ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

長男の好きなケンタッキーみたいなビスケット。
パイみたいな層を作るために生地を折り曲げて貼り付けたりしています。
そしてこの層は丸型より四角いほうがきれいに出るというのが私の感想。
e0086273_1242226.jpg


とっても懐かしい味のチョコフレーク。
四角い箱に入ったチョコフレークが大好きで私の遠足のお菓子の定番でした。
e0086273_1251735.jpg


beterragaという赤かぶみたいな野菜のスープ。
生クリームを入れるときれいなピンク色になってかわいい。そしておいしい。
e0086273_1271078.jpg


生クリームといえばちょっとショックな出来事。
バランカで唯一液体の生クリームを売っていたお店に昨日行ったら売り切れでした。
今度いつきますか?と聞いたら「高くてあまり買う人がいないからもう仕入れない」と言われました。が~~~~ん、でした。

この生クリーム砂糖入りで甘いのに我慢して使ってたのにそれさえなくなっちゃうなんて・・・・。
これからアイスクリームの季節で必需品なのに・・・。
どうしましょう?






さて、先日いろいろなブログに遊びにいっていたら、国際結婚の若い夫婦のブログに到達しました。
旦那さんがアメリカ人で奥さんが日本人、日本在住です。
お子さんが小さかったのでまだ結婚したばかりでしょうか?

言葉のすれ違いでよく喧嘩をするようでした。

私も日本にいたころは「言葉」のすれ違いやちょっとしたニュアンスの違いなんかでよくよく喧嘩をしていましたっけ。
妊娠中そして子育てと仕事の両立で忙しかった時期でもあって気持ちにあまり余裕がなかったのも原因だったかな、と今となっては思ったりもします。

結婚して8年目、そういえば最近はそういった言葉の問題で喧嘩することはほとんどなくなったかな~。

私たちは彼の両親と同居なのであまり大きな喧嘩はしませんが、だってまずかっこ悪いでしょ、それからただでさえいろいろ心配事の多い義父義母なのであまり余分な心配をしてほしくなくて「とりあえづ私たちはとても順調です」ということにしておきたいのです。

あと私が思うのは、女子はそういった些細な言葉のニュアンスにとても敏感に反応しますよね。でも男子はあんまりそういったことには無頓着でほっておいてくれるところがあるんだと思います。
私のスペイン語はむちゃくちゃなので逆の立場だったら毎日すごい喧嘩になってると思うのです。
実際に私がお手伝いさんに言う言葉に対して「けっこうトゲあるよね、お前の言い方」なんて旦那に言われたりします。
でも意地悪く言うんじゃなくて笑いながら「ひどいな~」って感じなので私も「エッ?何で?」って終わるのです。

この点はペルーで暮らしていることに軍配があがります。
私は「言葉」の仕事をしていたこともあって非常にあげあし取りですから日本で暮らしていたら今でも喧嘩は絶えなかっただろうな。

まぁそんなことを思いながら少し旦那に感謝した夜でした。
[PR]
by apple142 | 2007-11-24 02:19 | 日々のつぶやき

はやいもので

早いもので今年もこんな季節になりました。
e0086273_13433987.jpg

パネトン大好きな旦那が早速買ってきました。
これから先1,2ヶ月の間にいったいいくつのパネトンを食べることになるのかな~。
箱入りよりもかなり値段が高い化粧缶入りは毎年ひとつずつ買い足して缶のコレクションをしています。
「DANAFRIO」というメーカーの物は柄が可愛くてパネトンも美味しいので私はDANAFRIO派です。
お菓子材料とかいろいろ入れたい物はあるんだけど子供たちがおもちゃをしまったりしてなかなか私の番までまわってきません・・・・。


先日たくさんの蕾をつけていたバラは満開になりました。
その数日後にこの花はけっこう短い寿命で散ってしまったのですが次から次へと新しい蕾が出てきてまた今満開になっています。
花の鉢は最初の頃いくつか失敗した経験があったのでなかなか育てる気持ちになれずにずっとグリーン系に逃げていたのですが、旦那が買ってきてくれて私が育てたこのバラのお陰で少し自信がつきました。
花の鉢もこれから少しずつ増やしていこうかと思っています。
e0086273_13441024.jpg



