「ほっ」と。キャンペーン

ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

旦那の誕生日

10月28日は旦那の誕生日でした。

ちょっと体調をくずして先週は入院していたので特になにもせずに静かに過ごしました。

e0086273_1419688.jpg



旦那の好きな「3レーチェ」というペルーのケーキを作りました。

私の場合は正確には「4レーチェ」です。

普通のスポンジを焼いてそこに、ココナッツミルク、コンデンスミルク、エバミルク、生クリームを合わせたものをかけてしみ込ませます。

ちょっと変わったケーキで私は外で食べたことがなかったので失敗かな?それともスペイン語のレシピをちゃんと読めてなくてなんか誤解してるかな?とか思ったのですがどうやらこういうケーキだったみたいです。

旦那がリマで食べて美味しかったといっていたので初挑戦してみましたがまずまずの出来でした。

スポンジの間にはガナッシュクリームを挟んで今が旬のいちごを思いっきり飾りました。

子供たちが喜びそうな味のケーキでした。



ケーキを食べる前に一人一言づつお祝いの言葉を述べるということになって、この家族はこういうのがけっこう好きなんですが義父もけっこう長く話しますが義母がすごい話たがりなので長かったです。
誕生日直前に体調を崩したこともあって涙ながらに延々と語りつくしました。

そんなんでちょっとしんみりした誕生日でした・・・・。
[PR]
by apple142 | 2008-10-31 14:35 | 旦那について

grupo5のコンサート


e0086273_13491552.jpg
少し前のことですがバランカでgrupo5のコンサートがあったので子供たちにせがまれて行ってみました。

9時開演とあったのですがさすがに9時には行きません。

10時半頃に会場に出かけましたが一番のり?ってかんじでした。

そして日常的に彼らの歌声がペルー中に溢れているという有名人なのに入場料がったったの13ソルだったのにはびっくりしました。


だからでしょうか、会場に人が満杯になってこれなら利益がでるなって思うまでコンサートは始まらないようでした。

メンバーはもうとっくに揃っていてフラフラしてました。
なので子供たちも名前は知らないけどボーカルの人と写真なんかをとって暇をつぶしていたのですが11時半を過ぎても始まらないので子供たちも眠くなってしまって結局歌は聞かずに帰ってきました。

翌日友達に聞いたところによると12時半ぐらいに始まって朝の5時ごろまでやっていたそうです。

ペルーのコンサートってこんな感じなんですかね~。
[PR]
by apple142 | 2008-10-31 14:04 | ペルー事情
先週は子供たちのバカンスだったのでリマに出かけていました。

本当に「リマ」しか行くとこないの?ってかんじですよね・・・・・。


でも今回はケーキを売るための色々な小物を買うという目的(私の目的で、旦那は病院通いが目的)があったのでバカンスという感じはぜんぜんなくて子供たちも「何しに来たの?」という感じでちょっと不機嫌でした。


まだお会いしたことがなかったkaeruさんに会いたかったので予定を組んでいたのですが、それが思った以上に大人数になって子供の数も増えその一日だけは子供たちも楽しんで満足したみたいでした。

後は買物→病院→買物→病院の繰り返しの上、旦那が胃の検査をしに来ているのでジャンクな物は食べられなくて楽しみにしていたケンタッキーは1回だけでマクドナルドもベンボスもピザもなしでちょっと可哀そうだったかな・・・。


kaeruさんやazavalaさんたちと出かけた「MINI MUNDO」
私たちはおしゃべりに夢中で子供たちは遊具で遊んでいて誰もミニチュアのリマを見ていた人はいなかったけど、テレビのニュースで紹介されたりしてた割にはけっこうしょぼかったのでまぁいいか。なので私は詳細は省きますが興味のあるかたはkaeruさんのブログに詳しく紹介されているので見てみてくださいね。
e0086273_13422916.jpg



MINI MUNDの前に行った「アマゾン屋」さん。
アマゾンの泥染めという素朴で素敵な染物工房です。
その日はアマゾンから来た女性が実演をしていました。
e0086273_13495888.jpg


実家の母に頼まれていたベッドカバーを一枚購入しましたが、その他の小物もとっても素敵でした。
いろいろ写真も撮ったのです無断で載せるのもどうかと思いますので今回はやめておきます。
アマゾン屋さんのホームページからいろいろ見れると思います。
http://www.amazon-dorozome.com/



久しぶりにたくさんの日本人でワイワイガヤガヤして新しいお友達もできて私にとってはすっごく楽しい一日でしたが、おばさんチームとキッズチームは充実していたのにおじさんチームが旦那一人だけでポツネン・・・、ちょっとかわいそうだったかもだけどMINI MUNDOの後に病院に付き合ってあげたから勘弁してね。
[PR]
by apple142 | 2008-10-24 14:08 | ペルーでの休日
冷凍保存してある卵白がまた少したまってきたので一気に消費することにしました。

今回はパンに折り込んで使ういろいろな味のシートを作りました。

バランカには無塩バターが売っていないので普段は有塩のバターを使っているのですがバターを大量に使うクロワッサンやパイ系は塩味がきつくなってしまうので作れないんです。

なのでこの折込シートはとっても便利です。
バターはたったの10gしか使ってないのにけっこうリッチな味わいのパンが作れます。

1シートに卵白1個使用です。

職人のように同じ作業を10回も繰り返しました。
e0086273_14243160.jpg

カラメル&チョコレートシート、コーヒーシート、イチゴシート、バナナシート、オレンジシート、ミルクシート、ピーナッツバターシート、はちみつシートなどなどです。


ブリオッシュ生地にカラメル&チョコレートシートを折り込んでカラメルをトッピングしてみました。
e0086273_14271731.jpg


ミルクシートを折り込んでありますが色が白いので層がよく見えませんが味的には前記のカラメル&チョコよりいい感じでした。
e0086273_14303962.jpg



ブリオッシュ生地にはちみつシートを折り込んで、カラメリゼしたりんごとレーズン、シナモンを巻き込んで焼いた後にミルクアイシングしてアーモンドでデコしました。
e0086273_14314576.jpg


