「ほっ」と。キャンペーン

ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

POLICIA ESCOLAR

e0086273_1631679.jpg


長男は3年生になりましたが、今年は「policia escolar」といって学級委員長と風紀委員をミックスしたような役職についていて、その宣誓式のようなものが昨日ありました。

家では宿題をやりたがらない、テレビ好き、ゲーム好き、妹思いでない、食べ物の好き嫌いが多い、じっとしていられない、すぐ切れる・・・・・などなど駄目駄目な長男ですが学校ではすごい良い子を演じているようです。

先生との面談でもいつも良いことばかりいわれるので??と思っていたのですがクラス委員に選ばれるところをみると学校では本当にしっかりやっているようですね。




さて、最近の私ですがケーキ屋さんはまずまず順調に回転しています。

あえて「ケーキ屋さん」というのはカフェがまったく機能していないからです。

一日に4、5種類のケーキを作っているのですが、それに加えて朝食、お弁当、昼食、夕食も作らないといけないし子供たちの面倒もあるのでなかなかお店に行く時間がありません。

それに加えて昨日のような学校行事や幼稚園の懇談会などが入ると本当に息をつく暇もありません。


旦那も「パラモンガ」という近くの町に3店舗目を開業することになり忙しくしているのであまりあてにできません。

夕方の4時くらいから8時くらいまではお店に残りたいのですが難しいです・・・・。

せめて週末くらいは子供たちを連れてでもお店に行こうと思っているのですが、週末は週末で

e0086273_1625974.jpg

お誕生日ケーキや
e0086273_16252822.jpg

「カチンボ」(進級のお祝いイベント?)などのケーキの予約が入ることがあるので家から出ることができません・・・・。


もうケーキ屋さんでいいか?とも思いますが、いやいや何とかがんばって「カフェ」にしていきます。

朝食やランチも・・・・なんて考えてた自分は相当あまかったですな・・・。



このカチンボのお祝いケーキですが「4レーチェ」というペルーのケーキです。

実は作るのが2回目だったのでちょっと不安だったのですがとても好評だったとの事で安心しました。

日本では美味しいスポンジを簡単に買うことができると思うので手軽に一度試してみたら相方がペルー人の場合は喜ばれるかもですよ。

同量のココナッツミルク、生クリーム(液体のまま)、エバポラーダミルク、コンデンスミルクをあわせて沸かして買ってきたスポンジ生地にかけてスポンジを湿らせるんです。

26センチのスポンジで各160mlのミルクを使用して丁度よかったのでスポンジの大きさによって割り算してください。

ココナッツミルク無しで「3レーチェ」ってのが一般的なんですが私はココが好きなので。ココを入れない場合は他のミルクを少しずつ増やしてあげてください。

多すぎるとベチャベチャになるし少ないと全体が湿らないと思いますので。

私のは真ん中にガナッシュを挟んで生クリームでデコレーションしましたが、真ん中がなくてデコレーションも上にココアやチョコレートをかけるだけとかいうのもよく見かけます。


本当に好評だったそうなのでお店にも出すことにしました。

でも今日はかんべんです・・・。明日は日曜だし今日はもう何も作らないと決めたからです!



そうそう、先日旦那が長男をお店に連れていったんですがね、その時ショーケースの中のケーキを右から左まで全種類1個ずつ食べたそうです。

それってね、すっごい気持ち分かるのよね~~。

私も日本にいるときは「上の段一列全部食べたい」とかかなり頻繁に思ってた人だから。

でも大人なので一応我慢してたけどね、それができちゃう子供っていいな~~~~!!

ていってもうちの場合は全種類って言っても多くて5種類だからね・・・・。

確かに最近は個数的に子供たちにケーキをあげる余裕がなくてロールケーキの端っことかばかだったから思いっきり食べたかったんだろうね~。

なんか、なんて私に似てるんかしら?と笑えたできごとでした。



ところで、海外青年協力隊のErnestoさんが2年間の予定でバランカに滞在中です。

「Ernesto」は自分でつけたニックネームで普通に日本人男性です。


お店にもケーキをよく食べに来てくれるし、狭き門の協力隊の試験をパスしただけあってとても理知的でありながらもフレンドリーな雰囲気をもちあわせ、さらにとやる気と希望、若さなどなど、もう私にない何もかもを持っている素敵な男性です!!

