ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

e0086273_7305017.jpg
e0086273_731729.jpg



明日はお誕生日ケーキ1個とボカディート200個の注文が入っているのでその仕込をしないといけないのは分かっているのですが、へんな時間に中途半端な昼寝をしたせいか何だか調子がのらないのです・・・。

まぁ、こういう時は力が出るまで待つしかないと思うし、今度いつブログの更新ができるかも分からないのでちょっとまとめて書きたいことを書いておこうと思います。



前にも言いましたがペルーのイチゴははっきり言うと美味しくないです。

なのでそのまま使うよりはこういったムースとかにして使った方がいいように思います。

今はイチゴが旬なので味はともかく激安で、1キロあたり1ソルです。

時間ができたらジャムも大量に作り置きしたいところです。



もうひとつ、チョコレートのタルトは久々のヒットでした。

旦那に製菓用のチョコレートを買ってきてと頼んだら、いつもは何も言わなくてもビターを買ってくるのになぜかミルクチョコレートを大量に買ってきました・・・。

ミルクチョコレートはあんまり使わないんだよ~、私。

そこでいろいろと本をペラペラと見ていて、先日母が送ってくれたすごく古いお菓子の本からのピックアップです。

私のタルト生地は99%がチョコレート生地なのですが、目面しくタルト生地がチョコレートではありません。

小麦粉に対して6分の一のアーモンドプードルなので比率的には少ないですがやっぱり入れると入れないのとでは大違い、美味しいタルト台でした。

私のケーキは一切れ最高で2.5ソルです。

3ソルになると途端に高いといわれるし、バランカでは2.5ソルが限界かと思うのでアーモンドプードルももう少し入れるとかなりリッチな味わいになるかとは思うのですがコスト的にもこの量までです。




こんな素人くさい私のケーキとは比べ物にならない本格的なケーキやお菓子、パンを手作りしているSOLさんのブログ「古箱の暮らし」をリンク集に追加しました。


とにかくブログを見てみてください。

普通に主婦だとおっしゃっるのですがとてもそう思えない美しいケーキ、そして個人的にはハード系のパンの出来が素晴らしいと思っています。

フランスパンやカンパーニュなどのリーンなパンは甘いパンやふわふわしたパンに比べると難易度がかなり高いのですがすっごく上手に作っています。

旦那さんはペルー人でして、いずれはペルーに住む予定もあるとか、旦那様はどちらの出身でしょうかねぇ?

バランカだったら一番うれしいけどそれはなさそうなので普通に考えてリマだったらうれしいですよね~。

販売してみたいという気持ちもあるようなのでそうなったらいいな~。

私はハード系のパンを大人買いしに毎月1回はリマに行くことになるでしょう。


バゲットとかカンパーニュとかはペルーではあまり見かけないし、あったとしてもメトロとかプラザベアとかのパンは私はちょっと駄目なので・・。

でもパンの中ではやっぱりリーンなパンが一番好き。


SOLさんも言ってますがリーンなパンは子供達が「ママ、パンがかた~い」とかいって嫌がるのでなかなか作るチャンスがないのです。

SOLさんはお子さんが3人、うち一人はまだ赤ちゃんなのにも関わらずほぼ毎日のパン作り&かなりの頻度でのケーキ作りと行動派です!


先日、偶然に「クックパッド」というレシピサイトでSOLさんのページを発見しました。

ペルー料理なんかもかなり載っていて、私のような適当なレシピではなく丁寧に書いてあるので参考にしてにたらいいと思いました。

http://cookpad.com/recipe/list/32961


エンパナーダの皮の部分のレシピが私のとすごく似ていました。

長男が甘い皮が好きなので私の皮には粉砂糖がけっこう入っていることと、SOLさんがマーガリンを使っているところを私はラードを使っているのが違うくらいであとの配合がかなり似ていてびっくりしました。

私のレシピはペルーのレシピを参考に少し自分j流に改良したものなのでSOLさんのレシピはきっとどれもペルーの本場の味に近いものだと思われます。


私にしてみればSOLさんは雲の上の人で私のブログに来てコメントをしてくれたこと自体がとっても光栄なことでしたが、これからは師匠として(ぜったい年下だけど)いろいろと教えてもらったりしたいと思いました。








「ラード」で思い出したのですが、ペルーではラードのことを「マンテカ」っていいます。

私はテレビでメキシコやアルゼンチンの料理番組をよく見るのですが、まだペルーに来たばかりのことアルゼンチンの料理番組でやっていたお菓子を作ってみようとレシピをメモして買い物に行ったのですが、ペルーではマンテカはラードですがアルゼンチンではバターでした。

ペルーでバターはマンテキーヤです。

じゃぁ、アルゼンチンではラードのことは何ていうのかな?


