ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

VIVA !! BARRNCA

「ペルー、豪雨」のニュースを見て心配してくださった方々、どうもありがとうどざいます。

ペルーは私たちが住む「海岸地帯」とジャングルのある「セルバ地帯」と今回豪雨に見舞われた山岳地帯「シエラ地帯」の3つに分かれています。

私たちの住むコスタ(コーストですね)は基本的には一年中雨の降らない地域です。

山岳地帯はコスタ地域が真夏をエンジョイしている1,2,3月にたくさんの雨が降るのです。

なので私たちやリマに住んでいる人たちには被害はまったくなくて、マチュピチュなどへの旅行者の多くが被害にあってしまいました。

私の母が始めてペルーに来たのは2月でした。

はるばる日本から来たのだからと何がなんでもマチュピチュ・クスコに行く気でしたが、やはりその時も大雨や、雨による道路の状態の悪さが心配だったために断念、海岸地域にあるナスカやパラカスの観光に変更しました。

ペルーはクスコやマチュピチュの山岳地帯をメインに観光するならベストシーズンは6月~7月です。


24時間以上かけてたどり着いた地で難しい選択かもしれませんが「勇気ある撤退」というのも時には必要なのではないでしょうか?

クスコ周辺の素早い復興と犠牲者の方々が速やかに無事に母国に戻れるよう祈るばかりです・・・。



さて、前置きが長くなりましたが。

シエラ地域とは逆にここコスタ地域はやっと夏らしい天気になってきました。


先週の日曜は早起きして海岸沿いを5キロほどジョギングしました!

気持ちい~~!!

ジョギング中はいつも行くレストランのシェフやウエイター、近くに住む友達などと挨拶を交わしながら本当に気分が爽やか。こうやってどこにいっても知り合いがいて声をかけてくれるってのも小さな街バランカのよい所です。


e0086273_2234241.jpg


ジョギングの後は浜辺に寝転がって休憩、寝転がったついでに腹筋も数回してみました。
e0086273_22342479.jpg




家に帰ってシャワーを浴びてピザ生地をパン焼き器で仕込んで一眠り、お昼過ぎからはアツアツの大きなピザ2枚を持って子供達とビーチへ。


アツアツのピザを持って行けるってのも家からビーチまでが車で5分だからできる贅沢です。

外で食べるピザってなんて美味しいの~~。普通はここでビールなんでしょうけどうちは誰も飲まないのでコーラで乾杯。ピザ・コーラ・ビーチの組み合わせ、サイコ~。


e0086273_22361753.jpg
e0086273_2236314.jpg


ビーチに行っても必ず誰かしら友達に会うのがバランカです。
この日は長女の幼稚園のお友達に会いました。
私たち家族4人だけで出かけても最後にはいつもなんとなく大人数でワイワイしているってことが多いです。
e0086273_22364516.jpg



家に帰ってシャワーをしてから、バランカ在住のMちゃん邸へ。
リマからKEIKOちゃんも来ていてみんなで「たこ焼きパーティー」です。


お土産はロールケーキと三つあみパンです。
e0086273_22564216.jpg


それと自家製ジャム3種。
左からマンゴージャム、いちごジャム、レモンカートです。

果物や野菜などの農産物が安いのもバランカのよいところです。
イチゴは1キロ1ソル、、マンゴーは1キロ1.5ソル、レモン1キロ1ソルです。
大量に作ってみんなにお土産したい気にもなりますよね~。
e0086273_2257224.jpg


ペルーのジャムはゼラチンが多くてプルンプルンしてるんです。
私はそれがとっても苦手なのでジャムは基本的には手作りです。
前にアルゼンチンの料理番組を見ていたらやっぱりジャムには相当の量のゼラチンを入れるレシピでした。
日本のジャムのレシピはいろいろ検索してみてもゼラチンを入れるレシピは少ないと思います。
どちらが美味しくてどちらが不味いといのではなくて「慣れ」ですよね、これは。

保存することを考えると適度に甘くないといけないので甘さはここのものとそうそう変わらないと思うのです。

私は果物の40~50%の量のお砂糖を使ってます。

35%にするとすごく私好みの味になりますがこれでは3日くらいしか保存できないのでは?分かりませんが。

イチゴジャムには少量の白ワイン、マンゴージャムにはオレンジを隠し味に使ってあります。




Mちゃん邸ではとっても美味しい関西風タコ焼き(Mちゃんは京都、KEIKOちゃんは大阪人です)や韓国風のピリ辛の漬物、散らし寿司などなどたくさんの美味しい料理をご馳走になって大大満足、弾丸おしゃべりもはてしなく続き楽しい夜でした!!

たこ焼きは大きいタコたっぷり。
魚貝類が安くて美味しいのもバランカの良いところです!!




バランカのような地方都市はそのよさを発見して実感できるまでに時間がかかるとは思うのですが、私はバランカがけっこう好きです。
夏場は特にそう思います。
去年からMちゃんやエルネスト君がバランカに住むようになってわりと頻繁に行き来するようになったし、KEIKOちゃんもバランカによく来るようになったので日本語トークも好きなだけできるようになったことも大きいかな。



いやぁ~、とにかくバランカの夏は楽しいですわっ!!