さすがにリッチ系(卵やバターの入るパン)は飽きました。
久しぶりにリーンなパンを焼きました。
ペルーのパンはだいたいこんな形をしています。
e0086273_14351037.jpg



その後、義母から大量にもらったグリンピースとソラマメでシートを作りパンを焼いてみたのですが旦那には不評でした。

なぜかというと「豆が甘いから」です。
日本人は甘いお豆が大好きですよね、でもペルー人はお豆が甘いのは許せないみたいなんですよ。

お米の甘いのはガンガンいっちゃうくせに変なの!
[PR]
by apple142 | 2008-10-07 14:50 | dulce
今年もセニョール・ミラグロスの月がやってきました。

巷には紫のワンピースに白いベルトという装いの女性がいっぱいです。

毎年のことですが、今年も義母が朝から準備に大忙しでした。

今年はこんな感じのデコレーション、といっても毎年ほとんど同じなんですが・・。
e0086273_1382465.jpg

前方のピンクのジャケットはエリカです。

旦那と義母がそれぞれ大きな花束を献花し、お返しに義母が抱えてる花束を受け取りました。
e0086273_13105694.jpg

この花は神聖な花なのでしょうか、義母はそこら辺にいる人みんなに少しずつ配って分けていました。

山車が通り過ぎた後は恒例の「ビスコッチョ」(ブリオッシュみたいなパン)と「チョコラテ・カリエンテ」(暖かいチョコレートドリンク)を近所の人に振る舞いしばし歓談し11過ぎに解散になりました。フッ~。


10月のお菓子「トゥロン」も売り出されはじめました。
e0086273_13182854.jpg

大手のドラッグストア「INKA FARMA」は10月になるといつも、”20ソル買うとトゥロン1個6ソルで買える”というキャンペーンをやります。
自分でお金を出してトゥロンを買ったことがないのでそれがどれくらいお特なのかよく分からないのですがこの時期は季節の変わり目で風邪をひいたり体調を崩すことが多くて毎年けっこうな額の薬を買うので店員さんに勧められるままに4個、5個と大量に買ってしまいます、旦那が。
私はたいして好きでもないタイプのお菓子ですがこれまたペルー人がだーい好きなんですね~。




そういえばこの日はとっても大変な一日だったんです。

朝起きたらちょっとのどが痛かったので「今日は大事にしておこう」と思いながらキッチンに向かおうとした床が水浸しでした・・・・・。

朝起きたら水浸しってのはこの5年間の間に何回かありました。
水道管から水が漏れているという大きな水害が3回、夜に雨が降って雨水が浸入したという小さな水害が数回です。
以前のペルー(コスタ地域)は一年中雨の降らない国だったので家の造りが雨に対応してないのです。
風通しが良いように風穴だらけだし、明り取りの天窓(ガラス無し)もあるし、家の真ん中に部屋続きでパティオがあったりします。

今回は屋上に取り付けてある水のタンクのチューブから水が漏れるという大きな水害でした。

あ~、ぜったい風邪ひくなと思いながら約1時間で水をふき取りました。
屋上から階段、廊下までず~~と水浸しですから家族総出で頑張りました。


キッチンも水浸しだったので被害が及ばなかった1階の義母に朝食を作ってもらってパックのジュースとクラッカーのお弁当を持たせてなんとか子供たちを送り出しました。

その後午前中は何事もなく静かに過ごしたのですが、午後になって長男が帰ってくるとジャンバー無くした、算数の教科書なくした、そのなくなった教科書の宿題が明日まで、明日は英語のテストがある、なんていい出してううう~~ん・・・・。

私はその対処に追われ、旦那は水漏れのタンクを新しいものに変える作業、義母は夜に備えての買い物、飾りつけです。

そんな忙しい中、エリカを階下にいるお手伝いさんに任せていたのですが気がつくとエリカがいません・・・・。

お手伝いさんが買出しに行ったのでついていったのではと義母が言うので急いで探しに出かけ無事に保護、家に着くと今度は長男がいなくなったと・・・。

長男はエリカを探しに出かけたけど、途中で向かいの家の女の子に呼ばれてタマゴサンドとポテトフライをご馳走になっていた、ということでしばらくしたら自分で帰ってきました。ハーッ。


その頃はもうすでに頭がガンガンし始めていて、外の飾りつけの手伝いはとてもできない状態だったのですが花瓶を貸して~、風船膨らます空気入れ貸して~、などなどいろいろな雑用がありのんびりする暇もなかったです。

旦那も水タンクの取り付けも終わらないうちに、セニョール・ミラグロス用のライトの取り付け、音響設備などを義母に頼まれ、まだ一度もお店に顔を出していなかったので店からは電話がガンガンかかってきて、すっごいヒステリック状態でした。


夜はたくさん人が集まっていたので子供たちも興奮してなかなか眠くなってくれなくて12時ごろまで起きていました。

なんかすご~~く長い一日でした。

当然のことながらその後私はしっかり風邪をひいて寝込みました。


昨日あたりからやっと調子がよくなって久しぶりに日記も更新できました。
[PR]
by apple142 | 2008-10-07 14:18 | ペルー事情