午前中はいろいろな事をお手伝いさん任せにして体力を温存し、午後からお菓子を1種類か2種類、パン1種類、そしてランチメニューの検討を兼ねた夕飯を作るというのが私の最近の過ごし方です。
e0086273_13443851.jpg


ここ数日はマフィンの研究をしています。
一日目、バナナチョコマフィン
二日目、オレンジチョコマフィン
三日目、クリームチーズナッツマフィン
四日目、ダブルオレンジマフィン
さすがに明日は作りたくないです。

そして私の作る物にはすごく大きな欠点があることが発覚しました。
とっても原価が高いんです。
バランカでマフィンは1個1ソル程度で売られているのですが、私のマフィンは原価が60%くらいいっちゃってるんです~。
チョコチップ、クルミ、バターも高いものを使ってるし・・・。
旦那いわく、10%くらいの原価で90%の儲けにならないといけないとか・・・。
絶対無理です。
逆にそんな安く売ってるケーキとかの材料っていったい何?という疑問とともに買って食べるのがおそろしくなりました。
バランカの人も材料が新鮮で美味しいものにはお金を出すと言うことに慣れたほうがいいと思うので私は自分のスタイルはあまり変えないで売価を上げるつもりでいます。
が、商売人の旦那がなんていうか・・・・。
チーズマフィンはとっても美味しかったんですがクリームチーズがバランカでは高級品なのでそこにナッツやベリー系を入れるとまるでボランティアみたいになってしまうのでこれは私もさすがにあきらめました。
今日作ったダブルオレンジはオレンジの果汁と手作りのオレンジピールを沢山入れた風味豊かな仕上がりになりました。果物は比較的安くて新鮮な物がいつでも手に入るのでこれからは果物を中心にしたレシピを考案することにしました。

南国なだけあってトロピカル系のフルーツは本当に美味しいです。
私はオレンジとプラムが特に美味しいと思っています。

逆に、りんご、桃などの秋の果物は断然日本の物が美味しいです。
最近はバランカでも「ふじ」りんごが手に入るようになったのでよく食べるようになりましたがやはり日本のりんごにはかないません。
以前姉から送ってもらった○○会社役員室御用達りんご園の青森産のりんごの味が忘れられません。
そして桃、ペルーの桃は黄桃なのでやはりあの瑞々しく熟れた白桃を食べたことがある人間にとってはやはり物足りないでしょう。
あ~、白桃食べたいな~。
[PR]
by apple142 | 2007-11-22 14:39 | ペルー事情
やっと写真を取りに行ってきました。

この背景が「鎌倉」だそうです。
鎌倉かどうかは?ですが何となく日本の雰囲気はありますね。
e0086273_053662.jpg


二人とも笑っている唯一の写真。かわいい。
e0086273_0533921.jpg


エリカの希望で背景にプリンセスを入れたもの。
e0086273_057855.jpg




お母さん、この画像ではいまいちですが実際はもっと良く撮れているので引き伸ばして送りますので楽しみに待っていてくださいね。
[PR]
by apple142 | 2007-11-20 01:04 | 子育て

keke navideno

アメリカのマリさんが今年の旦那様のお誕生日にペルー風の手作りケーキに挑戦してみたい、ということでレシピをひとつアップします。

keke navidenoとありますが、お誕生日ケーキもクリスマスケーキも中身はほとんど変わらないです。

気が付けばクリスマスも間近ですね~。
これは毎月電気の請求書の中に同封されている小冊子「contigo」に掲載されていたレシピ。


この小冊子のレシピは簡単で材料も一般的で手に入りやすいのがいいところ。
ペルーのお菓子の配合は私好みではないのでペルーレシピでお菓子を作ることはあまりないですがこれはまずまず美味しいです。

