「ほっ」と。キャンペーン

ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

プリン

冷蔵用のショーケースが少し前に届いたのですが思ったよりも大きくて隙間がいっぱいできたらかっこ悪いな~と思って少し種類を増やすことにしました。

簡単で美味しくてオーブンが使用中でも作れるプリンをメニューに入れることにしました。

ペルーにはプリンに似たデザートが3種類(私が知る限りでは)あるのです。

「レーチェ・アサーダ」は実は私は食べたことがないのですが日本のプリンに一番近い雰囲気、焼きプリンです。なんで食べたことがないかというと卵&乳製品なのに常温で売っているからです。特に夏場は絶対に食べたくない雰囲気です。

「クレマ・ボルテアーダ」はプリンをすっごく濃厚にした感じ。レシピを見るとコンデンスミルクの量の多さにびっくり!です。かなり甘くてどっしりしています。そしてどこのお店のも必ずたくさんの「ス」がたっているのが特徴です・・・。レーチェ・アサーダに比べると砂糖の量が半端じゃないと思うので冷蔵庫なしでも食べても平気かな?と勝手に解釈して2回くらい食べたことがあります。とにかく甘かったです。

「フラン」はインスタントのプリンです。プリンというよりゼリーに近い食感。

プリンっぽいデザートがいろいろあるのでメニューからはずしていたのですが良く考えるとどれもこれも美味しくない!じゃん。

日本の本当に素朴なプリンで特になにも変わったことはないレシピですがこの方法だと絶対に「す」がたちません。

なめらかな食感はプリンの命ですからそこはこだわりたいところです。
そしてこれ以上卵白を余らせたくないので全卵使用のレシピにしました。


e0086273_1205889.jpg

(プリン6個分)
卵 4個
牛乳 370ml
leche evaporada 150ml
砂糖 120g
バニラオイル 少々
ラム酒 少々

牛乳を温めて砂糖を完全に溶かす。
卵・バニラオイル、ラム酒をボウルに入れて静かに混ぜる
牛乳を静かに注いで混ぜたら一度漉す。
容器に入れて蒸す。

お湯は沸騰させておいてプリンを入れたら弱火にします。
弱火で10分、火を消して10分です。

*容器には少しオイルを塗っておくとよいです。
*leche evaporadaはなしで全部を普通の牛乳にするとさらにさっぱりで私は好きです。このレシピはちょっとペルー人仕様になってます。
*お鍋の蓋にはふきんを結んでね。これってすっごくいい方法だと思うんだけど外国の料理番組でこの方法を見たことないのよね・・・。型にアルミホイルをかぶせたりしてるけどそれより絶対に「布きん」ですよね~。

カラメルは
水大さじ4と砂糖100グラムを鍋にかけてカラメル色になってきたら熱湯大さじ2を注ぎます。
カラメル色になるまでは砂糖をいじらないでね。鍋を軽くゆするぐらいで。
熱湯を注ぐと大きく跳ねるので気をつけてね。

e0086273_1211557.jpg

チョコレートプリンも作ってみましたがバニラプリンの美味しさにはかないません・・・・・。
私のレシピが悪いのかもしれないけれど・・・、でもプリンはやっぱりバニラが一番美味しいと思うのでチョコプリンは却下にします。
[PR]
by apple142 | 2009-03-29 02:10 | dulce

レイキ

お店はまだ準備中ですが友人や知人からの注文がちょくちょく入っているのでなんとなく忙しいです。

クラシックなチョコレートケーキです。
前のよりデコが多少可愛くなったのでHPの写真をこれに変えました。
e0086273_1133497.jpg

マンゴームースのケーキです。
最後に作ったのがけっこう前だったので思いっきり作り方忘れていてあせりました・・・・。
またハートチョコのデコ。
チョコをたくさんテンパリングしてまとめてハート型を作り置きしてあったのでこのデコレーションはしばらく続きそうです・・・・。芸がない?デコレーション苦手なんです。
e0086273_1135281.jpg

