ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

VACACIONES

2週間のバカンス。

義父は北のほうにある(南半球なので北に行くほど暖かい)「cajamarca」カハマルカという温泉地にでも行ったらどうかと言っていたけど今年はパス。


私は来年に日本への一時帰国を考えているのでとりあえづ節約モードに入ろうかと思って。

本当は今年のクリスマス・お正月に行きたかったけど来年の異3月にエリカの入園を控えているのでちょっと無理かな。

こちらの夏休みは約3ヶ月あるけど日本は一番寒い時期なんだよね・・・、それがちょっと心配。

7月のバカンスは日本の季節はいいけど2週間じゃあちょっと短すぎるしな。


ディズニーランドとサンリオピューロランドは子供達を絶対に連れて行きたいところで、私は独身時代に住んでいた横浜と、結婚してから住んでいた船橋に行きたい。住んでいた近辺は別に何もないけどよく出かけた幕張は最近IKEAもできたみたいだしいろいろ新しくなってると思うので。

あー、車がないな。実家には車がないし、海外流浪の民と化してしまった姉家族はさすがに車は処分済みだろうし・・・・。親戚の人からかりれるかな??とかまだまだ、すっごく先の意話なのに毎日いろいろ考えて楽しい。


ペルー内を旅行した時は贅沢旅行ができたけど、逆に日本に行くとなるとかなり節約が強いられるはず。ペルーに比べると桁違いな物価なので。

あまりお金がかからないで、できれば屋内で、静岡からあまり遠くないところ、どこかお勧めがあったら教えてね。

あと、姉さんお母さん、マイレージあまってない?半額で売ってくれる?
[PR]
by apple142 | 2007-07-27 01:06 | ペルーでの休日

今年の冬はみんな元気

長男の学校は明日から独立記念のバカンスに入る。

休み前は連日テストがあるのでその勉強がけっこうきつかったけどなんとかがんばって2週間のお休み。

長男は3月に小学校に入学してから1日も学校を休んでいない。

私も先生に言われるまで気がつかなかったけどそうなんだな。

クラスではレオただ一人が皆勤賞だそう。

これはかなり褒められること。

子供が元気でいることは親にとっては何よりも嬉しいことだし、学校に行くことが嫌ではないという証拠でもあると思う。



昨年は病気がちだったエリカも今年は絶好調!!

家ではエリカは「のびのび」と呼ばれているほど、本当に毎日のびのびと自由気ままに生きている。

こういう人のことをスペイン語では「BUENA VIDA」素晴らしき人生、と言うけれどほんとそんなかんじ。

朝はかなり遅くまで寝てるし、好きなときに食べて好きなように遊んで、好きなときに寝て・・・。

本当は生活リズムをちゃんと作ってあげないといけないのかもしれないけど、こんなに自由に暮らせる時期なんて今しかないし、私も今は専業主婦なので別に夜遅くまで起きていられても気分的に余裕を持って付き合ってあげられるので、まっいいかと思って。

そんなストレスレスの生活で病気をぜんぜんしないので、エリカ、今すっごい太ってる。


まだまだあと2,3ヶ月は寒いけど(といっても15度前後)、なんとかがんばって元気に冬を越そうね!
[PR]
by apple142 | 2007-07-25 12:39 | 子育て

INTI RAYMI

INTI RAYMI(インティ ライミ)はインカの太陽の神様のお祭り。

毎年6月にクスコのそばの「サクサイワマン」というところで盛大なお祭りが行われて、今年はキャメロンディアスが来たのでペルーのテレビでは連日大騒ぎだった。

キャメロンはホテルは3つ星クラスの普通のホテルに泊まっていたし、電車もバックパックランクを使ったりしていたのがすごく彼女らしくてますます好きになった。

今年はビルゲイツなんかもクスコに来たりした。



長男の学校では先週このインティライミが行われた。

e0086273_1263427.jpg



レオは「LIMPIADOR」といって、インカの通ったあとをほうきで掃いて掃除する人の役。

いつも衣装は貸衣装店で2,3日前に借りるのでいつもの通りと思っていたら、今回は出演する子供の数が200人近くいてどこを探しても衣装がない。

しかたがないので手作りした。

しかも2日前に。デザインも分からないのに・・・・。

2日徹夜してなんとか作ったけど、型紙のない洋服ってどうやってつくるの?
[PR]
by apple142 | 2007-07-25 12:17 | ペルー事情

洋服届きました。

お母さん、洋服届きました。
サイズは二人ともぴったりでした。
e0086273_11501058.jpg

そういえば、兄妹でお揃いの洋服って買ったことなかったなー。
なかなかかわいいものですねー。
e0086273_11503626.jpg


お父さんからの塗り絵も喜んで遊んでいます。

いつもどうもありがとう。
[PR]
by apple142 | 2007-07-24 11:56 | 子育て

las 7maravillas del mund

先日テレビで「las 7maravillas del mund」というのを見た。

世界中の遺跡や建造物の中で最もすばらしい7つをインターネット投票で決めるというもの。

日本では話題になっていたのかどうかしらないけれど、ペルーでは数ヶ月前から「マチュピチュに投票しよう」などと結構騒がれていた。

これって自国の人が一生懸命投票すれば上位に食い込めるのであまり公正とは言えないかもしれないけど選ばれればやっぱり嬉しいもの。

日本では清水寺がエントリーしていたけれど日本人、あまり関心なかったかな?

