ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
犬ブログになるかと思いきや、

e0086273_12162039.jpg


スイーツネタです。


日本に帰国中、ずっと欲しかったビタントニオのバラエティーメーカーを購入しました。

ホットサンドプレートの他に、ミニ鯛焼き、タルト、ワッフル、焼きドーナツ、パニーニ、ゴーフルのプレートがついています。

まずはずっと作ってみたかったミニ焼きドーナツを作りました。

日曜の朝食、旦那がいや~な顔してました・・・。

私と長女は美味しいといってもりもり食べちゃいました。

長男は肉食ですから真ん中のホットドッグばっか食べてましたね。

おうちゃくをして子供達がアイスクリームを食べるとき用に常備している市販のチョコレートファッッジを使ったらやっぱりいまいちでした・・・。
ドーナツ自体は美味しかったのでちょっと残念でした。つめが甘いって何事においても致命傷なんですね・・・。




こちらも日本で新しく購入した型を使った新作ケーキです。
真ん中がくぼんでいるエンゼル型でスポンジを焼いて生クリームとたっぷりのイチゴをのせました。
e0086273_12212756.jpg



初めてのケーキなのでこちらは我が家の味見用。
e0086273_12245966.jpg


ペルーに住んで初めてメルカードでチェリーをみました。
一つ食べてみたらあんがい美味しかったので思わず大人買い。
1キロ10ソルというとペルーではとっても高価なフルーツのうちに入るのでお店用には使えませんので自宅用にたっぷりと添えました!!うまい!!


犬ブログにならない理由は、いい写真がとれてないからです。
自分が思っている可愛さの半分も表現できていないのでです。
う~ん、犬フォト 奥が深いですな。
[PR]
# by apple142 | 2011-01-22 12:44 | dulce
我が家に新たに家族が増えました!







































この年で3人目ってちょっと厳しいので、子犬を飼うことになりました。
e0086273_1325499.jpg

生後1ヶ月半のラブラドールです。
名前はまだ決まってません。
e0086273_13291722.jpg
e0086273_13293626.jpg
e0086273_13294985.jpg


リマの家で旦那の妹が飼っている犬、
e0086273_13311322.jpg

子供達がすごく好きで、もうずっと前から犬が欲しい欲しい言われ続けていたのですが、
私はあまり動物が好きではないしお世話もしたくなかったので無視してました。


が、ペットショップに行ってしまったが最後、キュートな子犬たちに完全ノックアウトされてしまいました!!

私はテリア系とか小さな犬が良かったのですが旦那は大型犬のマッチョ(オス)を希望だったのでまぁ、あなたの犬ってことでよろしくという意味も込めてこの子を購入したのですが、実際は私の方がはまってるかも・・・・。

あまりにも突然この子が我が家にきたので子犬を迎える心の準備ができてないかも・・・と、自分では不安だったのですが、3人目の子供と思えば簡単で、やることもかわらないし今日はさっそく長女の使っていたクーナとか防水加工のマットとかを出してきました。

トイレトレーニングもはじめているし、予防接種も打ちました。

夜もキャンキャンと泣いたりして昨夜は3時間ぐらいしか眠れなかったしなかなか熟睡できないですよね・・。
長男の赤ちゃん時代を思い出しましたよ。


私は子供達の3歳までの子育てがすごく楽しくて大好きだったので、またこういう機会が持ててうれしい053.gif

すぐに大きくなってしまうみたいなのでこの3,4ヶ月の間を十分に楽しみたいと思ってます!!