何なのか分からないよね、ロールケーキです。
ホールケーキ用の箱は用意してあったけど、そういえばロールケーキ用の箱ってなかったじゃん・・・・ってあせりました。
今回はこんな感じで間に合わせましたが今後に備えて考えておかなきゃだわ。
e0086273_1141514.jpg


こういうペースだとちょっと忙しいけど(ムースケーキの日は夜中の2時までかかって土台を作って朝の6時に起きて仕上げて11時にお渡し、みたいな)普通に家事もできて子供の面倒もみれるので都合がいいのだけど材料が中途半端に余ったりするのであんまり儲けもないしとっても効率が悪いな~と思いました。やっぱりやる時はある程度まとめてやらないとコスト大になるな~と、当たり前のことをしみじみ実感。




話は変わりますが・・・、
長男のかかりつけの病院の先生なんですが、かなりの日本びいきです。
柔道と合気道は黒帯で、ここまではいいんだけど霊気ってのもやってるんですね。
でね、長男の呼吸がスムーズになるようにって私に霊気を教えたがっています。
今は長男は全然普通に元気なんですが気管のトリートメントをしていて3ヶ月間は週に1回づつクリニックに行かないといけないんですがそのたびに霊気の話をされちゃいます。

要するに私は日本人なので「気」の意味が分かるから理解してもらえると思っているようです。
ペルー人に「気」の話をしても体外はハハ~って笑い飛ばされてバカにされるらしいです。
確かに外国人にこの感覚を伝えるのは難しいかもだけどね、バカにはしないけど私ってこういうのから一番遠くにいる人なんだけどね・・・・。

HPなんかで見ると霊気の受講料ってめちゃくちゃ高かかったから昨日はコストはおいくらですか?と訪ねてみたところ「タダ」だと言われてなんか逃げ道がなくなっちゃったかもです。


で、実際のところ霊気ってどうなんでしょうか??
[PR]
by apple142 | 2009-03-22 11:35 | dulce

卵黄と卵白

ケーキを作っていると自然と卵白があまってたまってきます。

卵黄は駄目だけど卵白は冷凍保存ができるので一つずつ小さなビニール袋に入れて冷凍してますが冷凍庫が卵白で満杯になってしまったので卵白のみで作るクッキー「チュイール」を作りました。
e0086273_2311373.jpg


少し食べたところで旦那が「ちょっと出てくる」といってアイスクリームを買ってきました。
やっぱ、このクッキーにはアイスが合うって普通に思うんだな。
アイスとくれば作るしかないでしょ、カップを。
e0086273_23115484.jpg
e0086273_23121041.jpg


卵白14個分で250枚くらいできたかも、とにかく大量でした。
なので階下の義母たちにもおすそ分けと思ったらまたしてもあの人たちは「お腹の調子が悪くて食べられない」と。
どうしていつもいつもお腹の調子が悪いの?これは旦那にも言えることですが超超デリケートなお腹な面々です。

そんなんで、誰かにプレゼントしたいけどわざわざ持って訪ねるのも面倒だし、、、と思ってエリカの送迎をお願いしているご夫婦がエリカを送り届けにきてくれた時に少しおすそわけしました。

彼らは短い期間ですが日本に住んでいたこともあって日本びいき。日本の味も好きだといっていたので気に入ってくれるのではと思ったのですが、案の定、翌日「すっごく美味しかった!50枚くらい注文できる」とお買いあげくださいました!

でもね、卵白きのう全部使っちゃってもうないのよ・・・・・。

でもビジネスに「NO」はなしでしょ、作りましたよ・
e0086273_2312277.jpg


となると今度は卵黄が余っちゃったでしょ。
そんでもって、あんまり大きなケーキとかは作りたくなかったのでアルファフォーレという卵黄とコーンスターチのクッキーを作りました。
e0086273_23124225.jpg
e0086273_23125722.jpg


先日、義妹からワラスのお土産にもらったマンハールがほんの少ししか残っていなかったので小さな丸型にマンハールをはさんで周りにココナッツを散らして最後に粉砂糖で仕上げる普通のアルファホーレにして大きな花型にはチョコレートクリームとサウコ(山葡萄)のジャムをはさみました。