投票数の順位は忘れてしまったけど以下の7つが選ばれた。

ペルーの「マチュピチュ」
中国の「万里の長城」
ローマの「コロッセオ」
ヨルダンの「ペトラ」
ブラジルの大きなキリスト像(なんなのかあまりよく知らないのでこんな風にしか説明できない)
メキシコの「チチェン・イッツァ」
インドの「タージマハール」


エジプトのピラミッドとか入ってないのが意外でブラジルのキリスト像とかが入ってるあたりがなんか「愛国心強そうー」 ってかんじ。

私はマチュピチュの他にはメキシコのチチェンとローマのコロッセオに行った事があるけれど、チチェンは規模もマチュピチュよりも大きくてなかなか興味深いところでおすすめ。

ヨルダンやタージマハール(たしかここが1位だったはず)は是非一度訪れて見たいところなのだけど旦那が異宗教の国にはなかなか出かけたがらないので一生行く機会はなさそうで残念・・・・。

日本にいる時も私が安産祈願するといっても鳥居の外で待っているし何かというと「神様同士が喧嘩する」といっていた彼、さぞかし敬虔なクリスチャンかと思いここに来たけど、ぜんぜん宗教心なんてない人で驚いた。


クスコ・マチュピチュはペルー人の誇りで誰もが愛しているところ。

私も訪れた時には心揺さぶられるものがあった。

マチュピチュに並んで私はチチカカ湖が大好きなのでクスコに行く際にはプーノとセットにすることをお勧めします。
[PR]
by apple142 | 2007-07-15 14:12

初めての経験

先日、エリカがおねしょをした。

これは二人の子育てを通して初めての経験。

長男はオムツが取れた時期がかなり遅かったのでパンツになってからおねしょをしたことは一度もなかったし、エリカは小さい頃から夜に変えたオムツが朝に濡れてるということがあまりない子だったのだ。

その前の日にすっごく久しぶりに大学時代の友達に電話をして彼女の子供のおねしょの話になって「うちは一度も経験がないんだよー」と言ったばかりで、その日に彼女の子供がおねしょをする夢を私はみたりして、なんか不思議な感じがした。



翌日、エリカにどうしておねしょしちゃったの?いつも教えてくれてたじゃない?って聞いたら、

「夢の中でちゃんと一人でトイレに行っておしっこをしたんだよ」と言った。

自分ではトイレに行ったつもりだったのかーーー。

で、その日を境におしっこをしたくなっても私を呼ばないで一人で勝手に行くようになったのだ。

なーんか水が流れてる音がするなー、と思ったらエリカが用を足し終えてズボンをはいているところだった。

まー、あなたも早く自立しちゃうのねーーーー。




そういえば、先日エリカの誕生会に呼んだ2歳児は全員オムツが取れていた。

日本にいたときの長男の友達のことを考えるとペルーのオムツはずれの平均時期はかなり早いと思う。

エリカは2歳3、4ヶ月ごろだったけど、彼女達はかなり慣れたかんじで我が家のトイレに行っていたのでこの夏にトイレトレーニングをして2歳ジャストくらいから2歳2,3ヶ月でトレーニングを終えてると予想される。


ペルーではオムツは高級品だし、家もコンクリートやタイルなので歩き始めると同時くらいにオムツをとって垂れ流し状態にする人も多いらしい(私の友達は違うと思うけど)。日本では絨毯とかたたみがあるのでそれはちょっとね・・・・・。
うちも絨毯ひいてるのでエリカのトレーニングの時は何回もクリーニングに出して大変だったし。


ベッドに防水シート敷こうかなーと思ったけど、エリカを信じて今までどおり普通で行くことにした。
[PR]
by apple142 | 2007-07-13 12:05 | 子育て

エリカ3歳の誕生日

長男の誕生日に引き続き、先週はエリカの3歳の誕生日だった。

3歳か・・早いなぁ。

幼稚園に行っていないのでまだ友達もいないのだけど、長男のクラスメートで妹2歳という子が3人いるのでその子達を招いてこじんまりとパーティーをした。
e0086273_11214358.jpg

少人数でも人を呼ぶとなると家族の時と違っていろいろと気を使う。

一番気合が入ったケーキ。
我ながら上出来!
e0086273_1122684.jpg




写真を向けるといろいろなポーズをとるのでおもしろい。
20分くらいあきもしないでポーズを決め続けてた。
e0086273_11223354.jpg


3歳か、なんか早いなー。
長男のときはやっと3歳、って思ったんだけどねー。

今年は二人とも地味にお祝いしたので来年は100人くらい呼んでエリカのパーティーするって私は決めてるんだけど、また却下されたらどうしよう・・・・。
[PR]
by apple142 | 2007-07-13 11:34 | 子育て