大きくなったら旦那に渡すつつもりです。

このブログも犬ブログになっちゃうかもなぁ。・・・。
[PR]
# by apple142 | 2011-01-18 13:56 | ペルー事情

一気に

ご無沙汰しています・・・・。

1ヶ月以上も日記を放置してしまいました。

昨年の12月26日に旦那が4店舗目のロクトリオを開業したのですが、といってもそこはたいしたお店ではなくて自宅の前に遊んでいる土地があったので何もしないで放っておくのがもったいないかと思いごくごく小さなお店を開けました。

そのお店に自宅のインターネット回線を持って行かれてしまったのでしばらくの間は自宅にインターネットがなかったのです。

そして更に悪いことに日本に帰国した際にデジカメとパソコンを繋ぐUSBを実家に置き忘れてきてしまったのです。

最初のうちは義妹がソニーのデジカメを使っているのでそれを借りてメモリーチップを入れ替えてブログをアップしていたのですがさすがに面倒くさくってねぇ・・・。

インターネットは数日前に使えるようになって、USBは日本に帰国中だったMIYAKOちゃんが母から預かりそれを今日届けてくれてやっとブログ環境が整いました!



クリスマスからの出来事を簡単に一気にお知らせします。


miamo,ちゃんにお届けしたいちごのショートケーキです。
お子さんもまだ小さいのでキュートにいちごサンタにしてみました。
e0086273_1318276.jpg



自宅用にはクラシックな「keke navideno」にしました。
日本に帰る前に洋酒に漬け込んだドライフルーツと胡桃、アーモンド、チョコチップをたっぷり入れてラム風味のアイシングをかけました。
デコレーションはあるものをごちゃごちゃと乗っけてみましたよ。
私と子供達は生菓子の方が好きだけど旦那や旦那の家族はあんがいこういうケーキが好きなんですよね~。
e0086273_13212712.jpg


e0086273_13271761.jpg

ずっと前から一度は作ってみたいと思っていたパネトンを作ってみました。
といっても、なんちゃってパネトンなので超簡単。
ペルーのパネトンが嫌いな私と子供には大好評でしたが、パネトン大好き人間の旦那とかには不評の一品でした。
でも、パネトンって言わないで「ドライフルーツ入りのちょっとリッチなパン」って思えばそれなりにいけるってことでした。
やっぱりあーゆうかんじのパネトンが好きなんだなぁ~、と改めて思いました。


今年は七面鳥ではなくて豚肉のローストでした。
子供達へのプレゼントは長男が自転車、長女にはローラースルーゴーゴっていうの?すごい懐かしい響きだけど。ペルーではスクーターっていってますけど、あれって最近は何て呼んでるのかしら?

e0086273_1339672.jpg

お母さん、約束した写真です。
母が長女に送ってくれたドレスなのですが、このシック色合いとかロングなところがラテンでは絶対に無くって非常に珍しかったのでしょうか?いたく気に入りましてね、23日と24日はずっとこのスタイルで過ごしました。
ネックに巻いたファーが暑苦しいので取ったら?といってもなかなか外しません。
これに母のお手製のビーズのバッグを斜めがけにして「完璧」だそうです。
私の思った以上に喜んでましたよ。
今、気がつきましたが足元がいただけませんね・・・。


大晦日はMIYAKOちゃんたちとカラオケに行きました。
新しくできたお店に行ってみたのですが3時間もいたのにたったの1曲しか歌えなかったし、いつも行くお店のお客さんの方が断然うたが上手だったと思うのでまたいつものお店でいつもの歌を歌うということになりそうです。


今年は冷夏ですか?
例年に比べるとぜんぜん暑くないですけど、日曜とかはビーチに行ったりもします。
が、水に入るというよりは砂浜でサッカーやバレーやテニスして遊ぶってかんじです。
e0086273_13545747.jpg
e0086273_13551531.jpg
e0086273_13553086.jpg


最後の一枚は、旦那の表情が年々険しくなってく・・・と心配してくれたRちゃんへ。
笑ったりすることもたまにありますよぉ~。
e0086273_13554547.jpg


っていうか、旦那の笑顔ショットとか狙ってないからなかなか旦那のちゃんとした写真がないんだよね。


そうそう、今年の目標は「ヨガをはじめる」です。
さっそくmiamoちゃんからヨガ本を借りてやる気満々なのですが、独学だとけっこうむずかしぃ~・・・。


もう10日も過ぎちゃったけど、
皆さん、今年もどうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
# by apple142 | 2011-01-11 14:11 | ペルー事情

