「ほっ」と。キャンペーン

ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

キヌア

私→エリカ→レオ→エリカともう2週間以上も風邪をうつしっこしている私達。

どこにも出かけないでひたすら家にこもっているので料理ネタが多くなってしまうー。



先日、義母が差し入れてくれた「キヌア」。
e0086273_1249641.jpg


キヌアはNASAの宇宙食にも採用されている栄養価の高い優れた食品。

きれいに洗って20~30分くらい茹でて、それをスープに入れたり、メインディシュの肉類のソースにしたりといろいろな方法で食べる。

ペルーでは最初に「スープ」、そして「メイン」、最後に「お茶&パン」という順番で食事をするけれど私達はみなあまりたくさん食べられないのでいつも「メイン」のみ。

なのでスープに使うことも無く、キヌアを使ったソースは辛子を使ったソースなのでこれもダメ、だいたい「マサモーラ」というデザートにして使っている。

シナモン棒と砂糖といっしょにキヌアを煮て、最後に「マイセイナ」というコーンスターチみたいなものでとろみをつける。
私はそのままの方が好きだけど「レーチェグロリア」という変な味の(私の主観)調整乳を入れるのがペルー人好みかな。

多分これはペルー人的には邪道だと思うけどホットケーキやドーナツ、マフィンやケーキに入れることもある。

小さなプチプチがあるのでちょっとタピオカ風にココナッツミルクなんてどうかしら、なんて思うのだけどまだためしたことがない。



そしてペルーにはいろいろなキヌア製品がある。
e0086273_12494941.jpg


これは子供達も大好きな「キウイヘン」。ミルクに溶かして飲む。

その他オートミールなんかもキヌア入りがあって私も使っている。

ペルーが世界に誇る食品で日本ではかなり高いんじゃないかと思うけど、ここでは普通に安い。自分で買ったことがないので分からないけどたぶん1キロ5ソル以下だと思う。









昨日のランチ。鶏肉のスペアリブ風。
e0086273_12502746.jpg


スペアリブのソースって普段マーマレードとか使うんだけどなかったのでマンゴーを使ってみた。旦那がけっこう気に入っていたのであさっての旦那の誕生日のメニューはスペアリブ(今度はほんとの豚肉で)にする予定。

あとパエリアと紅茶のケーキ。
昨日ケーキのデコレーション用の型紙を作ったんだけど真ん中に大きく「38」って旦那の年を入れてしまったんだよね。嫌がるかな?






ところで、
先日「チュッペ デ カマロネス」のことを書いたら姉に「作ってみようと思うのだけどチーズは何チーズか」と聞かれた。

「ケソ フレスコ」ってペルー独特のチーズなんだよね。
日本でパパアラウワンカイーナを作っていたときはカッテージチーズを使っていたけれど、カッテージチーズはチュッペ系には合わないと思うのですが・・・・・。
チュッペにはモッツァレラかな?と思ったんですがどうでしょうか?

日本でペルー料理を作っている方は「ケソフレスコ」を何で代用していらっしゃいますか?
[PR]
by apple142 | 2006-10-28 12:55 | ペルー料理
カマロンがあるのに「チュッペ デ カマロネス」を作らないなんて、ペルー人旦那への虐待と言われても仕方が無いくらいひどいこと、かな?
e0086273_2233946.jpg

「チュッペ デ カマロネス」はペルー人だけではなくて日本人もたぶんどこの国の人もきっと大好きになる美味しいスープ。

私も日本にいるときはペルーレストランに行くと必ずこれを頼んでいた。

玉ねぎとにんにくのみじん切りを炒めて香りが出たらトマトペーストを入れて水を入れる。

きれいに掃除したカマロンを鍋に入れて鮮やかな赤になったら取り出す。

お米、とうもろこし、パパアマリーヤ(黄色いジャガイモ)、そらまめの順で鍋に入れローリエの葉を加えて煮る。

煮えたらキューブに切ったチーズと卵を落として生クリームを加えてオレガノを少量振ってカマロンを戻して沸騰しないように短時間火にかける。

栄耀満点、他には何もいらないってかんじでしょ。

子供も大好き、旦那も大好き。

私のレシピ本にはアヒ アマリーヨ(黄色い辛子)を入れるって書いてあるけどこれは入れなくても十分においしくできる。


これでカマロンも全部食べ終わってしまった。

シンプルにえびのカクテルとかも食べたかったなー。

もう少し暖かくなったら川にとりにいきたいな。
[PR]
by apple142 | 2006-10-22 22:31 | ペルー料理

めずらしく料理ネタ

旦那はペルー人のくせに辛いものが苦手だ。

それでも少し前まではちょっとくらいの辛さなら大丈夫だったのに最近はまるっきりダメ。

子供達でも食べられる甘辛系でさえNG!