レオ7歳の誕生日

少し前の話になってしまったけど、6月28日は長男の誕生日だった。

長男の通う学校は1学年に一クラスずつしかないので今のクラスメイトとは卒業までずっと付き合うことになる。

そんなこともあって、クラスの友達やその家族、先生とも知り合いになれるように今年の誕生会は盛大にやるつもりで実家の父に電話してパーティー費用も調達して私はやる気満々だったんだけどね、

彼が「フィエスタなんてガキじゃないんだからサーやだよ!」って言うのよ。

まあ本人がやりたくないって物をやっても仕方がないので家族だけで祝うことにしたんだけど、ほんとにもう子供チックじゃなくなっちゃったのね・・・、ってお母さんは寂しかったですよ・・・。

プレゼントの要求も携帯電話とかいっちゃって、もうおもちゃなんて欲しくないのね・・・・・。

唯一子供らしいリクエスト、ナンバー7のケーキってのが可愛かったな。

e0086273_1119258.jpg



お父さんとお母さんから送ってもらったお祝い金で2階建てベッドを買うことにしました。

バランカではたいした物が売っていないので7月の中間バカンスにリマに行って買うことにしました。

買ったら子供達に電話させますねー。
[PR]
by apple142 | 2007-07-10 11:28 | 子育て
少し前に姉のブログで私の握力のことが話題になって「そんなに力があって何か得したことある?」って聞かれたけど、今日は初めて私の握力が役にたったという話。




私は小学生の5年生くらいの時の握力が左手45、右手46で学年の女子の中で一番の怪力女だったのだ。

確かに私は力があって引越しの時に重いたんすなんかを母と一緒にホイホイ運んで引越しやさんに「うちで働かない?」とスカウトされたこともあるくらい。

そんな怪力、これまでは「チカちゃんに物を貸すといつも壊される」とか姉に言われたりしてあまり活躍の場がなかったのだけど、今日は本当に自分の力を存分に発揮できた。



日曜なので皆で外で食事をしようと、昼の1時半に義父の店に集合ということになった。

旦那は自分の店から直接行くというので私は子供二人を連れて出かけることに。

モータータクシーと言うバイク型のタクシーがここのところ頻繁に事故を起こしていて何人もの人が亡くなっているので我が家ではモータータクシーが禁止になってるのだけど、家の前の通りはなかなか普通のタクシーが通らない。

仕方がないので大通りの方まで探しながら歩いていった。

義父が魚が食べたいと言っていたのでビーチに行くかもと思って子供達のコート2着を手に持って、最近はお出かけの時はエリカのお絵かきセットを持っていかないといけないのでそれも持って子供達の手を取って、自分のバックも持って・・・。

日曜なので私には目面しくスカートにヒールの高いロングブーツでいつもよりは女らしい装い。


なんかもろに狙われやすい雰囲気が満々だけどやっぱり狙われていて、子供達と歌を歌いながらまったり歩いていたら急に後ろからバックを引っ張られた。

大体ひったくられる時ってこの一瞬で手から離れちゃうと思うんだけど、まったり歩いていた割には握りは強かったみたい。

その後も泥棒は何度も何度もバックを引っ張るんだけど私も負けじとバックをひっぱり返して最後には泥棒もあきらめて逃げていった。

こういう時って相手がナイフを持っていたりすると危険なのでバックはあきらめて身の安全を第一に考えた方がいいというけど、今日の泥棒は見るからにみすぼらしくてまずピストルは持ってないだろう、ナイフを持ってるかもな?と思ったけどこの人のナイフじゃあ私がけっこう奮発して買った日本製のトレンチコートに穴を開ける事すらできないだろう、という判断で対決に踏み切った。

そういえば握力だけじゃなくて肺活量もすごくあるのですごく大きい声を長時間出せるの。

で、すっごい叫び倒してたんだけど、昼間で人通りもけっこうあったのに誰も助けたりしないのね。けっこう冷たいなーと思った。


バックにはお金も少ししか入ってなかったし今日はデジカメも入れてなかったのだけど、家中の鍵が入っていたので絶対に盗まれたくなかった。

ペルーでは一部屋ごとに鍵をかける習慣なのでもしバックを取られていたら11個のドアの鍵を今日中に変えないといけなかったのだ。

大柄な人ではなかったけどいちおう男だったのにまあよくがんばったなーと。

そんな事件の後で食事なんてできるかしら?なんて思ったけど全然普通に食べた。

母になって私も強くなったなーと思った。


でもこれからはバックはもうやめて財布と鍵は身につける、あまり歩かないで車を使うようにして気をつけないといけないな。
[PR]
by apple142 | 2007-07-02 13:30 | ペルー事情