ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

父の誕生日

9月21日は父の誕生日でした。

ペルーの習慣にならって実家の父に電話をしました。

8月に姉がイギリスより帰国し近所に住むようになったので皆でランチをしに行くと言っていました。

父の日は一人で家にいた父なので姉家族が帰国してまた少し賑やかになるだろうと思うととても安心です。


電話で父は中国からの輸入牛乳に不純物が入っていたなど中国製品の劣悪さについてひとしきり語り満足そうでした。

昔からあまり父の話には耳を傾けない娘ではありましたがここのところ先日の年金の件などもそうですが何となく「フンフン」と思うことがよくあります。


今回も父が「まぁペルーではそういう心配もないだろうけど」と言ったのをきっかけに「エーッ、ペルーだからこそ心配なんじゃない?」ということを再確認、もうチーファも食べに行けないな。


バランカで売っている中華麺が非常にまずいので買ったことはほとんどないのですが、中華麺もワンタンの皮も調味料等ももう一切買うことをやめようと思います。
だってペルーは検査とかしてなさそうだから大きなニュースにならないだけで相当あやしいと思うんですよ・・・。


もうそう思ったらじっとしてられない性格なんでね、さっそく作りましたよ。
e0086273_1218426.jpg


焼きうどんは中華じゃないけど餃子の皮とベースが一緒なので半々で作りました。

先に餃子の皮を作ってからうどんを打ったのですが、パンなんかとは比べ物にならないくらい生地が硬くて前半戦でちょっと力尽きたかんじです。
もう少し細い麺にしたかったんですがこれが限界でした。
パスタマシーン欲しいかも・・・・。

でも焼きうどんはもう1週間も前からずっと食べたいと思っていたので非常に満足です。
ちょっと甘めにテリヤキ風の味付けにのりをたくさんのせてなかなか美味しかったです。
ペルー人はのりが駄目な人が多いですが子供たちは海苔好きです。



明日は餃子です。
醤油はキッコーマンも味の素もあるので大丈夫なんです。
[PR]
by apple142 | 2008-09-26 12:29 | 日々のつぶやき

ある日曜の午後

暦の上では春になったペルーです。

午後に日差しが差すことが多くなってきましたが午前中は小雨がちらついたり肌寒かったりします。

よって休みの日の過ごし方もとっても地味ですが、先日は久しぶりに義父の畑あたりを散策しに行きました。

この畑は規模は小さいですがバランカの市外から10分ほどの近場にあります。
きれいに一列に並んで歩いてますね~。
e0086273_11231869.jpg


この畑は賃貸にしていますが今はかぼちゃを栽培していました。
ペルーのかぼちゃはとても大きくて味は薄いです。
煮ても「ホクホク」という感じにはならなくて水っぽくなります。
e0086273_11264718.jpg
e0086273_1127355.jpg



この畑の脇に新しいパン・アメリカン道路ができ開通を待っています。
e0086273_11312048.jpg


地価も上がり義母はうれしそうです。
旦那は「カンペストラ」というガーデンレストラン田舎風みたいなものを将来的にやりたいな~とか思ってるみたいです。

もちろん私の希望は「テニスコート&ゴルフ打ちっぱなし」ですが、実入りが少なそうなのでまず却下だろうな~。

e0086273_11344630.jpg

でも今はまだこの辺の主な交通手段は馬、子供たちに何かいい商売を考えてやってもらうことになりそうです・・。
[PR]
by apple142 | 2008-09-26 11:38 | ペルーでの休日

arroz con leche

普段はほとんど作らないんですが、ご飯があまっちゃった時にたま~につくる「アロス コン レーチェ」。

あまったご飯で作るのはもうすごい邪道でお米を柔らかくおいしく煮る方法がちゃんとあるんですね。

自分自身がそんなに好きなデザートではないので当然ちゃんとした煮方も知らなかったのですが、お菓子の本をぺらぺらと見ていたら「シェフの特製おやつ」という項に「お米のババロワ」というのがあったのではじめてちゃんと作ってみました。

e0086273_1552825.jpg



お米をおいしく煮ることができたのでレシピを書いておきます。

材料(3人分)
お米 50グラム
水  適量
牛乳 400CC
バニラ棒 1/2本
グラニュー糖 40グラム
生クリーム100グラム

という材料ですが、ペルー版のアロスコンレーチェではバニラではなくてシナモン棒とクローブが入ります。
生クリームというのも入りません。


作り方
①お米を茹でる
鍋に水を入れて沸騰したらあらかじめといでざるに上げておいた米を入れ木べらで混ぜながら5~6分ゆでる。中が透き通って透明感がある状態になったらざるに上げて水気を切る。
②お米を煮る
別の鍋に牛乳とバニラを入れ火にかけ沸騰しない程度に温める。水気をしっかり切ったお米を加え弱火で30分、水分がなくなるまで煮詰める。ゼラチンを使わないのでかなり粘りがでるまでしっかり煮る。
③お米をボウルに移し、熱いうちにグラニュー糖を加えよく混ぜる。ボウルに氷水をあててさらに混ぜながら冷やす。
お好みで(角がたつくらいに堅く泡立てた生クリームを2回に分けて練らないようにゴムベラで加え混ぜる。)

ソースは何でもよいと書いてあってこのシェフはカスタードソースにフルーツをあしらっていました。

ペルーではこのアロスコレーチェの上にマサモーラ・モラーダをのせて2層になったものがよく売られていますが、私はいまだにマサモーラ・モラーダが苦手なのでベースは同じマイス・モラーダですが、これでチチャを作ってそのチチャを煮詰めてチチャソースを作りました。

