ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

子育て

先週から新学期が始まってまた慌しい日々。

エリカ、結局幼稚園に行っている。
e0086273_13163328.jpg


私たちがリマに出かけてる間に園長先生から電話があって欠員が出たから入れるって言われた。
突然だったし、旦那は向こうの都合に振り回されるのは嫌だっていうし、さらにリマで思いっきり買い物してしまったので金銭的にもピンチ状態(別に無駄使いしたわけじゃないのよ。最近お店の景気がとってもよくて椅子が足りなくなっているのでまとめて買い足したの)。
私の気持ち的にも「もう少しエリカと二人で仲良くする」って方向で固まっていたのでどうしようかな~って思ったのだけど、会う人みんなに「agost me voy al coregio」(8月から幼稚園行くんだ)とか言ったりして本人が行く気でいるので行かせることにした。

自分から望んだだけあって、初日からやる気満々で絶好調だった。

全然泣いたりしないし友達ともすぐに仲良くなっていた。

この子は大丈夫だろうと思っていたけどその想像以上にしっかりしていたので本当にうれしかった。

まずは「me llamo ERIKITA,y tu?」(私はエリカ、あなたの名前は)って自分で自己紹介して相手の名前をたずねて回ってた。

で、他の子が持ってるおもちゃで遊びたいときも「ANTONIO、prestame?」(アントニオ、貸してくれる?)って言ったりしていて横取りしたりしないのね。

30分くらい付き添って帰るんだけど私が帰るときも「じゃあね」ってかんじあっさりしてる、先生に「ママは買い物してご飯つくりに帰った」って言ってたそう。

その後もちゃんと椅子に座ってカリキュラムをこなしているそう。

私みたいに専業主婦の場合は2歳でどうしても入園させたいわけではないので、幼稚園に行っても泣いちゃったりただ遊んでるだけならもう1年待って3歳から入園したほうが子供のためにもいいと思うので、エリカが園でしっかり学習しているということを聞いてまあよかったかなというかんじ。

今日の先生のお知らせ帳にも「よく言うことを聞いて安定してすごした」と書いてあった。



そして、レオ。
e0086273_13165870.jpg
e0086273_13171826.jpg


空手をはじめた。
レオの空手は腰がひけちゃってまだ全然ダメなんだけど本人がすごく気に入っているので長く続けられるようにがんばってほしいものだ。


空手は月水金の4時から6時まで。
子供が嫌がるのでスクールバスにしてないので園の送り迎え。
レオの宿題も毎日1時間以上見ないといけないし、毎日毎日ほんとうに子供のことだけで終わってしまうかんじ。

来年はエリカにダンスかピアノを習わせたいし、レオの家庭教師もつけないといけないし(もうすでに私が教えられなくなってる・・・。特に宗教関係の宿題はお手上げ!)お金もかかるねー。

私も子供の頃はピアノと習字を姉と二人で習っていた。

みんなもそうだったし別に普通のことだと思って特にありがたいなんて思ってなかったけど、今は本当にそのありがたみが分かるな。


私も本当に幸せな記憶しかない子供時代だったので、二人にもそう過ごしてもらいたい。



でも子供たちは成長期で毎日毎日成長が目に見えて分かるので、やっぱり毎日がすごく楽しいというのが本音かな。
[PR]
by apple142 | 2006-08-24 14:13 | 子育て

リマ小旅行

もう来週から新学期というのに金曜に急にリマに出かけることになった。

本当に私たちはいつも突然、ぜんぜん計画性がない。

私はどちらかというとかなり事前に計画していて旅行にもって行きたい洋服とかがその日に洗濯中なんてことがないようにしておきたいタイプ。

旦那はそんなことぜんぜん関係ないんだよね。


一日目は買い物をして二日目はsurcoという地区にある「parque amistad」という公園に行った。

初めて行ったところだけど家からも近いし大人も楽しめるとってもよいところだった。
e0086273_1614689.jpg


surco区は高級住宅街なのでいろいろ高いかなーと覚悟して行ったけど入場無料、機関車一人4ソル、ボートはいくらか忘れたけど別に高いとは思わないくらいの値段だったので、旦那も機嫌がよかった!
e0086273_16132725.jpg

機関車はけっこう本格的で私も十分に楽しめた。
e0086273_16134387.jpg

義母と旦那の妹。公園の散歩中も手をつないで歩いたりして仲がよい。




帰る途中によったところ(名前忘れた)。
e0086273_16231413.jpg

なんかただの山なんだけどペルーにしてはめづらしく緑がある。

まわりの山も全部灰色の砂山なのにこの山だけに緑がある、っていうだけのところ。

私にしてみれば「なに~?」って感じなんだけど(何もない山なのに入場料一人5ソル、たか~)、緑が貴重なペルー人にとっては魅力的な場所らしくて義母も盛んに「素敵ねー、素敵ねー」と連発。

まあ、子供たちも普段は見れない湿地帯の植物、コケやキノコやカタツムリなんかを見て喜んでたのでよしとしておこう。

e0086273_1626492.jpg
e0086273_16262288.jpg
e0086273_16263989.jpg


うちの兄妹は本当に仲がいい。
大きくなってもずっとずっと仲良しでいてもらいたいなー。
[PR]
by apple142 | 2006-08-18 16:30 | ペルーでの休日