あっ、仕事もちゃんとしてます。
1月は注文ケーキがめちゃ多い月でした。
e0086273_23323995.jpg

う~ん、めちゃガーリーな仕上がり。
「女性」ということだけしか聞いてなかったんだけど何歳くらいの人だったんだろうか・・・?
e0086273_23325784.jpg

[PR]
by apple142 | 2010-01-27 23:43 | ペルーでの休日

Alitas bouchet

e0086273_33335.jpg


昨日は鳥のから揚げ100本を作りました!

先週は「おにぎり10個」とかいう注文を受けたり、スイーツ以外にもいろいろやっています。


ペルーでは手羽のことを「ala(アラ)」といいます。

「Alitas bouchet」はアリータ・ブチェッと発音して直訳だと手羽のブーケ、日本でいう鳥のチューリップ揚げです。

「アリータできる?」って聞かれた時に「できない」っていえばよかったんだけど、から揚げは私も子供も大好きなメニューだから「とっておきのレシピ」みたいなものがあってついついOKしちゃいました・・。

それにこのチューリップ揚げは中華料理屋さんでしか食べることができなくていわば「アジアの食べ物」的な存在なので日本人の私が断るのもなんかまずいような気もしてね・・・・。

でも、私が作れば絶対お醤油味だと思うところをはずしてハーブ風味に仕上げました。


ここバランカでチューリップ揚げを作ろうと思うとすごく大変です!


まずはお肉を買うところからもうすでに大変です。


バランカでは「手羽元」だけは売ってなくて手羽先も含めて買わないといけないのです。

1件だけ手羽元を売っているところがあるのですが、それはもう味も衣もついていて揚げるだけの状態になっています。それだととっても割高だしおいしいかどうかも分からないのでちょっと使えません。


手羽を100本っていうと重さで10キロ弱です。

両手に各5キロずつ抱えて手がちぎれそうでした・・・・。

その後、手羽元と手羽先に分けたのですが、それもまたとっても大変な作業でした。

なんてたって100本ですからね・・・・。

手羽全体を買った金額でコスト計算をしているので手羽先の肉をなるべくたくさん手羽元にもっていくように切るのが良心的だよな~、なんて思いながらきったのですが出来上がりはえらくバカでかいから揚げになちゃって旦那には「安すぎるだろ~」とか言われました。

これが最初で最後の注文の予定だけど「大きくて美味しい」とか言われてまた注文されたら困っちゃうな~、なんて独り言を言っていたら「バカじゃない、値上げしろよ!!」とすごくしかられてしまいました・・。

お肉は漬け汁に漬けて一晩寝かせます。

冷蔵庫、パンパンですわ・・・・。


そして、この日から私たちは毎食毎食、手羽先を食べることになるのです・・・・・・。


当日は卵液に漬けてハーブフラワーの衣を付けて揚げました。


上手に揚げることができるかどうか心配だったのですが、義母がクイを4,5匹いっぺんに揚げることのできる大きな大きな揚げ物用のお鍋を貸してくれたのでとっても上手に揚げることができました。


小さなお鍋だと油の温度がすぐに高くなってしまうので焦げて中は生みたいになってしまいがちですよね。

大きなお鍋で一回に20個のお肉を揚げることができたのでたったの5回で100本を美味しくカラッと揚げることができました!


といってもそれなりにけっこう大変でしたが・・・。

汗、ダクダクでしたわ。



食べた感想をまだ聞いてないのだけどどうだったかな??


でも例によって例のごとく6時に取りに来るっていったのに来たのは9時過ぎだったのですでに「アツアツ」の状態ではなくなっていたのが残念でしたが、どちらにしても食べるのは10時過ぎだし、冷めても美味しいはずなんだけどな。


まぁ、とにかく大変でした。

から揚げだけじゃないですからね。

他にもミニロールケーキ100個とミニシュークリーム100個も同時に注文してもらってました。



冷凍庫に肉の少ない手羽先があと30本くらい残ってます・・・・。
[PR]
by apple142 | 2010-01-17 04:20 | ペルー事情

今年の夏は・・

ペルー、今年の夏はぜんぜん夏っぽくないです。

曇ったり、朝方小雨が降っていることもあるし。

私が初めてペルーに来た年の夏は昼間は本当に暑くってさすが「南国」って思ったものです。

まぁ、過ごしやすいので私的にはまったくOKなのですが子供達は毎日のように「チャビン連れてけ~」コールがあるのでかないませんわ・・・。

チャビンというのは「ホテル・チャビン」というプールがあるホテルで、バランカの数少ないプールの中でもずば抜けて水がきれいだと私が思っているところです。


昨日の日曜は、

朝から30センチの大きなお誕生日ケーキを二つ完成させて、
e0086273_22221438.jpg
e0086273_22223076.jpg


その後、ビーチにできた新しいレストラン「チェトス」に行きました。

チェトスはバランカで初めてアスレッチクジムを入れたローストチキンのお店ですが、一昨年全国チェーンのポージェリア「ROKYS」がバランカに進出してからはちょっと低迷気味です。