ペルーのチチャは紫色のとうもろこしにパイナップル、りんご、シナモン、クローブなどを入れて煮出し、お砂糖とレモンを絞って飲みます。

家にオレンジしかなかったのでオレンジの皮と一緒に煮込みました。それはそれで美味しかったです。

付け合せのオレンジはお砂糖とラム酒に漬け込んだものでチチャソースを作るときにこの漬け汁を加えたのですが美味でした。


うちの旦那はマサモーラもアロスコンレーチェもそんなに好きではないですが、この二つはペルー人の大好きなデザートです。
[PR]
by apple142 | 2008-09-18 02:21 | dulce

懐かしすぎる・・・

旦那が子供たちにゴルフセットのおもちゃを買ってきました。

2日ほどゲームに付き合わされた後、自分の懐かしのゴルフセットを倉庫の奥~~の方から引っ張り出してきました。


こちらに来るときに大きなキャディバッグは置いてきてしまったので小さなバックに無理やり1セット詰め込んでます。
遥か遠いバブリーな香りがプンプンです。
ウエアや小物はバーニーズのものがお気に入りで新宿のショップによく通いましたっけ。
e0086273_12575569.jpg


1番がキャラウェイのビッグバーサ、チタンヘッド、5番が同ブランドのメタル、パターがPINGとすごく使いやすかったかまぼこ型。
ボーナスが出るたびに上野に出ては1本づつ買い揃えていた、当時よく言われていたけれど本当におやじみたいなOLでした。

e0086273_12581447.jpg

グリーン上で使うマーカーもそれぞれのカントリークラブの物が残っていていろいろと思い出してかなり懐かしかったです。
地元の静岡と職場に近い千葉のものが多かったです。
コインは外国でプレイをしたときのものでバリ島や香港のものでした。



旦那と知り合ってからゴルフもスキーもしなくなったのでもうかれこれ10年以上はゴルフもしていません・・・・。
ゴルフしたいな~~~~~!!

今週の週末はビーチにて軽く打ちっぱなしてみる予定ですがどうなることやら、怪我人が出ないことを祈るばかりです・・・。


ところでペルーのゴルフ事情はどうなんでしょうか?
リマに2箇所くらいゴルフ場があるのは知っていますがその他の情報はまったく知りません。
打ちっぱなしの練習場とかあるのかしら?
いくらくらいなのかしら???

もし練習場があったら1年くらい練習した後にコース出てみたいけどいったい誰とまわるの?
日本のようなシステムだとしたら会員の人に誘ってもらわないといけないよね・・・。
その前に1ラウンドいくらなのかな??
明日からちょっとずつへそくりして300ドルか400ドルくらい貯まったとしてもそれを1回のゴルフで気前よく使えるとも思えないな・・・。


azavalaさんのお友達の、この前カラオケにいた人たちなんてゴルフやったりしてるのかしらね?
kaeruさんのご主人も駐在時代には接待ゴルフなんてあったんですか?
何かご存知でしたら教えてくださいね。
[PR]
by apple142 | 2008-09-11 13:34 | その他

mi cumpleanos

9月4日は私の誕生日でした。

ペルーでは誕生日の人が祝ってくれた人たちにご馳走したりしてもてなさないといけません。

今年はたくさんの友達に誕生日に招待されて出かけていったのでそのお返しもかねて私もパーティーをしたほうがいいかな?とも思ったんですが私も子供たちも風邪をひいてしまってあまり体調がよくなかったので身内だけで簡単にすませました。

e0086273_6193481.jpg



先日、義姉の誕生日に作った「シャルロット・ポワール」がおいしくできたのでコツをわすれないうちにと思いまたシャルロット系を作りました。

丸型のときと分量をかえないでそのままのレシピを使ったら今回はとっても美味しくできました。

フルーツは洋ナシのよさそうなものがなかったので黄桃をキャラメリゼしてみたらけっこういけました!


自分の誕生日なのでたまには「自分の食べたいものを」と思い太巻きずしを作りました。

すごく不味そうな写真しか撮れなかったので掲載できないのですが久しぶりの和食、もうすごい勢いで食べちゃいましたよ。

おすしに具合よくチョコっと醤油をつける技は義父たちには難しいだろうな~と思ったので具にそれぞれ濃い目に味付けしたのも手伝って何回も何気につまんでしまって・・・・。

和食はヘルシーだといいますが私の場合は必ず大食いしてしまうのでちょっと鬼門ですな。


義父たちがショートブーツをプレゼントしてくれました。

ショートブーツも新しくしたかったのでうれしかったんですが、ロングブーツももう8年くらい履いているのでさすがに新調したかったのですがバランカには気に入ったものがなかったので保留ということでリマに行ったら買うことにしました。

そのロングブーツですが、長男が産まれる前にそのころ務めていた会社の社長がやはり誕生日にプレゼントしてくれたものですが「MEDA」というブランドで当時4万5千円ほどでした。

日本製は大事にはけば10年はいけるということですね、ペルー製品ではこうはいきませんよ。

こちらに来てから日本製のすべての物にすごい価値があることに気づきました。

当日の午前中は例の美容院に行き、明るい茶髪にブロンドのメッシュを入れて気分も一新、今後も若作りに励んでがんばろうと思った一日でした。
[PR]
by apple142 | 2008-09-09 07:00 | 日々のつぶやき