お友達のバウティッソ

昨日の土曜日は子供たちのお友達のバウティッソ(洗礼式)でした。

ガロ君は義理の妹の親友の子供で、お母さんは子供たちが通う学校の秘書をしています。

学年は違いますが学校が同じこともあって子供たちとはとても仲がよく、彼のお母さんは、ほぼ毎週末には義理の妹と過ごすために我が家に訪れるので必然的に子供たちもほぼ毎週末ガロ君と遊んでいます。

そんなんで、当然というべき人選でしょうか、パドリーノ(ゴッドファーザーみたいなものです)がうちの旦那でマドリーナが義理の妹ということになりました。

e0086273_104635100.jpg
e0086273_10465559.jpg
e0086273_10471279.jpg



私もここ数年でようやく他人の子供も心から可愛いと思えるようになりました・・・・。遅すぎますか?
ガロは小学生らしいやんちゃぶりはあるもののきちんとした家庭で大切に育てられた子供ですからしつけの行き届いた良い子です。
第3の子として自分の子供たちと同じように大切に見守りたいと心から思っています(私はマドリーナではないですが)。



教会での式の後は身内だけのごく小さなパーティーがありました。

バウティッソでは主役の子供の洋服と参列者に贈るメモリーグッズとケーキをマドリーナが、パーティー会場を用意して、お酒や食物やバンドなどをパドリーノが用意するというのが通常みたいなのですが、今回はパーティーが自宅でバンドも必要なかったのでケーキと食べ物とお酒を旦那が用意することになりました。


ガロ君希望のチョコレートケーキ、卵20個分のケーキです。
なんというか、すごく何気ないケーキに見えると思うのですが、日本に帰国中にデコレーションのお教室で学んだ技を随所に使っています。
というかね、たったのこんな程度のデコレーションでもやっぱり教えてもらわないとできないものなのです(私の場合は)。
e0086273_10472647.jpg

お教室で習ったようにケーキのカバーもやってみたかったのですがチョコレートケーキだったので今回はガナッシュで仕上げました。
お花などもやる気満々だったのですが、金曜にも大きな注文が入っていたことと、ケーキだけではなくて、
e0086273_10474056.jpg

軽食も用意しないといけなかったので時間がと体力がなくシンプルな感じになりました。

今回のように販売料金が発生しない時にいろいろと試してみたいと思っていたのですが、思っていたことの半分くらいができて(出来栄えは半分以下ですが)初めてやってみたにしてはまぁまぁ満足です。

チョコレートケーキは全体が暗い雰囲気になってしまいがちなのでこういう時はどういうデコレーションをしたら効果的なのかとか、とにかく短時間で豪華に見える演出法とか(こういうイベント用のケーキだと軽食とセットの注文も多いので)、まだまだ習いたいことがたくさんあって困ります・・・。

私が通ったデコレーショのお教室です。
エコールシュクレ

10月15日の日記に私のレッスンのことが書いてありました(つい最近発見しました)。







帰国後、ず~~~っと忙しかったのですが、今日の日曜日は久しぶりに家でゆっくり過ごしました。
この1週間は私も久々に熱を出して38度以上の中、黙々と作業をしたりしていたのでした。
再来週にまた大きな注文があるので今週はウダウダするぞ~!!
[PR]
# by apple142 | 2010-12-06 11:49 | ペルー事情