そのチェトスがビーチ沿いにシーフードのお店を出したので行ってみたのですが、味はまぁまぁですがお店の造りがすごく素敵でちょっとバランカっぽくなくていい感じでした。

とっても大きな敷地を上手に使っていて、ビーチが見渡せるテラス、プールサイド、大人数の場合は奥で落ち着いて、というかんじです。

小さいけれどプールもあって奥のほうと2階,3階部分はホテルになるようでした。

チェトスのオーナーはたぶん日系人で日本語苗字の人だったと思うので私的にはとっても応援したいお店です。

バランカに来たらぜひ寄ってみてください。

食事の後、やっぱり曇っていたのでどうしようか迷ったのですが海で遊ばせることにしました。
e0086273_22224670.jpg

e0086273_2223339.jpg


子供達が夢中で遊んでいる間、子供達に内緒で私たちはアイスクリームを食べたのですがそれを後から知った子供達、絶対に泣くか怒るかと思ったら、

「家でママが作っておいたシュークリーム食べるからそっちの方がいい」なんていうからびっくりしました。

だって子供って「アイス命」でしょ。

そんなふうに言ってもらえるのが申し訳ない「残り物だけで作ったシュークリーム」です。


午前中に作ったルクマのスフレケーキよりルクマクリームを、
4レーチェより生クリームと桃を、
焼いてる途中でガスが終わってしまって膨らみきれずに商品にならなくて冷凍してあったシュー、で作ってあります。
e0086273_22233426.jpg




自分は水に入ったわけでもないし、たいして暑かったわけでもないのに家に帰ったらモウレツに疲れてしまって、旦那は2時間ほど夕寝したし、私は朝5時起きだったこともあって夜の9時ごろに寝てしまいました。

疲れてたのとお昼がヘビーだったこともあって夕飯は私と旦那はパスでしたが、子供達は「アンティクーチョ」食べたいっていうしどこまで元気なんだか・・・・。


疲れたけど楽しい日曜でした。
[PR]
by apple142 | 2010-01-11 22:58 | ペルーでの休日
もうずいぶん遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます。

クリスマス前からずっと忙しくて今年は我が家のクリスマスケーキも無しでした。

年末・年始はリマ在住のライターKEIKOちゃん夫妻がバランカに来て、バランカ在住のMちゃん、エルネスト君、旦那さんの実家が隣町のパティビルカにあるミアモさんなどなど、たくさんの日本人のお友達と過ごしてとっても楽しかったです!!

何度も言うようですが、バランカにこんなにたくさんの日本人が集まるなんて一昨年までは全然考えられなかったですからね・・・・・。変わりましたよ、バランカも。




昨年は長女が無事に卒園し、今年の3月から小学校入学になります。
写真は卒園式とお別れパーティーです。
e0086273_633372.jpg
e0086273_6335531.jpg
e0086273_6341719.jpg
e0086273_6343382.jpg


この日を最後にリマのリプレイというちゃんとしたデパートで買ったソニーのデジカメが壊れてしまったのでクリスマス、お正月の写真が無しです・・・・。

こういうところはペルーの嫌なところです。
日本で買った電化製品はめったに壊れないし寿命も長いですよね。
長男を妊娠した頃にいろいろと新しい物を買い揃えたので日本から持ってきた電化製品はそろそろ10年目に入りますが掃除機、パソコンなどなど今もって健在です。

しかも、サービスセンターに持っていったところ、そこの人がレンズをぱっくりと割ってしまったんですって。
旦那からそう聞かされたのでどういう状態なのかちょっと分からないのですがまた素人くさい人がそれらしい顔して下手にいじくったのでしょう・・・・。

昨日やっとカメラが帰ってきました。ハッ~。



昨年はケーキ屋さんを始めることができ、そして思ったよりも多くの人に喜んで食べてもらうことができてとても充実した1年でした。

旦那はもう少しちゃんとカフェとして機能させたいようなのですが、私は今年は地盤を固める充電の年としたいところです。

私にとっていちばん想定外だったのはボカディートの注文が非常に多いということです。

お店用にケーキを3台くらい作って午後はお店に行く、なんて思ってましたがパーティー用のケーキやボカディートに追われている状態でなかなかそれ以外に幅を広げられそうにありません。

そして、やはり一番こだわりたいのが「丁寧に美味しく作る」ということですからケーキ作りの時間は短縮ができないと思うんです。


まぁ、私の理想とする未来図と旦那の考えがけっこう違っているのでお互いの接点を探りながらほんの少しだけ前進するというのが今年の抱負です。


長女は入学、長男は前の学校があまりよくなかったので転校することにしたので二人とも環境が変わることになります。

旦那も新しい店舗の出店をいくつか控えていたりしてまた忙しい1年になりそうです。


とにかく、家族みんなが健康でまた1年過ごせたらと思います。


皆さん、今年もどうぞよろしくお願いいたしますね。
[PR]
by apple142 | 2010-01-06 07:05 | ペルーでの休日