アルファフォーレはペルーでも人気のお菓子だし、メキシコとアルゼンチンとコロンビアの料理番組で作っていたのを見たことがあるし、日本ではブラジル料理のお店でお持ち帰り用に販売していたのでたぶん南米全域で親しまれているお菓子なんだと思います。

そんなお菓子なだけにクッキー生地、マンハール、ココナッツ、粉砂糖のバランスには完成されたものがあって、一見美味しそうに見える花型のクッキーは丸型にはぜんぜんかないませんでした。

やはり人気には人気な訳があると、またしても納得した次第でした。
[PR]
by apple142 | 2009-03-18 23:37 | dulce
2月28日は義父たちの結婚記念日です。

今年は結婚43年目ということだったので”ふ~ん”というかんじで流していたのですが、だって銀婚式でも金婚式でも何でもなくて43年って超中途半端じゃない?なのにすごい盛大なパーティーを催しましたよ、この人たちは。

マリアッチも参上。
狭い家の中で絶唱してくれました。
e0086273_12383985.jpg


マリアッチの歌にあわせて踊ったり、
e0086273_12411935.jpg

歌ったりと大変な盛り上がりようでした。
e0086273_12415115.jpg



日本人だったら盛大なパーティーを開くより海外旅行とか温泉旅行とかそういうほうがいいよなって思うよね、きっと。

うちは父も母も旅行好きで年がら年中どこかしらに旅行に出かけているけど義父も義母も通院のためにリマに出かけることを除くとほとんど遠出はしません。海外旅行なんて考えもしないと思います。

そう考えるとペルー人にとってのフィエスタは唯一の娯楽だもんね、命かけちゃうよね(大袈裟?)。



そんな日なのにこんな地味なデザートでごめんね・・・。
でも義母の好きなイチジクとりんごのコンフィチュールをメインに考えたのよ。
e0086273_12543627.jpg

[PR]
by apple142 | 2009-03-17 12:55

新学期はじまりました

なんか最近またネット回線の調子が悪くて更新ができませんでした。

「Pasteleria fina CHIKAKO」のHPが完成した後PCはしばらくいいや、という気分だったということもありますが。

HPはリンク集に追加しましたので暇があったら見てみてくださいね。

長男から「Bienvenido mi pagina? a mi paginaじゃないの」とか「jugo soltidoってママのオリジナルジュースなの?」(surtidoが正しい)とかいろいろチェックが入ってきています・・・・。


新学期も始まって2週間がたっています。
二人とも元気に登校しています。

e0086273_1216133.jpg


長女の始業式の日はまだ夏休み中だった長男を連れて出かけたのですが長男の始業式の日にはお誕生日のケーキの予約が入っていたので参加することができませんでした。

もう今年は3年生だし大丈夫かな?と思ったんですが出掛けに泣かれてしまってちょっと辛かったです。

旦那も仕事があったので義父に付き添ってもらいました。

長男が物ごころついて以来ずっと専業主婦だったのでいつも100%子供優先でやってきて子供もそれが当然だと思っているのでこの変化は子供たちにとってはけっこう厳しいことかもしれないね・・・。

お誕生日用にはフルーツタルトを作りました。
e0086273_1232057.jpg

[PR]
by apple142 | 2009-03-17 12:33
お友達の「みあもちゃん」が今年の冬あたりを目処にペルーに移住の計画だそうです!

またお友達が増えてうれしいね~、リマに住むそうなのでリマのみんなよろしくね!!


さて、ペルー(に限らず外国ならどこでも)に移住するにあたって準備しなければならないことってなんでしょうか?

私が移住すると決めた7年前は今ほどネットでの情報もなかったし書籍類も品薄でした。

唯一買った「国際結婚ハンドブック」という本も「欧米人と結婚して日本で暮らす」というケースを中心に書かれていて「海外へ移住する」とい項目は350ページ中たったの12ページでした・・。

何か良い本やWEBサイトをご存知の方はぜひ教えてください!