前置きが長いですね。

e0086273_6554647.jpg


(材料)
バター、またはマーガリン  200g
砂糖 3/4カップ(ペルーの1カップは240mlタイプです)
卵 4個
小麦粉 3カップ
ベーキングパウダー 大さじ1
レモンのすりおろし 小さじ1
牛乳 1/4カップ
レーズン 80g
 
(準備)
レーズンはぬるま湯につけておく。その後乾かして軽く小麦粉を振っておく。
小麦粉はべキングパウダーといっしょにふるっておく
型にバターを塗って小麦粉をふっておく
バターと卵は室温に戻しておく(特にバターは指がスッと入るくらいやわらかく)

(作り方)
①バターと砂糖をボウルにいれてクリーム状になるまで混ぜる。(お湯をはったボウルで湯せんしても良いですがバターが溶けないように)。
②卵をひとつひとつ入れながら混ぜる(卵が冷たいと分離しやすいです)
③レモンのすりおろしを入れる
④小麦粉とベーキングパウダーを混ぜたものを一気に入れる。
⑤木べらに持ち替えて(それまでは泡だて器でした)切るようにさっくり混ぜる。
⑥人肌の牛乳を入れる
⑦型に流し180度で25分焼く(私は22センチ丸型ですが35分から40分焼きます。型の大きさとオーブンの種類にもよりますので様子を見ながら焼いてください)

〔デコレーション〕
卵白 1個分
レモン汁 数滴
粉砂糖

①卵白(冷蔵庫で冷やしおく)でメレンゲを作る。
②レモン汁を数滴加える
③粉砂糖(何故か分量が書いてないないのですが、200gから300gくらいだと思います)を加える。
 
十分に冷ましたケーキにデコレーションjをのせる。

市販のMMチョコやアザランやキャンディー、またはフルーツ、ナッツ、削ったチョコレートなのをのせれば更に華やかに。

以前の私のケーキを見たら食用の緑のインクを数滴たらして色をつけて削ったチョコをのせてありました。
ろうそくは花火タイプの長いものが華やかに見えますね。


私はケーキの本体にナッツ類をたくさん入れるのが好きです。
ペルー人好みのナッツ類はぺカーナ(日本語、何でしたっけ?ピーカンナッツとか言いましたっけね)と推測します。
[PR]
by apple142 | 2007-11-13 07:17 | ペルー料理

七五三

今日は子供たちの七五三をした。

といっても神社に行くでもなし着物を着せて写真を撮るだけだけ。
でもかわいかった~~~。

今日は日曜で「まぁ上手い」と評判の美容院は全部閉まっていたのではじめてのお店へ。
ちょっと冒険だったけどまあまあ可愛くやってもらえた。
e0086273_1034711.jpg

フォトスタジオへ行く前に玄関前で。
レオは7歳なので着物着せなくてもよかったのだけど旦那がどうしても二人着物で写真を撮りたかったので4年前の着物を・・・・。
さすがに小さいぜ。
e0086273_1042586.jpg

バランカにも少し前に子供用のフォトスタジオができたので行ってみた。
カメラマンはやっぱり日本語が上手だった。
バランカで新しく何か始める人は大体何年間か日本で働いてお金を貯めた人が多い。
機材とかいいものを揃えようとしたらある程度のまとまったお金が必要だものね。

鎌倉の背景を持っていると言うので二人で写っている写真のバックを「鎌倉」にしてもらった。
二日後に写真ができるのでしばらくお待ちくださいね~。
e0086273_104509.jpg

[PR]
by apple142 | 2007-11-12 10:18 | 子育て

エリカ動画 第2弾

つい先日貼り付けたばかりの動画なのに、今日またやってみようと思ったらすっかりやり方を忘れてました・・・。

最初に貼り付けに成功した後「これで大丈夫」と確信したので貼り付けまでの工程を何一つ保存していなかったので今日もえらい時間がかかってしまいました。





かわいいな~。
本当に歌と踊りが好きで、お絵かきもお手伝いもご飯も大好き。
来年は幼稚園だけど手放したくないよ~~~~、という心境です。

e0086273_743779.jpg

女子は麺好きと言いますが、私もエリカもパスタが大好き。
「タジャリン サルタード」といって塩味のわりと平凡なパスタなのですが3回もおかわりしました。
反対に長男は麺類はどちらかというと苦手で、何が食べたい?と聞くとだいたい「アロスコンポーヨ」といいます。要するに肉と米しか食べたくないってこと。