DIY

休み中の前半は家でだらだらと過ごしていたけど、後半はちょっと休みらしくDIYなどをしてみた。
e0086273_15402343.jpg

だって家の中いつもこんなかんじ・・・。
片付けても片付けてもすぐに散らかる。
やっぱり居間で遊ぶのは止めてもらうことにしておもちゃもプレステもDVDもビデオもぜーんぶ子供部屋に持っていこうと。

まずはDVD&ビデオの収納棚を作ってみた。
棚は一段おきに赤と青の色違いにしてみたけど全然意味なしだったな・・。
e0086273_15403772.jpg


ベランダもちょっとくらい気をつかってみようと思って電気つけてみた。
少しづつ花なんかもおきたいな。
e0086273_15405479.jpg


キッチンにコロンとヘアージェルがきれいに並べてあった。
e0086273_15415267.jpg

レオも最近はいっちょまえにコロンをつけたがったり髪にジェルをつけたりしたがる。

エリカやっぱり女の子なのねー、こんなものが大好き!
エリカには私は買ってあげたことないのよ、全部旦那が買ってあげてる。

最近の二人のブームはレオが「バービーのジェル」とか「レンジャーのコロン」とか言ってエリカが指定したものをちゃんと持ってくるかどうかという遊び。

そんなことをなんか楽しそうに1時間以上もやってる。



けっきょく休み中はこれくらいしかできなかったし、この続きも当分できそうにないし、まあ気長にやりますわ。
[PR]
by apple142 | 2006-08-18 16:02 | ペルーでの休日
わっー、ずいぶんサボってたなー。

7月28日の独立記念日から今月の13日までレオの幼稚園はバカンス。

毎日夜更かしして寝坊してる。

先日エリカが本棚の本をひっくり返して遊んでいたんだけど、その時にけっこう前に読んだ本を何冊か見つけたので読み返してる。

3年以上前に読んだ本ってけっこうストーリーも忘れてたりするから楽しめる。

最初に手にとった本が高村薫だったので、1ページ目を読んだときに「あー、徹夜だなー」って思ったんだけどやっぱりその日は徹夜でそれ以後もかなり遅くまで読みふけってる。


独立記念日のイベント。
レオは「ウサレス」とかいう独立の指揮者「サン・マルティン」を護衛する兵士。
e0086273_9325421.jpg

エリカもすっかり園になじんで2才クラスの子とももうお友達に。
e0086273_9331616.jpg


よかった、よかったなんて喜んで帰るときに「じゃー、休み明けにはエリカをよろしく」って言ったら、もうすでに定員がオーバーになったと言われた。

ガーーーーン。

2歳の誕生日過ぎてから、とかバカンスが過ぎてからとか言ってる間に人がわんさか押し寄せていたみたい・・・。

うちの幼稚園、学費が高い割には人気。

確かにすごくちゃんと教えてくれる。

3歳で入園したとき、スペイン語が全然話せなかったレオも今では簡単ま文章「te quiero mama」なんてのは書いたり読んだりできるようになった。

エリカのことは残念だったけど、私はもうちょっと二人で買い物したり散歩したりってのを楽しんでもいいかなー、なんて思ってる。
午後はレオと遊んでばっかで私はあんまり相手にされないので。


e0086273_9334544.jpg

休みの期間が短いのでどこへも行かないで近場のビーチとかたまに行ったりしてる。
8月は「真冬」だけどレオ半そで、エリカミニスカートってかんじ。



e0086273_934714.jpg

先日、巨大なグレープフルーツ(以下GF)を発見。

ぺルー人って案外GF食べなくてどちらかというとオレンジ好き。

でも私は断然GF派。店先でもあまり見かけないので妊娠中は結構苦労して探してた。

実家にはGF専用の先がクルンってカーブしたナイフとギザギザのついたスプーンがあったので我が家はGF派だったんだな。

大体大きな物って「大味でまずい」ってのが普通だけどこれは以外にも美味しかった。

一気に全部は食べられないくらい大きいのにGF好きが少ないペルーでは残りの半分を誰も食べてくれないのでけっきょく全部食べちゃって舌がイガイガして困った。

ところで、私は「国民の体が大きな国は食事があまり・・・」、逆に「国民の体が小さい国は食事が美味しい!」という方式を見つけたんだけどそう思いませんか?

前者はアメリカとかイギリスとかドイツとかオーストラリアとか・・・・、後者は日本、中国、韓国、イタリア、フランスやスペイン人も体は大きくないからね。





e0086273_9342535.jpg

こんな風に「部分的に洪水」ってのがバランカにはよくある。何で?

この日は交差点の真ん中に座り込んで顔を洗う人がいたので警察も出てきて大騒ぎだった。

カメラを持っていたので旦那が写したらフラッシュがたかれてすごい注目されて恥ずかしかった。

こんなの写真に撮るなんてく「写真好きな日本人」しかいないもんね・・・。
[PR]
by apple142 | 2006-08-09 10:24 | ペルーでの休日