ペルー・バランカにて小さなお菓子屋さんを始めました。


by apple142
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ERIKA

e0086273_13335986.jpg
e0086273_1334188.jpg


明日でエリカは1歳3ヶ月。

1歳3ヶ月は検診のある月。たぶん土曜日に病院に行くと思う。

最初私はペルーにもちゃんと検診とかあるんだーって感心してたくらいペルーのことをすごい後進国だと思っていたけど、日本より親切で検診に行かなかったりすると「エリカちゃんの検診にきてくださーい」って病院の人が家にお知らせに来てくれる。

でも、私は忘れていたのではないのよ。

1歳の検診の時、最初電話したら肺の病気のワクチンが今はないって言われたのでそれが届いたら行こうと思って待っていたのだよ。ワクチンは未だに無いけど。

ところで、エリカ。

1歳3ヶ月とは思えないほどいろいろ理解してると思う。

言葉も多い、というかお腹がすけば食べたいというし、飲みたければ「みずーー!」って言うし、ウンチすれば教えるし、YES,NOも言えるなどけっこうポイントをおさえている.

そんなんで自分の欲求はほぼ満たされるんだと思う。

だからあまり泣かないし、ぐずったりもしない。

レオと遊んでるところを見るとなんか2歳くらいの子みたいな感じ。

あと、すでにお手伝い要員として忙しいときには役にもたってる。

1歳1ヶ月くらいの時、朝すごく忙しくて(逆にレオは何でも自分でやりたがらないので彼の支度には手間がかかってしかたがない!)時間もなかったので、ダメもとで「レオの上着持ってきて、レオのベッドの上にあるから!」っていったらちゃんと持ってきた。

その後、面白いからいろいろ言ってみたらほぼ90%の確立でちゃんと言ったとおりのことをする。レオがいろいろと「ゆっくりさん」だったので私としては1歳ってこんなんなの?ってちょっと驚き。

みんながこんな子育てしてるんだったら、私の5年前はいったいなんだったの?ってかんじ。二人目だから、女の子だからってのもあるかもしれないけど、やっぱ「性格」ってのが大きいよなーー。

でも、手がかかるほど可愛いってのは本当らしく、みんなレオのことがすごく好き。

今日もバーゲンやってたから、って義母がレオにトレーナーを、旦那がズボンを2本買ってきた。

で、エリカは???

別にその店って男物の店じゃないのよ。女の子物もバーゲンやってるのよ。

義母がエリカに買ってくるものは大体食べ物が多い。

確かに彼女はよく食べるし、与えがいがある。

バナナなんかのお手ごろ値段のものもうれしそうに一気に3本くらい食べる。

レオはバナナは決して食べたりしないけど。

でも、いいんだ。

私の母はエリカの洋服ばっかり送ってくれるから。組曲のワンピースとかKENZOのジャンスカとか。

手のかからない子はとかく手抜きされがちなので、ちゃんと可愛がってあげよう。


ところで、エキサイトでリンク張るのはすごく難しい。写真は簡単なのにー。
とくにエキサイト以外のブログのリンクが難しい。
今日もがんばってトライしてみよう。
[PR]
# by apple142 | 2005-10-07 13:26 | 子育て

楽しい週末

先々週は風邪、先週は仕事とここのところ週末もあまり楽しめないでいたけれど今週は久々に楽しい週末を過ごした。

催しもてんこ盛り。

e0086273_1192030.jpg

土曜の夜に「セニョール ロス ミラグロス」が家の前を通った。
これはキリスト教の宗教行事だけど、なんかついこの前もやってたような気が・・・?