あまり体調が良くないからだと思うのだけどアヒ(辛子)は絶対に食べたくないんだって。

ペルー料理でアヒを使わないなんて、醤油を使わない日本料理みたいなもので全然おいしくない。

そんなわけで最近はペルー料理はほとんど作らないことにしている。

ペルー料理も美味しいけど「イタ飯」もおいしいよね。

って、これはイタリア料理でも何でもないけど自分の中ではイタリア料理。

普通にハンバーグだけどズッキーニとパセリがイタリアンパセリだから。
e0086273_12593947.jpg

旦那のハチミツ&オレンジソースがけ。
ソースがけっこうおいしくて旦那がハンバーグを食べ終わった後ご飯をおかわりしてソースにぶち込んで食べてた。
こんな感じにおかずもご飯も全部一皿に盛るのがペルースタイル。
って、なんでイタリア料理なのにペルースタイルにしちゃったんだろう・・?


その日の夕飯、「ペヘレイ」というすごく安い魚のフライ。
12匹で1ソル(35円)。
ハンバーグに使った卵の白身が残っていたのでそこにパルメザンチーズとイタリアンパセリのみじん切りを入れたのでこれも私の中では「イタリア料理」。
付け合せもトマトにズッキーニのオリーブオイルあえだし。
e0086273_130779.jpg



昨日は旦那がリマに出かけていなかったので超手抜き。
トマト、アスパラをパスタとあえただけ。
ほんのりグリーンなのはブラックミントのソース。
ペルーでは「ワカタイ」と呼ばれてる。
e0086273_1303599.jpg


今日の昼はチキンの洋ナシソース。
肉類をワインで煮て何気にあまってる果物をピューレにして加える、ってのが最近の私の流行。
この前は1個だけオレンジが残ってたし、今日は買ってきた洋ナシが思ったより熟してなかったので。
e0086273_1305796.jpg


このソースをバゲットにつけて食べると美味しくて、旦那と二人でバゲット1本食べちゃった。
e0086273_1331817.jpg

バランカではバゲットは入手できないのでこれは先日リマで買ってきてもらったもの。
バターもアルゼンチン産の物ですごく美味しい。
ガーリックバターを作って出したら旦那が感動してくれた。
イタリア人だったら別に普通のことだし何も言わないけど、バランキーノの旦那には珍しい物もけっこうあるのでちょっとしたことで「すごい」とか言われることもよくあって気分がいい。


旦那がリマに行くと私がリクエストする食材は「パン」「チーズ」「バター」が多い。
「SAN COR」はアルゼンチンの会社で乳製品がおいしい。
アルゼンチンは南米の中でも唯一ヨーロッパの香りがする国で食べ物やファッションなども他の国に比べて洗練されている気がする。
e0086273_1323365.jpg


「NUTELLA」はイタリア産の塗るチョコレート。
子供が好きだから絶対忘れないで買ってきて、って本当は私が一番好きだったりする。
e0086273_1324674.jpg





午後に旦那がカマロンをたくさん買ってきた。
これで25ソル、900円弱。
イタリアのトスカーナに憧れている私だけど、海の幸がこんなに手軽に手に入るところはバランカのよいところ。
e0086273_1312478.jpg


ミソもこんなにたくさん。
うにみたいね。
ペルー人、うにやいくらは食べない。
あと、すごくたくさん獲れるのにほとんど輸出用でペルー人は食べないアンチョビ。
e0086273_1314331.jpg



ミソにワインと生クリームを入れてミソソースを作って、にんにくとバターでいためたカマロンをあわせたパスタ。
e0086273_13284.jpg

なんか自画自賛だけど、やっぱりソースが美味しくてランチに続いて夕飯でも二人でバゲット1本いっちゃた。




今週はエリカが病気であまり食事をとれなかったので、おやつならどうかなと思っていろいろ作った。

冷蔵庫を整理してたら今週賞味期限がきれるピーナッツバターを発見したのでピーナッツバタークッキーを作った。
もちろんピーナッツバターもバランカには無いものなので旦那に頼んでリマで買ってきてもらったのだけどほとんど無糖に近いほど甘味がなくて誰も手を出そうとしなかった代物。
でもクッキーは無糖のピーナッツバターで作るからちょうどよかった。
この頃はエリカの口の中にぶつぶつはまだできてなかったので喜んで食べてた。
e0086273_12583262.jpg