仕事や子供や

久しぶりの更新です。

日本から帰ってきて2,3日はわりと落ち着いていたのですが、私がペルーに戻ってきたことが知れ渡ったのでしょうか、その後はほぼ連日の注文で大忙しです。

「そう、いなかったの?」なんて思われるよりは「待ってたのよ~、良かった帰ってきてくれて」と言われたほうが気分がいいのは当たり前、うれしかったりもします。


暇だった時に作ったワッフル。
乗り継ぎのトロント空港で購入の本場のメープルシロップを使ってみたくて作りました。
e0086273_139253.jpg

リマには美味しそうなワッフル屋さんとかもあるようですが、ここにはそんなこじゃれた物はありませんのでお家カフェですが、メープルシロップのお陰でしょうか?相当おいしかったです!!
マンゴーも美味しい季節になりました。
日本では伊勢丹デパートの地下でマンゴーを見ましたが小ぶりの物が一つ1200円もして驚きました。
ペルーでは大ぶりのものが1個30円前後で、ペルー産のリンゴやイチゴの味がイマイチなのに比べてマンゴーは文句なくかなり美味しいのです。





e0086273_13192739.jpg

あまりの忙しさに変な写真しかとれませんでしたが、先週の土曜日にこのセットを203個納品しました。

チキンサンド(もちろんパンは自家製)、エンパナーダ、鳥のから揚げ、アルファホーレ、ミニロールケーキの5種類ですので数でいうと1000個強、本当に疲れました・・・・。


大きな注文を終えて一息つきたいところですが、今週末も金曜と土曜に大きな仕事が入っているので仕込みなどのことを考えるとのんびりできる日はなさそうです。


こんなハードな仕事に加えて先週は子供たちの学校の創立記念日週間だったためほぼ毎日のように何か行事があって夜の貴重な時間に仕事をすすめられなくて深夜とか早朝に仕込みをしていたのがきつかったです。


でもでも、そんなきつい思いも吹き飛ばして元気をくれるのが子供たちですね。

e0086273_13264252.jpg

コンピューターの創立記念杯にて長女がメダルを獲得しました。
表彰式には私も招待され、壇上に上がりました。
こういうのってやっぱりすごく気分がいいです!!
もともと勉強好きな彼女です、彼女の資質を眠らせないで育むことが今後の私たちの大きな仕事になります。
あまり会話の多い夫婦ではありませんが、そうもいってられません、子供たちの事に関しては二人でよ~く話し合っていつも子供たちにとって最善の教育を与えてあげられるようにせねば、と壇上にて改めて思った次第でした。




お決まりの民族舞踊です。
二人ともとっても上手にそして楽しそうに踊ってましたよ。
日本人顔の子がペルーの民族衣装を着るとちょっと変わっていて面白いのか、長男は友達にいろいろとひやかされてました。
長女はもう本当に可愛くって可愛くって私たち家族はもう総ノックダウンでした。
彼女は写真より実際はもう少し色白なので「アンディーナ」というよりはチロル風な感じになってましたがどちらにしてもキュートなことには変わりなく「さすが私の娘ね」なぁ~んて思って集合場所の公園に行ったらけっこうみんな可愛いかったりして「あぁ~、まごにも衣装ってこと?」とも思ったりして・・・。
e0086273_13391070.jpg
e0086273_1339252.jpg
e0086273_13394032.jpg
e0086273_1340840.jpg




この薄い衣装で夜遅くまでいたせいでしょうか?子供たちは昨日から熱を出しています。

私も旦那もちょっと風邪気味です。

朝夕はまだまだ肌寒くなかなか夏にならないペルーです。
[PR]
# by apple142 | 2010-12-01 14:05 | 子育て

帰ってきました。

e0086273_13111142.jpg


ペルーに帰ってきました、先週。

実家でのんびりし過ぎたためにすごく怠け者になってる気がします。

38日間も一人で日本にいたなんてほんとにロングバケーションでした。

でも、私日本に帰ったの7年ぶりですからね・・・。


何も知らないままにペルーの生活に飛び込んで、最初の2,3年はここで長男を育てなければという思いで無我夢中、その後長女が産まれて育児にかかりっきり、そしてお店を立ち上げることになってまたひとがんばり、正直日本に帰りたいと思う気持ちの余裕がなかったように思います。

今年は長女も小学生になり、子供たち二人がとりあえづ一人で着替えられる、食べられる、お風呂に入れるという衣食住の基本ができるようになったのでちょっと出かけてもいかな、とやっと思えるようになったのでした。