厳かな雰囲気(と、さっと流す。だって私キリスト教徒じゃないし)。

セニョール ロス ミラグロスに十字を切った後、サーカスへ。

バランカにサーカスが来るなんて、ほんとにめったにないこと。
レオもサーカス初体験(もちろんエリカも)。

場所が家のすぐそばのグランドだったので、私たちの住む通りの人たちには割引券が渡され、なんと大人も子供も一律3ソル、約100円。これはペルーにしてもかなり安い部類。

まあ、規模が小さいといえばそれまでだけど、子供相手にそんな高度な技とかは必要ないし、リマの一律80ソル(2500円くらい)のサーカスなんて家族4人で行く気にもならない。


そんなわけで、会場は町内の人ばっか。

期待してなかったわりに内容は充実、すごく得した気分。

ちゃんとライオンとかもいたし、空中ブランコ、綱渡り、一輪車などもやって見ごたえもあった。

そして、会場が狭いのでよく見えて臨場感もすごくあった。

e0086273_11281025.jpg

近いでしょ、ステージと観客席。
っていうか、近すぎ。
ライオンとかの時怖かったし。

バランカで行われる催しでこのレベルだと、すごい高いほうだし(もう日本の木の○サーカスとか、ディズニーランドとかそういうのは別世界なのでもう忘れたものとして私の中では新しい基準が作られてます。)、安い値段で2時間以上も楽しめたのであまり言いたくないが、とにかく設営がチンケで怖い。


女の人が輪を使った曲芸で空中にビヨーーンって上がっていったんだけど、ふと見ると脇で男の人4人が「よいしょ、よいしょ」ってロープひっぱてた。
しかもその男の人はさっき他の芸をやって人だったりする。

その後も手作りの風合いいっぱいで、別の意味でハラハラ、ドキドキだった。

レオも終わりの11時過ぎまでちゃんと起きていて楽しかった様子。
エリカも10時半くらいまで起きていてすごく喜んで見ていた。
相変わらず、こういう場でも手のかからないエリカ。
普通、長い時間外にいるとなんだかんだと大変なもんだが、一時もぐずることなく私もじっくり見ることができた。


そして今日は「闘牛」へ。
e0086273_11584056.jpg

やっぱり客席との間が狭いのと設営がちんけなのが特徴。

スペインの闘牛は燐とした雰囲気があるけど、今日見たのはおちゃらけ90%、まじめ10%くらい。

でもすごく面白かった。

お笑い3人組は私的には○。
けっこう好きな雰囲気で日本とかにいたとしてもファンになってたと思う。

e0086273_12171954.jpg

あえてコメントはしないけど、日本ではできない類の笑いネタ。
e0086273_12165494.jpg

この人たちは全く牛を怖がっていないのがすごいなーと思った。


まじめ10%を担当は女騎士。
一度やられちゃって危なかったけどその後も果敢に牛に向かっていってえらかったねー、って褒めてあげたいくらい若い女の子なのでした。
e0086273_1213265.jpg


夕方寒くなってきたので終わりを待たずに帰宅。
でも十分楽しかったので途中でも満足。
義母、ものすごーーーい寒がりですから。
[PR]
# by apple142 | 2005-10-03 12:36 | ペルーでの休日

引越ししてきました

ずっと引越ししたかったのだけどなかなか時間がなくてできなかったけど、ようやくここにきました。

てなわけで、今日はお知らせまで。

写真掲載のテストで、子供たちのバウティッソ(キリスト教の洗礼式)の時の写真を。

写真の旦那とお父さんそつくり

もちろん左端が義父。

旦那の隣の太ったおじさんは親戚の人。

太ったセニョーラと太った子供も親戚の人。

e0086273_21955.jpg


写真を載せようとして分かったんだけど、たぶん前のブログの写真は容量が大きすぎていたんだと思う。

ここでは写真の容量は1点500KBまでって決まっていてそれ以上の大きさの写真は受け付けてくれない。

で、あらためて自分の写真の大きさを見てみたらほとんんどがMB級。

この写真は旦那の妹が携帯でとったものなので唯一の掲載可能な写真だった。

MNSでは一応写真は受け付けてくれたけど、実際は見れてなかったわけなのでこっちのほうが親切だと思う。

写真の載せ方も楽。

リンクなどもぼちぼちやっていきます。
[PR]
# by apple142 | 2005-09-29 14:25 | その他