ペルーでの強力粉と薄力粉の違いをよく聞かれるのですが、
薄力粉は「harina preparada]
強力粉は「harina sin preparar」です。

これがアルゼンチンでは
薄力粉がたぶん「harina0000」で強力粉も何かの数字で表されていると思います。


ペルーには「budin」(ブディン)というデザートがありますが、これは日本のパンプリンをちょっとハードにした感じのものです。要するにパンの分量が多いということです。


アルゼンチンやスペインでブディンといえばバターケーキのようなものを言うようですよ。


アルファフォーレみたいにラテン圏で共通の物もあれば国によって違うこともいろいろあるんですね~。

どちらにしてもアルファホーレと3レーチェ以外のペルーのデザートは私は好きにはなれません・・・・・・。

アイスクリームも不味いので今年からは手作りを目指します。

SOLさんお勧めのアイスクリームの本、買おうかな~。




そうそうペルーデザートといえばマサモーラですが、先日エルネスト君とホルヘ君といっしょに中華料理店に行った時のことなのです。

ワンタンフリートを頼んだのですが普通それといっしょについてくる「タマリンド」という甘いソースが何よりも許せないとの事で「タマリンドは無しで塩味にして下さい」って頼んでいました。

これは私的にはちょっとびっくりでしたよ。

彼らの言い分としては、ワンタン=塩味って思って疑わずに口にしてみたところソースが甘くて許せないというのです。

私はけっこう好きだけどな~。

じゃぁね、あのマサモーラって駄目でしょ?あれは野菜なんだから野菜が甘いなんてねぇ。
私は今でも苦手ですよ~。

なのにエルネスト君、マサモーラは好きなんだって~、変なの。

お米が甘いアロスコンレーチェは私はやっぱり苦手です。

やっぱりお米は塩味で食べないとね~、とは思うのですがもち米の甘いのはいいのよね。


日本人はお米の甘いのがたぶんみんな好きじゃないと思うけど、お豆の甘いのはOKですよね。

ペルー人はたぶんお豆の甘いのはNGだと思います。


何が言いたいんだかよく分からなくなっちゃたのでこのへんで。
[PR]
by apple142 | 2009-12-19 08:53 | 日々のつぶやき
今日は朝の4時に起きてチキンのサンドイッチ100個を作ったので午前中に2時間、昼食後に1時間も昼寝をしてしまいました・・・。


今日は長男の学校の終業式で、各クラスでは小さなお別れパーティーを開きます。

その際のボカディートを頼まれたのですが、マンハールのミニロールケーキ100個、アルファホーレ100個、サンドイッチ100個、これで2クラス分です。

ロールケーキとクッキーは前日に作っても大丈夫ですがチキンのサンドイッチはマヨネーズを使うので当日の朝につくるのですが、こういう時の夜って全然眠れないんです。

寝坊するってことはないんですが、時間が気になって1時間ごとに目が覚めちゃうんです・・・。

まったく寝た気がしません。

ところで、このボカディートは長男のクラスの物ではありません。

長男のクラスはスイーツ激戦区なんです。

グルメフェスティバルなんかに出てもスイーツ5店舗中の3店舗が長男のクラスのママだったりするくらいバランカの有名店(?)が揃っています。

なので誰かに頼んだところで他の二人がいい思いをしないであろうことは確実なのであえてボカディートは無しでチャターラって呼ばれてる駄菓子なんかをいっぱい持って帰ってきます。



さて、このボカディートを注文した人たちですがね、お得意さんなんです。

長男の学校のPTA、ペルーではAPF(アパファ)っていいますがその役員でして学校行事の注文の他にも個人的にもパーティー好きなようだし、バランカで一番大きなホテルのオーナーの奥さんなどを含むちょっとしたセレブグループでもあります。


お金も前金で全額払ってくれるし、話していてもすごく普通、みんなきれいだし、太ってないし、考え方もそうそう変わったところがないという印象なのです。
何より私の作るもの全てのファンだといってくれるし、私も彼女達のことは好きなんです。


何もかもが私の常識の内に入る思考を持った人たちなのに「時間」ってことに関してだけはなぜか非常識なんです。

昨日も、悪くならないロールケーキとクッキーだけを夜の9時半に取りに来るっていったので出先から急いで帰ってきたのに来なかったし、今朝はパーティーが11時ごろに始まるから9時半に来るっていったのに8時にきたし。