お手伝いでよく登場するのがグリンピースのさや取りです。
ペルーのグリンピース、絶品です。
私は日本ではグリンピースが嫌いなものナンバー3に入るくらいだめでシュウマイの上のものもよけていましたが、よく考えると自分で料理するときはほとんど缶詰を使っていたのでそれでおいしいと思えなかったのだと推測しています。
さやから出したばかりの新鮮で大粒なグリンピース、おいしいです!
ペルー料理ではグリンピースがとてもよく登場するのも納得です。
e0086273_761069.jpg


次回は長男の動画に挑戦したいのですが、最近は撮られるよりも撮るほうに興味があるようでなかなか撮影させてくれません。
[PR]
by apple142 | 2007-11-11 07:22 | 子育て

ハード系パン

最近ハード系のパンに凝っている。

難しいかな~と思ったけどオーブン40℃でしっかり時間を計って発酵すると意外に間単にできることを発見したので発酵カゴ買っちゃいました!
日本で買ったので届くのはまだ先だけど楽しみ!!
ただのカゴなのに(たぶんただのカゴじゃないと思うけど)けっこう高かったのではまり続けないとな~。

「ブール」はハード系の中でも好きなパン。
サンドウィッチにして朝食に。
あ~、久しぶりの味~。
日本にはうまいうまいヨーロッパのパン屋さんの支店がたくさんあってどれもこれも本当においしいけれど、私は日本で一番好きなパン屋さん(パン屋さんとか言わないよね、ベーカリーだよね)はリトルマーメイドなのだ。
そこのフランスパンサンドは独身時代の私の夕食に週に4回は登場してたはず。
そんなリトルマーメイドに近い味がしておいしかった~。

パンには薄くバターとマヨネーズ(リトルマーメードもそうだったけど白っぽいマヨネーズ)、マスタードを塗って、レタス、トマト、ハムチーズ、ゆで卵をはさんでペルー人はオリーブをよく食べるので調度あったので入れてみた。
e0086273_6205231.jpg


旦那が「硬い硬い」というので夜にはブルスケッタにして出したら喜んで食べました。
ブルスケッタを食べるたびにいつも思い出すのが独身時代にSさん宅でみんなで食事をしたこと。
今日も、料理好きの当時のSさんの彼がワカサギの南蛮がけの味付けに酢が多すぎたのではと嘆いていたことを思い出しながらパンににんにくを塗りました。


発酵時間中に作ったティラミスいまいちでした。
でもティラミス探しはあんまりしたくないな~。
コーヒー味がアウトなので子供たちが食べてくれないから。

昨日は基本のブールに胚芽、くるみ、レーズンを入れてみました。
クリームチーズとジャム(マーマレードはあうけどイチゴはいまいちでした。ブルーベリーは大好きだけどペルーでは見かけたことがありません)でたべるとうまい。

私のハード系のパンのレシピ本はイタリアパンなのです。
当時、ピザ、フォカッチャ、パニーニとか好きだったので。
おっさんみたいに「かたいな~」という彼のためにソフトフランスを焼きたいのでぜひともフランス系のパンレシピがほしいところ。
しばらくはネットサーフィンが続きそう。

以前張り切っていた自然酵母は本当に腐ってるのか発酵してるのかその境がよく分からなかったのでやめました。
e0086273_6201167.jpg

[PR]
by apple142 | 2007-11-11 06:55 | ペルー料理

春の息吹

朝晩はまだ寒いときもあるけれど、確実に春の訪れを感じる今日この頃。

小さな苗木を買って育てたバラ、こんなに沢山蕾がついてるの、楽しみ~!
e0086273_4275010.jpg


最近はまっているのがハーブの栽培。
ミントみたいな香りがする「イエルバ・ブエバ」、日本では何だろうか?とローズマリー。
e0086273_4365657.jpg

オレガノ。
e0086273_43727100.jpg

少し前まで何もなかったベランダも今ではジャングルのよう。
e0086273_4402943.jpg

義父が買ってきて植えたブーゲンビリアはこれからの夏場すっごい成長するので毎週末に枝カットが必要になるから旦那たいへんだぞ~。
e0086273_4474892.jpg