なので日本滞在中は私はあまりペルーにいる家族のことを心配せずに満喫の日々を堪能していたのですが子供たちは大変だったみたいです・・・・。

長男は私が出かけた翌日に40度の高熱を出して寝込んだそうです。

そしてほぼ毎日のように日本に電話かけてきてましたし、私の写真を眺めては号泣していたようです・・・・。

学校でも元気がなく、先生やお友達のママたちからもいろいろ励ましてもらっていたようです。

近所の人たちからは、いつもカレンダーを持っていて私が帰る日まであと何日かと数えながら過ぎた日にバツ印を付けていたのだと聞きました・・・。


これは全部長男の行動で長女はわりとクールに長男を叱咤激励していたようです。

さすがペルー男子、マザコンの真髄を見た気がしました。



こんなことを聞いてはさすがにもう一人での里帰りはできませんね、次回からは家族で行こうと思います。






日本滞在の最後の週、叔母がドライブに誘ってくれ、仙石原のすすきが見頃の箱根に連れて行ってもらいました。


e0086273_13351041.jpg


紅葉には早かったのですが所々色づいているとこともありました。
e0086273_13323542.jpg

なんという名前のお寺だったか忘れたのですが、もみじの木が多いお庭でした。
紅葉したらさぞ見ごたえがあるでしょうね・・・・。
e0086273_1333046.jpg



ランチは美術館の中にあるフレンチレストランで。
e0086273_13372815.jpg

お庭が広く雰囲気は素敵でした。



そして、箱根に「とらや」さんができていました。
e0086273_13402727.jpg


「ペルーのお土産に「とらや」の羊羹を持たせてやるけど何本いる?」って父にいつも必ず聞かれて、「ペルー人、お豆の甘いの嫌いだから有難いけど別のものにしてくれる」という会話を繰り返す「とらや」好きの我が家です。

e0086273_1345170.jpg

お昼前だったのでこの抹茶あんみつを姉と二人で半分づつにしようということになりお店の方にそう伝えたところ器とスプーンをひとつづつ持ってくるのではなくてこのトレーのセットをもう一人前持ってきてくれました。

お菓子も美味しく、接客も素晴らしい、ますますとらやファンになってしまった我が家でした!

おばちゃんが食べた抹茶汁粉が美味しかったのでペルーでこっそり食べようとひとつ購入。

e0086273_13522629.jpg
いつ食べようかな・・・・、楽しみです。
[PR]
# by apple142 | 2010-11-08 13:58 | ペルー事情

静岡・清水の旅

先週末は学生時代の友人がはるばる九州から訪ねてきてくれました。

なんと再開するのは12年ぶり!!でした。

小学生の男の子がお家でお留守番をしているので1泊2日の旅、バスや電車の時間を綿密に調べできるだけ有効に時間を使う事で静岡を満喫できたのではないかと思います。

私たちが訪れた前日にめでたく国宝の指定を受けた「久能山東照宮」。
日本平からロープウェイで景色を楽しみながら久能山まで行きました。
久能山東照宮は日光東照宮をこじんまりさせたような感じで、あまり疲れないですべてを見学でき程よい大きさなのがGOODです。
e0086273_1929666.jpg



静岡市街に戻り少し小腹がすいたので夕食前に「静岡おでん」を食べました。
静岡おでんは濃口醤油ベースの煮汁を使って煮込んでいるので汁は真っ黒で、具は全部串に刺さっています。焼津産の黒はんぺんが入っているのが特徴で、鰹節と青海苔をかけて食べます。あるいは甘い味噌だれをかける人もいます(今、1Q84を読んでいるのでちょっと村上風になってしまいました)。
九州出身で学生時代を東京で過ごした友人はとっても珍しがり、でも美味しいといって喜んでくれました。

お夕飯は普通に中華料理を食べました。
本当はもう少しこじゃれた店も候補に入っていたのですが、会話が盛り上がりとってもうるさくなってしまいそうで怖かったのであえてガヤガヤした店を選んだのでした。