チョコレートマフィン。
エリカの口の中の痛みが最高潮の時だったみたいで何かを口にするたびに泣き叫んでた。
当然、マフィンも口に入れたけど「イターイ」って大泣き。
元気になった今でも、お菓子の本で似たようなマフィンが出てくると「これは口が痛いから私は好きじゃない」っていう。
簡単なわりにはおいしくてレオが好き。
e0086273_12585468.jpg



シナモンクッキー。
これも超簡単。
e0086273_12591822.jpg


その他カスタードプリン、ゼリーなんかも作った。



写真を撮って思ったけど、お皿と料理があってないかも・・・・・・。

私は作るのも食べるのもイタリアンが好きなのだけど、うちは食器類はなぜかすべて旦那の趣味でそろえてる。

彼がすきなのはイギリス食器。

自分の趣味に合わない食器は「捨てちゃいな」とか言われてけっこう捨てさせられたな・・・。


なんか、もっと素朴な雰囲気の食器が欲しい・・・・。

って愚痴っぽく終わるのもなんなので、

昨日旦那にうれしいことを言われた(別に旦那が言ったわけじゃないけど)。

今週は旦那がレオの送り迎えをしてくれていたんだけど、先生にレオのお弁当は栄養面のバランスなども含めてクラスで一番いいって言われたらしい。

レオは食の細い子なのでいろいろ工夫しないと全然食べてくれないので苦労はしているけど、先生がそういうってことはちゃんと食べているってことだと思うので一応安心。

お弁当箱が空でも全部レオが食べたかどうかは分からない。

友達にあげちゃってるかもしれないし、最悪捨てちゃってるかもしれないので。

まあ、私も今後もがんばるので旦那も「食費がかかりすぎ」とかぶつくさ言わないで欲しいものだ。
[PR]
by apple142 | 2006-10-21 14:43 | その他

10月のお菓子

エリカの体調が良くない。

熱が出たせいで口の中にできものができて、痛くて何も食べることができない。

ミルクやヨーグルトや水分を少しずつ飲んでいるだけ。

ちょっとろしーたさんのところのチキ君と症状がにているかしら?

空腹なこともあって機嫌も悪い。

私の風邪うつしたかなぁ?

そんなんで薬局へ薬を買いに行ったら10月のお菓子「トゥロン」が売っていたので旦那が買ってきた。

e0086273_12322154.jpg

トゥロンは「セニョール デ ロス ミラグロス」の時に食べるお菓子らしいけど、別に一年中売ってる。

でもこの「インカファルマ」という薬局では10月にしか売っていない。

NAHO MAMAさん、4ソルでした。

どうして日本行くと1500円にまでなってしまうんでしょうかねぇ?

まあ、これはそんなに大きな箱ではないですから容量の問題もあるとは思いますが・・・・。

最初にこのお菓子を食べたときは「こんな硬いお菓子誰が食べるの?」って思ったけど、今では大好きとまではいかないけど、あれば食べたいかなってかんじになった。






最近、気に入ってる花。

時々おばさんが家に売りに来るバラ。

この大きく開く品種、なんていうんだっけ?

買うときはまだ開いてなくて、翌日に大きく開いて、夜になると少し小さくなってまた朝大きくなる。
e0086273_1231172.jpg

黄色が一番大きく開くけどピンクも赤もけっこう大きくなる。
e0086273_12324100.jpg
e0086273_1233498.jpg


なんと、1束1ソル、これ全部で3ソル約100円なんて安すぎると思いません?
[PR]
by apple142 | 2006-10-18 12:34 | 日々のつぶやき

triste

ここのところ、あまり良いことがなくてちょっとブルーな日々。

1週間前に高熱が出る風邪をひいてやっと治ったと思ったら今度はせきがひどく出る風邪をひいてしまった。

やっと治ったのでたまっていた洗濯を一気にと思って張り切ったのだけど、乾かなくて一晩屋上に干しておいたらきれいにすっかり盗まれた。つけ置きしてた洋服と洗剤も盗まれた。