私が引越しの時にしたことを思い出していくつか書いてみたいと思います。


*引越しの荷物
旦那もしばらく日本に帰っていなかったのでペルーの状況がぜんぜんわかっていなくて「50年前の日本みたいなかんじ」とか言われていたので本当にな~んにもないかと思って家中のものをそっくりそのままペルーに送って運賃が50万円ほどになってしまいましたが、ペルーについてみたら「なんだあるじゃん」って物がたくさんあってがっくりしました。

リマは外国資本のお店もたくさんあって他の先進国の首都と変わりないので何でもあります。

ただし電化製品だけは私は日本製が好きです。

例えば、炊飯器は売ってるけど厚釜でタイマーがついていて料理の種類によって炊き分けができて・・・・・・っていうのはないです。

パン焼き機やフードプロセッサーはリマの大きなお店でも見たことがないので今使っているのであれば持ってきたほうがいいかも。

そういえば、顔の産毛って剃りますか?

ペルー人はそういう習慣がないと思うんですが、顔用の剃刀を探したけどどこにも売ってませんでした。(当時は。今は?)
旦那は日本で買った電気鼻毛切りがお気に入りです。


持ってきてあまり使わないものの代表は「自転車」です。
きっと必要だろうと思って新品を買って送ったのですがペルーではタクシーが安いので気軽に利用できること、日本のように自転車道が設けられていないので段差もたくさんあって乗りにくいこと、道に穴ぼこがたくさんあって危険なことなどが理由です。

*書類関係
・再入国許可証を取った
・結婚証明書や子供の出生証明書、私の戸籍などを数セット用意した
・旦那はアメリカのビザを取った。当時はペルー人が日本で米ビザを取るのはそんなに難しくなかったけどペルーではほぼ確実にアウトだからと彼は言ってました。
・国際免許をとった。
・銀行の口座は外国からでもパソコンで取り扱いができるようにした。
・国民年金などについて調べた。けどけっきょく何もしてない。



みあもちゃんはお子さんが小さいので予防接種についてお医者に聞いておいたほうがいいですよね。



などなど、思いついたまでを書いてみました。
他にも何かあったらぜひ書きこお願いします!!





ここ2.3日はホームページ作りに追われています。
まだ肝心なケーキの紹介部分ができていないのでまだまだ時間がかかりそうです。

簡単なテンプレートを使えばよかったのになんとなく自分で作り始めちゃったのですっごい適当で変なホームページになってます・・・・。

http://pasteleriafinachikako.com/

旦那いわくスペイン語の間違いもたくさんあるとか言ってるし、なんかいっぱいいっぱいなんですけど・・・。
だれか教えて~。
[PR]
by apple142 | 2009-03-08 22:44 | ペルー事情

ケチュアでレゲトン!?

昨日エリカが言ったことが妙に受けてしまったわたし。

「最近はどこのチャンネルでもレゲトン、レゲトンレゲトンだね~」

私「そうだね~」

「アメリカでは英語で、ペルーではスペイン語、シエラではケチュアでレゲトンだもんね~」

といって変なレゲトンの踊りを踊りながら語っていました。


ケチュアでレゲトンってどんなかな~ってリアルに想像しちゃったらすっごく笑えちゃってどうしようもなくなっちゃいました。







e0086273_11483044.jpg
e0086273_11491091.jpg


サマースクールの最終日、園のすぐそばにある大地主さんのお屋敷に遠足に行きました。

外国向けの野菜(パプリカやアスパラガスなど)の栽培で財を築いた人のようですがとにかく広大な敷地のようです。

お宅部分は白を基調にしたコロニアル調でとっても私好みのお宅でした!!



いつかこんな雰囲気のオーベルジュを作りたいと思っていて、でも実際にやるのは子供たちで、エリカは大学を卒業した後にフランスのアルザスにいる親戚のところでフランス語を学びながらフランス田舎料理を習得、後にパリに渡ってコルドンとかの有名どころの製菓学校で学んでリッツとかで修行してペルーに帰ってきて空気の綺麗な場所で「オーベルジュ・エリカ」をはじめる・・・・・っていう私の勝手な筋書きがあるんです・・。

この話をすると旦那は必ず「レオは?」って言うんだよね~。

長男には経営とか営業とかやってもらったらいいんじゃない?っていったんだけど、テニスやゴルフのスポーツ施設もあるといいかもね、と私が言ったら長男はインストラクターやるといってました。

けっこう軟派ですね。



な~んて勝手な夢。

子供たちには好きなことをやってもらえばいいと思います。
[PR]
by apple142 | 2009-03-04 12:17 | 子育て

ウエルカムボード

e0086273_1042586.jpg


ウエルカムボードができました!