お店のアルバイトの女の子も早速、「何歳?」「結婚してるの?」「何してるの?」などなど詮索してきましたよ。
気をつけてね~~~~。

とにかくスペイン語が上手いです。メキシコにも滞在していたことがあるそうなのでスペイン語圏ははじめてではないにしても6年間ペルー在住の私より確実に上手いです。
若いってすばらしい・・・・・・・。

リンク集に追加しましたので是非ご覧くださいね。

いろんな意味でとってもうれしい出来事ですが、「バランカって協力隊が支援に来なくちゃいけないようなとこなのね、やっぱり・・・」ということでもあります。

そうなんですよ、そんなとこなんですよ・・・。

お母さん、みんな、でも心配しないでね。

私はちゃんと楽しく生きてますからね~。
[PR]
by apple142 | 2009-05-31 17:28 | 子育て

その後のマイ・カフェ

こんにちは。

オープンのお祝いのコメントをたくさんいただきましてどうもありがとうございました!!


オープンの日は母の日と義母の誕生日が近かったので親戚の人たちがけっこうバランカに来ていて身内がけっこう売り上げに貢献してくれていたんですが彼らが帰った月曜から1週間くらいはあんまり人も来なくてケーキはあまるし、旦那とは口論になるしで散々でした・・・・・。

まぁ、最初からうまくいくほど世の中甘くはないな~と少し凹んでいたところでしたが、2,3日前からやっと順調にその日のケーキはその日か翌日の午前中に消化できるようになってきました。

一度食べて私の味を気に入ってくれた人が、
e0086273_10505724.jpg


贈答用にロールケーキを1本オーダーくださったり誕生日用のホールの注文もぼちぼち入ってきています!



とにかく人気はチョコレートケーキです。

必ず毎日1台焼いています。

以前働いていた頃にお付き合いがあった自営業の社長さんに「商売のコツは?」と訪ねたところ「商いは飽きない」だというアドバイスをいただきました。

その時は「またつまらない駄洒落を」と思いましたが、毎晩毎晩チョコレートスポンジを焼いてガナッシュを作ってアーモンドを炒ってと同じ事を何回も何回も繰り返しているとその言葉の重みが分かってきました。

今までのように「あ~、シュークリームが食べたいから作ろう」ってのとはもう気分的にぜんぜん違います。

あっ、ところでシュークリームもたまに作るのですがスペイン語のネーミングに苦戦しています。

「シュー」とういのはフランス語でキャベツという意味でその形が似ているところからネーミングされていますがシュークリームをそのままスペイン語に訳すと、「レポーヨ コン クレマ」となりシュークリームを知らない人がほとんどのバランカ人にとっては「キャベツにクリームか?」ってことになってしまいます。

今は「スフレ コン クレマ」ってことにしてますがスフレってのもね・・・、だってスフレじゃないもんね。

何かよい案はないですか?azavalaさんのご長男ならよいアイデアがあるのでは?と期待しております。


スフレといえば、スフレが好きという方がいたので彼女のためにスフレベースのケーキを作ろうと思いスフレを焼きました。これはノンオイルの生地だったのでクリームはちょっとヘビーにバタークリームがいいかと思いモカ・バタークリームをはさんでモカケーキにしました。

これがけっこう人気でこちらもほぼ毎日作るケーキで定番品となりました。

でもね、「モカって何?」って聞く人の多いこと・・・・、なんと従業員の子も知らなかったのよ。

まさか知らないとは思わなかったから私も教えてなかったのでお客さんに聞かれて「さぁ・・?」とつまっている所にちょうど旦那が到着して助かったんだそうです。



大きな型で作るよりも少しずつ色々な種類を作ったほうがいいんじゃないかとうことになったのでタルトもミニタルト型で6個づつ焼いています。

旦那はめんどくさくない?と心配してくれていますが、今まで26センチに比べると小さい分すごく楽なんで私は好きです。
e0086273_1113463.jpg


マンゴータルトはカスタードクリームベース、オレンジタルトはクリームチーズベースです。

これすっごく食べたかったんだけど3個ずつしか作らなかったからさすがに味見はできないよな~・・・。


毎日同じものを焼いていると新しいケーキにも挑戦したくなります。

e0086273_1119921.jpg


子供の頃の思い出のケーキを再現しました。

私が小学生の頃のクリスマスの日に母が定番のイチゴのデコレーションケーキを買ってきてくれて喜んでいたら父もケーキをお土産に帰宅しました。

ケーキが二つってのがすっごくうれしくっ強烈に記憶に残っています(さすが食いしん坊ですね)。

父が買ってきたのがこのケーキだったと思います。

ケーキの名前がいまいち分からないのですが、「ユーハイム」で買ってきたと記憶しているのでドイツ菓子なのではと思い「ドイツ風ケーキ」としてお店に出しています。

ロリエのアマンド娘と並んで好きなケーキでした。(地元の人しか分からなくてごめんね~)


お店のメニューを見てマラクヤケーキを、というリクエストがあったので今日作りました。
e0086273_11333272.jpg


さっきお店に電話したら「もうない」っていっていたので今から作ります!