日本でも空き巣に入られた経験があるので「ペルーって国は・・」っていうふうには思わないけど、日本で高価なビデオやパソコンだけを盗まれたのと違って人の着た後の洋服とか使いかけの洗剤とかなんか盗むものがせこくってちょっとしんみりしてしまった。

洗剤といっしょにソフト剤も置いてあって、しかもソフト剤は使いかけの洗剤と違ってまだキャップを開けていない新しい大きなボトルが2つもあったのに盗まれていなかった。

ソフト剤の存在を知らないので自分達には必要のない関係ないものだと思ったんだと推測されるので、それもまたなんかしみじみしちゃってねー。

同じ日に近所のおばさんも被害にあっていて、保湿クリームとかくしとか盗まれたとか言っていたけど、どちらも人の使った後のものはちょっと・・・・・、という類の品物。

実際の生活でペルーの下級層の人と接することはないけど、やっぱりこういうレベルの人が身近に住んでいるってのが現実なんだなー。


あと、毎年そうなのだけど10月は園の創立記念月なのでいろいろな行事があってそれに伴って出費もかさむ。

毎年このころになるとお金の問題で私のまわりでもいろいろとトラブルが発生する。

こっちは頼まれて貸してあげているのに、毎月利子をとったり催促されたりするので旦那はいつも嫌われ者になってしまう。

うちの旦那は周りからよく思われようとかそういう気持ちがあまりない人なので思ったことはずばずば言うし、あまりよく思ってない人もけっこういると思う。

旦那は人のことより、「まずは自分の家族」を優先して考える人なので私達にとっては最高の旦那であって最高の父親なのだ。人のことを気にしたりして私たちのことを二の次にするってことはまずありえない人なのでその分敵も作りやすいのかも・・・。

よく外ではあんなに愛想のいい人が家では結構横暴・・・、みたいなのはよく聞くけど彼はまったく逆で、電話で従業員に怒鳴ったり外では喧嘩してたまに殴ったりもしてるみたいだけど、家では私達はあまり喧嘩はしないし、当たり前のことだと思うけど知り合って今日までただの一度も手を上げられたこともない。

まあ、そんなんでありもしないことをいろいろと言われたりしてちょっと嫌な思いもした。

でもそんな時はいつも「やっぱり家族!」という気持ちがすごく強くなって家族愛に目覚めるのだ。

あとは、どうやらエリカが反抗期らしい。

一日何回「no!」というかしら?少し前までは本当に扱いやすい子供だったのに今は「幼稚園NO」「ご飯NO」「BARNEY、NO」。あんなに好きなチョコレートまで「NO」なんだからこれは絶対
反抗期でしょう?疲れますわ・・・・。



楽しいことも少し。
先週の日曜に行ったフェリア。フェリアは期間限定の移動遊園地みたいなもの。
なつかしい射的。
レオがブラシをGETして私にプレゼントしてくれた。
e0086273_12242761.jpg


その後行った中華料理店で「そばめし」発見。
ペルー名は「EARO PUERTO」(飛行場)だった。
実は日本でそば飯を食べたことがないのでよく分からないけどこれみたいのをそば飯っていうんでしょ?
e0086273_12244487.jpg




レオの空手はすごく上達している。
母親に「継続することが大切」といわれて、エリカの昼寝の時間と重なるので一度くじけそうになったのだけど旦那が連れてってくれることになって続けている。
最初の1,2ヶ月は全然進歩がなくて「こりゃダメだな」なんて思ってたけど3ヶ月目にして進歩がはっきりと目に見えるようになった。
さすがに母の言葉は重いな。
e0086273_12245866.jpg
e0086273_12251586.jpg

写真を撮って初めて知ったんだけど、ここって「サムライ道場」って名前だったんだ。


来週は「ワラル」という町の道場まで遠征試合があってレオも一応参加できるみたいで楽しみにしている。

来年の2月に試験があって合格すれば黄色帯がもらえる。
白ー黄色ーオレンジー青ー黒って帯の色でレベルアップしてくシステム。
「級」「段」とかはないみたい。



今日は金曜なのでこれからジェニファーアニストンの「break up」っていうDVDを見てから寝よう。
かわいいなー、ジェニファー。鍛えてるしなー。
私も来週からはジム行かなくっちゃ!!
[PR]
by apple142 | 2006-10-14 13:45 | ペルー事情