以前、桜えびのコースを食べさせるお店があって接待などに利用した事があったのを思い出したのでホテルの方に場所を聞いて見たら火事で焼けたと・・・・、残念でした。

夜はホテルのお部屋で彼女と色々と語り合っていたら知らない間に夜が明けていました・・・・・・・。


翌日、午前中は「羽衣の松」へ。
e0086273_1954781.jpg
e0086273_19542335.jpg


ものすごく久しぶりに出かけた三保の松原でしたが、やはり素晴らしかった!!
浮世絵にも描かれた絶景ポイントは「松・富士・駿河湾」の3つを同時に眺める事ができ、松の緑、海の青、富士山頂の白と色のバランスも素晴らしく、清水に来たらぜひ行ってほしいところです。
当日は富士山がかすんで見えなかったのが残念でした。
やはり絶景ポイントのベストシーズンは「冬」ですね。
e0086273_2015365.jpg


その後、清水港ミニクルーズへ。
45分間で清水港を一周します。
気持ちのよい海風にふかれながら三保の灯台や松原を眺め、
e0086273_2010417.jpg

今回は日本丸が停留中でした。
e0086273_20102086.jpg


お昼は当然「お寿司」をチョイスです。
e0086273_2014024.jpg
e0086273_20141193.jpg

好きなものだけを食べたかったので回転寿司を。
清水の「エスパルスドリームプラザ」というモールの中に「すしや横丁」というのがあります。
お寿司やさんばかりが10件ほど集まっているのですが、私たちが入った「魚がし」は中でも人気ナンバー1のお店です。
回転寿司といってもネタが大きく新鮮で美味しいのでいつでも行列です。

友人のたっての希望でまたまた「桜えびの掻揚げ」です。
何度たべても美味しい!!
e0086273_20142416.jpg



食後は帰りの時間までお土産を買ったりお茶をしたりして過ごしました。
最近は本当に色々な種類のお土産物が販売されていますが私はやはり昔ながらの定番、
e0086273_20253464.jpg

が一番だと思います。

よ~く見たら、普通のウナギパイは「夜のお菓子」で、新しくブランディー入りなんてのも出ていてそれは「真夜中のお菓子」になっていました。ウナギパイも進化しているのかと思ったら笑っちゃいました。

そんなこんなで新幹線の時間になり友人は帰っていきました。
今度いつ会えるのかな、なんて思うと悲しくなりましたが子供たちが大きくなったら現地集合で海外旅行に出かけようと約束して別れました。



こんな風に地元を巡る旅っていうのをしたことがなかったのですが、これなかなかいいんじゃない?っていうかすごくいいんじゃない?

久能山東照宮も羽衣の松も見ごたえがありますし、食べ物もかなり美味しいし、もう少し時間があれば桜えびの由比まで足を伸ばしたりしたらもう完璧ですよ。

関東圏からの週末旅行にはぴったりだと思いましたよ。

出かけてみたいと思ったら言って下さい、スケジュールたてるの手伝いますよ。
[PR]
# by apple142 | 2010-10-19 20:43 | その他

日本、その後

日本滞在も半分を過ぎ、残り2週間ほどになりました。
帰りたくないような、子供達の事が心配でもあり・・・というところです。

実家では父と母と時々姉でまったりと過ごしています。

両親は基本、おうち老人食ですがたまの外食はお蕎麦が多いです。
由比で母に掻揚げ蕎麦をご馳走になった翌日は父が天磯おろしをご馳走してくれました・・・・。
e0086273_105413.jpg

めちゃくちゃ素朴で昔っぽい味のあんみつを食べたり、
e0086273_1055838.jpg

甥っ子の誕生日のケーキを作ったりして過ごしていました。
すっごくあま~~い「長野パープル」を使ったタルトでしたが、クリーム部分がやわらか過ぎてカット不可能だったそうです。
やっぱりペルーとは材料が違うので配合も変えないといけなかったみたいです・・・。
e0086273_106925.jpg


日本の果物は昔に比べてかなり糖度が上がってますね。
梨とりんごが絶品です!!