ホームセンターみたいなところが無いので木材屋さんでほんの少しの木を買ってフェレテリアでペンキを買って・・とチマチマ作業をすすめてやっとできました。

ちょっと文字が上すぎたかな?

日本でちょっとかわいいスタンプを買ったので届いたらスタンプしてみようと思います。
[PR]
by apple142 | 2009-03-03 10:46 | dulce

モーニング

e0086273_13411641.jpg


desayuno(モーニング)のシュミレーションです。

これはピタパンサンドですがお店では普通に売ってるプチパンみたいのを使う予定です。

さすがに朝食用のパンを焼く時間はないと思うんだよね・・・・。

日本人は朝から生野菜をけっこう食べますがペルー人はあまり食べません。

たぶん体を冷やしたくないんだと思うのですが野菜をとりたいと思ってる人はけっこういると思うのでサンドイッチの中以外の野菜は温野菜サラダをセットすると思います。

小さなカップにオレンジジュースかミルク、紅茶かコーヒー、サンドイッチ二つのうち1個はマフィンに変えることができます。

白い長方形のプレートが欲しいと思っていたのですが軽くて割れにくいコレールのお皿がたくさんあったのでそれを使うことにしました。

いつか儲かったら白地にロゴを入れたお皿やカップをオーダーするということで今はあるものを活用することにしました。




お店の半分は電話の商売をしていますが朝の7時から夜の12時までが営業時間です。

旦那さんのお店って何?って聞かれることが多いのでちょっと説明します。

最近ではペルーの一般家庭でも電話を持っている人はかなり多くなったと思いますがこの家庭用の電話は県内の家庭用電話にだけかけることができて携帯電話や地方や外国にはかけることができません。

携帯から携帯も違う電話会社同士だとものすごく料金が高くなります。

なので旦那がやっているような電話ボックスがたくさんあるお店「ロクトリオ」というんですがそれを利用する人が多いのです。



そしてお店が開いている時間帯にスペースの半分を遊ばせておくわけにはいかない!というのが旦那の言い分です。

当初は朝食は考えていなかったのですがそう言われてみればそうだな、と朝食もやることに。


そして夜食です。

旦那がラーメンやりたいっていうんですね・・・。


ラーメンね・・・・・、私にできるかしら???

製麺機は日本にて購入済みなので、今後少しずつ研究してみるつもりです!!

ラーメンてね、奥が深いよね・・・・・・。
[PR]
by apple142 | 2009-03-01 14:00 | dulce
まったくのペルーペースでお店の準備もすすんでいますが、とにかく旦那と私の趣味や考え方がまったく違うのでいろいろと苦戦中です!!


旦那にとっての一番大切なことは「目立つこと」です。

看板の色とか青地に黄色文字とか信じられない配色がいいとかいうし壁の色やテーブルや椅子の趣味もまったく違います。

私はどちらかというとヨーロッパ風の素朴なカフェにしたいのですが旦那はポップな感じにするべきと譲りません。

私は壁は薄いオレンジ色でその他の小物もオレンジ系でまとめて指し色はエルメスみたいな茶色か黒がいいかな~と思ったんですがすごい駄目だしようでした。

彼はぜったい引かない人なのでまぁ仕方ないかと思ってます。

でもお金がかからない事に関してはあまりうるさくないので小物などはコツコツと手作りしています。

e0086273_13274762.jpg

e0086273_13285012.jpg


プライスカードとケーキメニューは念願のオレンジ&黒にしました!

この他ウェルカムボードを今作成中で明日ぐらいに完成の予定です。
[PR]
by apple142 | 2009-03-01 13:33 | dulce