久しぶりのチャクラ

義父の牧場があるのはバランカから車で40分ほどのところにあるプルマカーナというところ。

先日そこで小さな町の祭りがあった。

e0086273_1340941.jpg


ちょっとかわったお祭りで女の人は帽子で目隠しをしている。

男の人はお金を払って女の人と踊るそう。

土曜に牧場に出かけた義父、普段は昼食の時間には帰ってくるのに4時なっても5時なっても帰ってこない。

心配した義母が旦那と一緒に牧場に探しにいったらベロンベロンに酔っ払った義父が激しく踊っていたらしい。

義父は普段はすごく真面目な人であまりお酒も飲まないし、ペルー男子の平均寿命67歳を過ぎてしまったのでもうすぐ死ぬはずだといつも言ってるわりにはたまに踊る姿を見ると別人かと思うくらい若々しい。

義母はワラスの出身で踊りといえば「ワイノ」という山岳地帯の踊りしか踊らないけど義父はワイノからサルサ、ロックまでけっこう何でも踊る。





日曜、私たちは前日義父が乗り捨てた車を取りに久しぶりに牧場に出かけた。

牧場はすっかり春らしくなっていて、前はいなかった牛の子供がたくさんいたので「生命の春」を感じた。

大きな牛は恐いけど子供の牛ならいじめられるレオ。
恐がって泣きながら逃げるエリカ。
エリカはもっと小さい頃は全然動物へいきだったくせに最近はけっこう恐がる。
e0086273_13535818.jpg


七面鳥を捕まえたら5ソルあげる、と旦那に言われて一生懸命追いかけてる。
e0086273_13541498.jpg



関係ないけど、

今月の28日が旦那の誕生日なのでランニングとパンツをプレゼントするといって最近お金をためてるレオ。

ベットメイクや洗濯物をたたんだり、リビングを片付けたりエリカの面倒を見たりすると私は1ソル渡している。

旦那はマッサージしたら5ソルとか、七面鳥を捕まえたら5ソルとか報酬金額が高いわりには仕事自体にあまり意味がないので私はいつも怒ってしまう。

お手伝いでお金を渡すのもどんなものかと考えてしまうけど、その理由がパパへの誕生日プレゼントと家族みんなへのクリスマスプレゼントを買うためだというので一日1ソルを限度にお金を渡してる。

「お手伝い」をすると私が「とてもうれしく」て感謝の気持ちで1ソル渡すという構図を、旦那の行為が全然意味のないものにしてると思うのだけど・・・・。

おかげでレオの貯金箱にはたぶん50ソルくらいあると思う。

これは感覚的には5000円ってかんじかな。ありすぎ!

さらに旦那の悪行をもうひとつ。

e0086273_1474345.jpg


レオにハンドルを握らせるのが好き。

さすがに車の通らないところでだけだけど、牧場に行くと自分ではハンドルを触りもしないでほとんどレオまかせ。

もちろんアクセルは旦那だけどハンドルが100%レオの操作ってのもちょっと恐いものがある。

私はやめてといつも言うけど、レーサーになるためにはもうこれくらいの頃から教育しないといけない、とかいっている。何度も言うけどレオはレーサーにはなりません!!



なーんて、旦那の悪口いっぱい書いちゃったけど、帰り道にクレソン欲しいなー、って言ったら
裸足になって川に降りてくれる優しいひとでもあるんです。
e0086273_14114441.jpg


おかげで美味しいクレソンサラダが食べられた。
e0086273_14155329.jpg

[PR]
by apple142 | 2006-10-11 14:19 | 牧場&畑

e0086273_13333641.jpg


e0086273_13335714.jpg


10月は「セニョール デ ロス ミラグロス」の月。

この月には日替わりで街中の通りを山車が練り歩く。

先週の日曜日の夜には私たちの家の前を山車が通った。

「ミラグロス」とは英語の「ミラクル」の意味で、様々なミラクルを起こした壁画に対して敬意を称している。

義母は熱心なカトリックなのでいつも献花をする。

レオもエリカもカトリックなのでいっしょに飾り付けの風船をふくらましたりすることで少しずつでもカトリック行事について学んでくれればと思う。

旦那が宗教には全然無関心なのでその点では義母との同居で頼るところが大きい。

ペルー人にとってはクリスマス、復活祭と同じくらい大切な行事。

当日、誕生日パーティーに行っていたのだけど店の前を山車が通ったら半分以上の人が通りに出て行ってしまってパーティーが中断状況になったのでやっぱりすごいなーと再認識。
[PR]
by apple142 | 2006-10-11 13:38 | ペルー事情