そして今朝来た時も昨晩来なかったことに対しては一言もなしなんですよ。

すごい普通の人たちなだけにそこのところがすごく不思議なんです、未だに。






そのボカディートですが、大きなケーキに比べてボカディートはチマチマと手間がかかるのでちょっと面倒です。


でも最近このボカディートもちゃんと一つ一つ丁寧に美味しく作ろう、いっぱい売ろうという気持ちに変わりました。


先日長女のお友達の誕生日パーティーに出かけました。

バランカの超有名なセビチェリアで夏場はお店の前にいつも観光バスが止まっているし、リマの大きなグルメフェスティバルにも毎年招待されるし、フジモリ元大統領も食べに来たことがあるとかでそれはそれは有名なお店なんです。

そこのお嬢さんのパーティーだったのですが、とっても手間とお金のかかった素敵なパーティーでした。

まず会場に行くと保護者用に冷たくて美味しいカクテルが振舞われるのですが、これは普通の子供のパーティーではまずないことですごくオリジナルです。

ピエロ、着ぐるみの人形達、ダンサーの数も半端じゃなく多くて10人くらいいたかな?

ピエロ一人かプラス女の子のダンサー二人ってかんじが普通です。


食べ物もたくさん出てきたし、特に揚げたてのチュロスがすごいなと思いました。

中のマンハールが甘くて私的にはNGですが、揚げたての熱いものを100人分用意できるってことがさすがだな、と思うのです。

平日の夜にセビチェとか魚を食べる人はペルーにはあまりいないので2店舗あるお店の従業員が総出で手伝えば手もかけられるのかもしれませんが、彼女のママが客商売で慣れているのかもですが細部に渡ってきめ細かく配慮がされていたで気持ちよくパーティーを楽しむことができました。


ケーキも大きくてきれいでバランカではちょっと見たことがないデザインだったのでワッチョとかリマから取り寄せたのかもしれません。

家に帰って少し食べてみたけど結構おいしかったんです。

帰るときに渡される「ソープレッサ」というお返しがあるんですがそれがまた凄かったです。

招待した子供の名前入りの手提げバッグでした。

50人も招待すれば来れない子も何人かいると思うのにその子達の分も用意したってことでしょ、すごいわ~。


うちの長男のように招待された子の兄弟なんかに渡されるお土産にも日付やお誕生日の子のネームが入っていてちゃんとメモリアルグッズになってました。


ここまで完璧なパーティーもそうそう無いと思うのですが、そこまでしていて何故かボカディートだけが不味かったのです。

話が長くなりましたが、パーティーでのボカディートの存在ってなんなんでしょうか?

子供のパーティーの場合は食事を出さないで9時ごろまで続くのでお腹がすいてはまずいということでお腹がみたされればそれでいいのでしょうかねぇ?


大きなお盆に大雑把にワーっと盛り付けてあったりしてケーキの豪華さに比べて見た目も扱いもこれじゃあんまりだよボカディートって思わずにはいられません。


ケーキ屋をやってるつもりなのになんでこんなにボカディートの注文が多いのかと不思議に思ったこともありましたが、ボカディートに相応の愛情をかけているパティシエがバランカには少ないのではないかと思うのです。


私にしてみればボカディートは普通のケーキをただ小さくしただけで材料も作り方も大きいものと同じなのでやっぱり小さくても美味しく可愛くお渡ししたいと改めて思った次第なのでした。
e0086273_783923.jpg
e0086273_785814.jpg
e0086273_792384.jpg

[PR]
by apple142 | 2009-12-19 07:17 | dulce

ペルーの12月

ペルーもすっかり夏らしくなってきた今日この頃です。


そして、師走ってやっぱり忙しいですね~。

あっという間にクリスマスまで1週間をきってしまっているし・・・。



ペルーはただでさえ忙しい12月に何かもが集中するのですごくよくないと私は思うのです。



まず12月は衣替えの時期なので家族4人分の洋服を入れ替えて、超適当なクリスマスの飾り付けをして(子供達に全て任せちゃいましたが)、そしてペルーの学校は12月が年度末なので年度末試験、お別れパーティーやお別れ遠足、そして来年の授業の申し込み、またペルーはカトリックの国なのでクリスマスに関する学校行事なんかもあります。


