこにでもありそうな一流ホテル。
タイピカラホテルは従業員もフレンドリーで親切、頼んでもいないのにホテルの中を案内してくれて部屋もいろいろと見せてくれた。
日本人受けしそうなホテルだったので紹介してみました。

帰りはツアー会社のバスを頼んでフリアカ空港まで。
車で45分くらいとガイドブックに書いてあったけど、途中でこんな寄り道をしたからかな、1時間15分くらいかかったと思う。
e0086273_11475367.jpg


フリアカ空港は小さな空港。
アレキパで少し停まってリマへ。
リマの空港で旦那が迎えに来てくれていたのでそのままバランカの家に向かった。
e0086273_11454991.jpg

[PR]
by apple142 | 2006-07-01 12:16 | ペルーでの休日