個々の花や観葉植物はそれぞれ好きなんだけどね、悲しいかなやっぱりガーデニング初心者、全体のコンセプトがないというかまとまりがない。
かけ離れていてあまり参考にならないとは思うけど、イングリッシュ・ガーデン撮影の旅に出てみるってのはどうよ、姉さん。
e0086273_4414170.jpg



なんか、最近やってることがめっきり昔の母親そっくりだわ・・・。
[PR]
by apple142 | 2007-11-11 04:50 | ペルー事情

今日はドーナツ

きのう旦那がリマに行ったお土産にダンキンドーナツを買ってきた。
しかもすごいちょっとだけ。

さすがに子供たちからブーイングが出たので作ってあげた。
たまにしか行かないんだからたくさん買ってこいよな!


私がオールドファッションを食べたかったので久しぶりに発酵・型抜きのドーナツを作った。
発酵ドーナツは無発酵に比べると軽く仕上がるしカロリーも低いのでおすすめ。

e0086273_12413229.jpg


今日作ってみてドーナツはあまり凝った材料を必要としないので材料単価がかなり安いことを発見したのでこれもメニュー化決定にした。

旦那はサクサクよりもっと柔らかいドーナツが好みとのことなので次回はハニーディップ風かフレンチクルーラー風にしてみよう。
[PR]
by apple142 | 2007-11-05 12:58 | 日々のつぶやき

カフェするかも

もしかすると来年マイカフェをオープンするかもしれないっていう話になってる。

いま旦那が借りている店舗ってけっこう古いのでオーナーが来年早々改築するそう。

きれいになったら半分を使ってレストラン・カフェをやったらと旦那に言われたのでやって見ることにした。

私はたいした物は作れないけどペルーのいいところは少ない資本金でお店を始められること、調理師免許がなくても飲食店を始められること、駄目だったとしてもあまり大きな痛手とならないことなどなど、あんがい簡単にはじめられる。

でもやっぱりやる以上は繁盛店にしたいし、テニスクラブを作る資金もためたいのでがんばるつもり。

私たちが2年前くらいに買った土地は50m×15mでテニスコートを1面作るとあとの施設があんがい小さいものになってしまうので少し買い足したいと思って聞いてみたら、購入当時1㎡あたり20ドル程度だったのが100ドルに値上がってた!

それって喜んでいいのかもしれないけど、もっと買っとけばよかったという気持ちのほうが強くってなんかがっかりしてしまった。



そんなこんなんで最近はメニューの試作に忙しい。

本当に素人なので(でもバランカって素人くさい人がいっぱいお店出してるので私も許されるかなという気持ちになるのよ)あまり種類は作れないので自分が得意で自信があるもの少数に絞るつもり。

私はタルトが好きなのでキルフェみたいにタルト専門もいいかなーと思ったけど一応いろいろ試作してみてる。

生クリームの残りを使い切るために作ったロールケーキ。

e0086273_12342121.jpg

最初はあまりうまくできなかったので「苦手なものはメニューにいれなくてもいいよな」と思っていたのだけど旦那と子供たちがあまりにも食いつきがよかったのでメニュー化を決定。

卵黄・卵白の共立てでつくっていたのを別立てにしたらけっこう感じがよくなったのでこれでいくことに。連続で3本焼いたぞ。

しかし私の天板25cm×25cmなのであまりにも小さなロールケーキ。

こんなの一口で食べきっちゃうよ。

最低30cmの天板が必要かと。
[PR]
by apple142 | 2007-11-05 12:44 | 日々のつぶやき