そして今年は長女が卒園なので卒園式と来年入学する学校の試験なんかも加わってさすがに私も色々とポカをやらかしてしまいましたよ・・。



e0086273_582055.jpg
e0086273_583756.jpg

この写真を撮った日は朝の9時にクリスマスの劇の練習に連れて行って、練習中に私は買い物を済ませて、11時半に帰宅、昨晩仕込んだシチューで昼食をとって、12時半に新しく就学する学校のテストに連れて行き、帰って来てからボカディート100個を仕上げ、夜の7時に劇を披露するクリスマスの学芸会に連れて行きました。夜の9時半にボカディートを取りに来る人がいたのでいっそいで帰宅、でした。フッー。


さすがに12月、パステレリアの方の仕事もとっても忙しいですよ。
e0086273_5163218.jpg


お誕生日ケーキもたくさん作ったけど、ボカディートが多いです。

お別れパーティーやお疲れさん会なんかが多いからでしょうかね。


今月は、子供達のスクールバス二人分、長女の幼稚園の月謝(長男の方は銀行振り込みなので)、毎日の買い物を私の収入で払うことができました。

ついでに自分の夏服もちょっと買ったりできたし。

帳簿は旦那のお店と一緒になっていてちゃんと会計士もいるので別に適当ではないんですけど、お店にケーキを取りに来た人はお店のレジにお金が入って、私が直接お金をもらった場合は私の財布に入るようになっちゃってるんですね~。

そして材料費なのどの経費はお店のほうで一括で仕入れているので私の財布のお金が全て収入ってわけでもないんですけど、やっぱ何かお金が必要な時に旦那に「お金頂戴」って言わなくっていいって気持ちいいです。

そして何より、もうちょっとがんばって私の収入が増えて家の光熱費なんかも払えるようになれば旦那の収入の全てを貯金に回すことができるもんね~。


そう考えると、あれやこれやと忙しい12月ですが何だか力が沸いてくるなんてとってもげんきんな私です。
[PR]
by apple142 | 2009-12-19 05:49 | ペルー事情

青年達の生き生LIFE

私の住むバランカから車で40分ほどの所に今年の6月に世界遺産に登録された「カラル遺跡」があります。

そしてその遺跡のすぐ近くには総世帯数約180戸ほどの小さな「カラル村」があります。


今回、協力隊のエルネスト君と彼の先輩で以前カラル村で1年間弱ほど協力隊としてボランティア活動をしていたホルヘさんのお誘いを受けて毎年この時期に行われるカラル村のお祭りに出かけてきました!

e0086273_13242912.jpg



ホルヘさんは以前ボランティアをしていたカラル村と村の人たちのことが大好きで、現在はリマでお仕事をしているのですがお祭りに参加するために有給休暇をとってバランカにやってきました。

カラルに出かける前日の日曜の夜に私のお店に来てくれたのですが、もうその時点で軽い興奮状態というか彼のカラルへの思いがビシビシ伝わってきていました。

ご自分のポケットマネーで20キロ以上のバーベキュー用のお肉を用意したり、「feliz aniversario CARAL!」というケーキのご注文もいただきました。


当日、彼らは準備もあるからと午前中から出かけたのですが、私たちはお友達のMちゃんも誘って夕方ごろに出かけました。

カラル村で青年達に合流したのですが、カラルで見るホルヘさんはバランカで見るよりもさらに生き生きと輝いていました。

村の人たちからもとても愛されていて人気者です。

電気もなく(現在は夜間だけ電気が使えるようになったみたいです)若者も少なく娯楽もない山と遺跡があるだけの村で過ごした10ヶ月が楽しかったと言う彼にはおばさん、本当に驚いちゃいました。

エルネスト君だってバランカに来てまだ1年もたっていないのにバランカでは相当な人気者ですよ。

彼が数年後に肉の塊を持って再来するほどバランカに惚れ込んでるかどうかは分かりませんが私の目から見れば十分に楽しんでいるように見えます。

彼らは本当にしなやかに力強いです。


e0086273_13461682.jpg


エルネスト君は裸足の選手達に混ざってフル装備にてフットサルの試合に参加したりしてました!


私は前日に彼らからフェスティバルで残ったケーキを売ったらどうかと言われていたのでずうずうしくもチョコレートケーキを2台とプリンを10個くらい持っていったのです。

明日になればもう捨てるしかないケーキなので全て1ソルという安さもあったかもですが、やはりホルヘさんの顔で村の人たちが買ってくれたのが大きかったと思います。

あっという間に完売で、おばさんまたまた本当にびっくりしちゃいました!