そして、先週は独身時代の友人や先輩たちに会いに東京に行ってきました。
銀座で食事をしたり、中華街に行ったり、仕事用の道具を見に合羽橋などに行きました。
e0086273_1062563.jpg


もう何年も何年も会っていなくて久しぶりだったのに友達は何日も私を泊めてくれたりして久しぶりとは全然思えないくらい自然に話ができて本当に楽しかったです!!
日本に帰ってきたいなぁ~、なんてちょっと思っちゃいましたよ・・・。



そして昨日はケーキのデコレーションを習いに行ってきました。
e0086273_1063783.jpg


たった一日で上手になるなんてそんなに都合よくはいきませんが、やはり本やパソコン上では会得できない生地の硬さや色やツヤの具合などを実際に見ることができたのでペルーに戻って練習を重ねれば、今まで断り続けていたウエディングのケーキなどの注文も受ける事ができるようになるかもしれません。

しかし、大変でした・・・。
小さなケーキですが一日がかりです。
リボン以外はお花もみんなシュガーで作りましたよ。
なかなか有意義なお教室でした。

夜は久しぶりに「渡鬼」を見て、1Q84を少し読んでから寝ました。
[PR]
# by apple142 | 2010-10-15 10:44
桜海老で(ローカル的に)有名な由比町に母と二人でブラブラと出かけてみました。
e0086273_10393460.jpg


目的はもちろん桜海老の掻揚げを食べる事です。
e0086273_10391935.jpg

私の住む地域ではてんぷらといば桜海老の掻揚げっていうのはすごく一般的なのです。
e0086273_1040753.jpg

一口目を食べたときの美味しさが忘れられません・・・。

食事の後は由比漁港の方をぐるっと回りながら長い散歩をしながら駅まで歩き帰りました。
e0086273_10402277.jpg

[PR]
# by apple142 | 2010-10-07 10:49 | 日々のつぶやき
酵母パンの教室に行ってきました。

自分が思っていたのとはちょっと違ったレッスン内容ではあったのですが、
①自分はもう少し生地を丁寧に扱ったほうがいい
②仕込み水や発酵などの温度にもう少し気を配った方がいい
という2点の事に気がついたのでそれだけでも充分に有意義な体験レッスンになりました。
(パン作りってたったこんな事だけで出来上がりがものすごく違ってくるので)
胡桃の全粒紛パン、全粒粉の栗アンパンの2種類を作りました。
パンはとっても美味しくて家族にも大好評でした!!
e0086273_10111945.jpg




そして、日本に着いてからずっと気になっていた事なのですが、民間レベルの規則というか決まりごとが新しくできたようなのです。

エスカレーターに乗るときに立ち止まる人は左側に、歩く人は右側にっていうのありますよね。

今ではとってもあたりまえになっていてエスカレーターの横にはそれを書いた看板とかもあるくらいだけど、私が大学に入学した頃はそういうことはまだ徹底していなくて知らない人も多かっのだけど社会人になった頃にはもうすごく浸透していてそうしない人は「非常識な人」みたいになってました。

それって地下鉄の会社が決めたわけでもなんでもなくて民間レベルの決まりごとですよね。


成田空港から乗ったリムジンと新幹線、京都旅行の時の新幹線の中でも必ず言われましたよ、「スイマセェ~ン、倒していいですかぁ~?」って。

これ、最近の日本の常識だそうですね。

断りなしに座席を倒した人と倒された人の間で大きな諍いが起こった事がきっかけということで、座席を倒す前には必ず一言かけなければいけないという決まりになったそうです。

姉に教えられるまでは何も言わずに思いっきり倒していたので相当に非常識な人でしたね,私。

久しぶりに日本に帰国する方が非常識な人にならないように書いてみました。
[PR]
# by apple142 | 2010-10-07 10:37 | 日々のつぶやき