焼き菓子のショーケースも空になっているのでそちらも作らないといけないな・・・。



一日15時間ぐらいキッチンにいます。
以前の仕事はデスクワークが主だったので立ち仕事はけっこうきついな~、と実感。

夜に長女がしてくれるマッサージが超癒しです。

力はないのですが、適度に暖かくて少し湿っていて、つるつるでぷよぷよの手で触られるだけですっごい気持ちいいのね~。

世の中の男性が熟練のおばさんマッサージ師より若い女の子を好むのにも正当な訳ありですね。
[PR]
by apple142 | 2009-05-20 11:50 | dulce
カフェを始めよう!って思ってからかれこれ1年以上たっていますが、先週の金曜日にようやく私のお店がオープンしました!

e0086273_10362261.jpg


テーブルが4つだけの小さなお店ですが大切に育てていきたいと思います。

金曜の夜は近所の人たちや旦那の家族がかけつけてくれてシャンペンでお祝いをしてくれてケーキも美味しいといってたくさん食べてくれ本当にうれしかったです。

e0086273_10392569.jpg


ケーキはマンゴータルト、バナナタルト、洋ナシのチーズケーキ、チョコレートケーキ、プリンを用意して、焼き菓子のセットも少し用意しました。

あまり一度に人が来ても入る場所もなくて困ると思い宣伝をあまりしていなかったのでそんなに大勢のお客さんが来たわけではないのですがお店は人通りの多いところなの私の味を気に入ってくれた人が少しずつ増えてくれればよいと思っています。


第2の人生というには早すぎますが、「幸せな家庭を築き子供を持つ」という一つ目の夢がかない、いま更にもう一つの夢と希望を持てたことがとにかくうれしく思います。


しかも外国という土地でまた新しい事に挑戦できること、自分を表現する場を与えられたこと、好きなことを仕事にできたこと、などなどを思うと本当に幸せなことだと思っています。

小さなお店ですが大切に大切に心を込めて育てて行きたいです。

仕事を始めるのあたって一つだけ心に決めたことは「忙しくてもイライラしないこと」です。

いつも穏やかで優しい気持ちでケーキを作る!ということです。



人気NO1は昨日作った「ティラミス」です。

e0086273_1131042.jpg


飾りのチョコにもコーヒーとラム酒を加えて一手間かけたので売り切れた時にはうれしかったです。

あとはシュークリームとプリン、マンゴータルトとチョコレートケーキも人気です。


すごく不人気なのがバナナタルトです・・・・・・。



今まではただの主婦でしたがこれからはオーナー&パティシエです。

なのでもちろんお店にも出なければならないので家庭と子育てとのバランスも大切になってきます。

いろいろと試行錯誤しながらゆっくりとやっていくつもりです。
[PR]
by apple142 | 2009-05-11 11:13 | dulce
5月5日は日本では子供の日、端午の節句ですが、ペルーでは普通の日です。


この日は義父の誕生日なので前日にシンプルなチーズケーキを作ることにしました。

午前中にビスケット生地を焼いて、午後に仕上げれば楽勝なので久しぶりにパンも焼こうかと思いブリオッシュを仕込みました。

ところが、長女が帰ってきて「明日は先生の誕生日だから何か作って」と。

彼女はケーキがいいといったのだけどちょっと面倒だったしまた少し卵白がたまってきたので卵白仕様のクッキーにしてもらいました。

最初は「え~・・・」とか言ってたけどケーキだと味見ができないけどクッキーなら少し多め目に作ればあなたも食べれるじゃないっていったら「クッキーがいい~」と。長女はかんたん。
e0086273_6383918.jpg
e0086273_6385883.jpg



そして旦那が帰ってきてから「明日女の子の誕生日のケーキ1個、よろしく」と。

前日の午後5時に言ってくれるなよ~。

e0086273_6484957.jpg


オレンジシフォンにガナッシュとオレンジクリームをはさんでイタリアンメレンゲでデコレーションしました。

なんだかとってもたくさんのメレンゲを作ってしまったのでお父さんのチーズケーキにもデコレーションしちゃいました。

e0086273_6504056.jpg


ルシアナちゃんのケーキのピンクのメレンゲをベースにそこから色を足していったのでなんかびみょ~~な緑です。

日本なら「あっ、抹茶?おいしそう!」ってかんじですか?

ハートチョコもこれでおわってしまったのでまた仕込まなくちゃ。



ブリオッッシュはなんだかんだで後回しにされたこともあって醗酵しすぎでぱさぱさしてしまいました・・・・。

美味しいブリオッシュが食べたかったのに~~。
[PR]
by apple142 | 2009-05-07 07:02 | ペルー事情