お祭りは夜から夜中過ぎにかけて花火を上げたり踊ったりと盛り上がりをみせるのですが、暗くなるとパン・アメリカン道路に出るまでの細い道には強盗がでることも度々あるということなので残念ではあったのですが、早々に引き上げることにしました(彼らはカラル村に泊まりです)。


お祭りは見れなかったけど、残りのケーキが全部売れたことと、青年達の生き生きライフを実際に見てそれだけでとてもすがすがしい気持ちでいっぱいになったよい日でした。


そんな彼らを見ていると長男には自分の力がのびのびと発揮できる場所を見つけて欲しいなと願い、そしてそれがどんなことであろうと彼が決めたことならば少なくとも私だけは見方になって応援できる勇気を持てたらな、と思わずにはいられません。





ここ2,3日は私たちも「おばさん達の生き生きライフ」ってかんじでけっこう楽しかったよね、Mちゃん?

来年は3人でお泊りでお祭りに参加する気満々なMちゃんです。

keikoちゃん、あなたもうメンバーに入れられてますよ。

ホテルはこんな感じですがいいですか?

水シャワーです。

e0086273_1415575.jpg

[PR]
by apple142 | 2009-12-09 14:22 | ペルーでの休日
先週の土曜日に無事にグルメフェスティバルが終わったのですがその後に2日続けてお誕生日ケーキの注文が入ったりしていて今日やっと落ち着くことができました。


e0086273_1018960.jpg


前回の「バランカ25周年フェスティバル」に比べると多少規模が小さく集客もあまり無く、クイ&ペルー料理がメインでスイーツは脇役ということもあって前回ほどは売れなかったのですが初めて現場で販売することができて、直接食べた人の感想が聞けたことが大きな収穫でした!



前回ほど売れなかったといっても他のスイーツのお店よりは全然よくって約250ソルほど売れたので上等です。

日本円に換算すると8000円ほどですが、私の中ではバランカの100ソルはだいたい日本の10000円に相当すると思っているので25000円ほど売れたという感じ、全く悪くないのです。


これはきっとエルネスト君が職場の同僚達に一生懸命宣伝してくれたお陰です。人がたくさん集まらないのもケーキが売れないのも(いや売れてたんですけどね)全然貴方の責任ではないのに・・本当に根がまじめで真っ直ぐな性格の青年だと感心しました。ありがとうね!

そして今回は準備段階からバランカ在住の日本人のお友達Mちゃんにお手伝いをしてもらうことができて、それもあってとっても楽しかったのです。日本のバザーみたいな感じ?



ケーキは少しあまってしまったのですが生ケーキ類はフェスティバルが終わった後に当日アルバイトをしてもらった子がメルカードや目抜き通りを歩いて売ってくれました。

少し残ったケーキも翌日店頭にて売ることができたので廃棄処分にすることもなく、本当に協力してくれたみんなに感謝の気持ちでいっぱいでした!!


生クリームを使っていないチョコレートケーキとプリンをどう売りさばいたかは次の日記にてお知らせいたします。
[PR]
by apple142 | 2009-12-09 10:45 | dulce
先日のシュークリームはエルネスト君が職場の同僚とともにお店に来てくれてたくさん食べてくれたお陰で早々と完売、ありがとうございました。


そして、今回はエルネスト君とシュークリームを食べてくださった同僚の方の推薦で2回目のグルメフェスティバルに参加することになりました!

e0086273_1338221.jpg



今週の土曜日なので今から少しずつ仕込んでいます。

前回の失敗から、前日に全てを仕上げて当日は会場に行って自ら販売する予定です。

白衣、帽子、手袋着用です。

そういう格好は初めてなのでたぶんすごく似合わないと思うんだけど楽しみです!!

新しいデジカメも買ったのでフェスティバルの報告はちょとましな写真を載せられると思います。

あっ、今日の写真はねわざとぼやかしたんですよ。

市役所からもらった参加者用の書類なので載せてもいいのかどうかわからなかったので。

いいわけっぽいですか?


明日と明後日はたぶんほとんど眠れないと思うけど、土曜日はすごく楽しみです。

クイも食べるぞー。

あっ、「cuy y plato tipico」っていうフェスティバルでクイとペルー料理がメインなんです。

私は義母の作るクイがペルーで一番美味しいと思っているのであまり期待はしてませんがとりあえづ食べる気満々です!

そして「plato tipico」では当然「セビチェ デ パト」でしょう。

この二つのペルー料理が大好物なんです!
[PR]
by apple142 | 2009-12-03 14:02 | dulce